ザイトクに施設利用許さず!門真教育委員会の断固とした姿勢に賞賛の声

ザイトクに施設利用を許さず!

門真教育委員会の断固とした姿勢に賞賛の声 全国自治体へ模範

戸田市議の活動に市民も呼応
門真市役所

門真市役所


 言論暴力集団たる反ザイトク押さえ込みの先進的施策を2月の公開研修会で開示し、一躍注目を集めた門真市だが、一部機関の意識の遅れから4月にザイトクの「5・11朝鮮民族差別集会」へ公共施設使用許可を出してしまい、一時混乱した。

 この問題で先導的活躍を見せる戸田ひさよし同市市議の抗議活動や、全国からの問い合わせ電話など各地の良識ある人々の声が門真市当局の良識派を押し上げ、ついにザイトクのこれら集会への「許可取り消し決定・通知」が5/2(金)に出された!これに「門真市教育委員会の考え方について」も添付されたが、関係者は一連の経緯と「許可取り消し通知」を送る事について同日に教委力市議会議長・副議長に説明し、全会派と戸田市議にも説明し了承を得るなど、腰の据わった対応振りと優れた見解のあり方が見事だ。

 今後も予想されるザイトクの全国での公共施設進出へ大きな歯止めを掛けうる優れた先進事例と目され、全国自治体も同様の対応をと戸田市議も「市教委の見解文書は『苦心の産物』で、非常に優れた内容だった」と、今後への広がりを期待する。

「門真市教育委員会の考え方について」

 本市教育委員会としましては、門真市民文化会館が多くの市民に利用される施設であるため、本利用許可に反対の立場をとる者の妨害行為等により、他の利用者の安全確保が図れないことを危惧するとともに、いかなる団体であれ、人権、民族、門地など人が生まれながらにして持ち、自ら選択する余地のない点や国籍などの属性を捉まえての差別行為は許されないという姿勢に立ち、多くの子どもたちも利用する文化・教育の拠点である施設として、受け入れるべきではないという考え方であります。
 本施設の指定管理者にも、市民目線に立った総合的な判断のもと、教育委員会の考え方と軌を一にした対応を求めます。
                    門真市教育委員会(2014年5/2)


【解説】最後のフレーズの、指定管理者に対して「『市民目線に立った総合的な判断』のもとで教育委員会と軌を一にした対応を求める」と締めくくった条項は「今後の実効性」を考え抜いた文章であり、全国の自治体と公共施設管理者が模範とできるものとして、人権・平和で運動を続ける層での積極的利用を、と戸田市議は呼びかけている。

コモンズ72号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 連帯と公正

    2018-6-25

    連載6】競争と分断の共進化から 連帯と協同の共進化へ-組合と経営者の協働による連帯経済/斎藤日出治

季刊「変革のアソシエ」No.32

最近の記事

  1. 「業種別職種別ユニオン運動」研究会 連続3回講座
    「業種別職種別ユニオン運動」研究会へご参加を! 8・25 第一回「関西生コン支部の歴史と現状」  …
  2. TYK高槻生コン
    ヘイト集団追い詰める - 勇気ある一企業が突破口 協同組合の私物化 違法な出荷割り付け減らしは許さ…
  3. 武建一
    本号の関連記事一覧 ・6・23 総決起集会報告 ・人種差別主義者のユニオン潰しと闘い抜く/武建一…
  4. 「奴らを通すな!」差別・排外主義集団一掃への反撃体制を構築 全ての権力弾圧を許さず!怒り頂点 …
  5. 暑中お見舞い申し上げます
     大阪北部地震の被災者の皆様、西日本集中豪雨の被災者の皆様に、心からお見舞い申し上げます。  世界…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. TYK高槻生コン

    2018-7-18

    勇気ある一企業の声が突破口開いた-大阪広域協4人組が全面敗訴

  2. 2018-7-16

    大阪中央公会堂 6・23 総決起集会 「奴らを通すな!」響き渡る1150名のコール

  3. 史上初の米朝首脳会談

    2018-7-11

    史上初の米朝首脳会談と「共同声明」を歓迎する

  4. 連帯と公正

    2018-6-25

    連載6】競争と分断の共進化から 連帯と協同の共進化へ-組合と経営者の協働による連帯経済/斎藤日出治

  5. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表

    2018-6-21

    現場から】心身を蝕む長時間労働の実際-安倍「働き方改革」法批判

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る