名著再見『大衆の反逆』オルテガ・イ・ガゼット

匿名性に埋没する大衆を定義
現代の「野蛮人」への警世の書

オルテガ・イ・ガゼット

ホセ・オルテガ・イ・ガセット(1883‐1955)

 スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセット、1930年の名著。
 先駆的大衆社会論として知られ、ファシズム・ポピュリズムの出現を預言した書として語られる。

『大衆の反逆』オルテガ・イ・ガゼット

 諸権利を主張することに急で、自らに向けて内省的に要求するところの少ない、いたって無責任そのものの〈大衆人hombre‐masa〉の出現と,それがもたらす危険についての警告は、以後いたるところで現実のものとなった。 

 「凡庸であることこそが、彼ら大衆の特質だ。彼らは凡庸であることの権利を主張すらする」
 「みずからを、特別な理由によって―よいとも悪いとも―評価しようとせず、自分が《みんなと同じ》だと感ずることに、いっこうに苦痛を覚えず、他人と自分が同一であると感じてかえっていい気持ちになる、そのような人々全部」とオルテガは総括する。

 これは、ニーチェが「畜群」と軽蔑を込めて呼んでいたものに相当する定義だ。
 他人と同じであることを求め、またそのことに安住する。
 それでいながらそのことを「自分らしい」と正当化する。

 産業社会が到来し資本・企業の集積の進展で多くの市民が似通った「賃金労働者」になった時代。
 新聞・雑誌、TVさらにネットと、人びとが同じ情報を(ほとんど瞬時に)メディアから得て、共有する時代でこそ大衆社会は、大いなる危険の局面に遭遇する。
 コロナ報道一色の今にこそ、思索し読むに足る一書だ。

   

「大衆の反逆」新訳、死後に書籍化 南相馬在住の思想家
朝日新聞2020年6月2日
 20世紀の大衆社会を鋭く洞察した、スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセットの名著『大衆の反逆』(1930年)の新訳が4月、岩波文庫から刊行された。すでに3刷が決まり、1万部を超えた。「古典的な文庫としては異例の売れ行き」という。訳したのは、東京電力福島第一原発事故の被災地で暮らしていたスペイン思想研究家の佐々木孝さん。十数年かけて、2018年末に急逝する直前に完成した。
 …中略…佐々木さんは上智大でスペイン語と哲学を学び、オルテガやウナムーノの研究をしながら、清泉女子大教授などとして30年余り教壇に立った。その後、故郷の福島県南相馬市に戻った。
 11年の東日本大震災では、福島第一原発から25キロの自宅から認知症の妻を連れて避難できないと判断。「モノディアロゴス(独対話)」と題したブログで発信を続け、国内外の取材者や芸術家を迎え入れた。…中略…ブログをまとめた著書『原発禍を生きる』(論創社)は中国語、韓国語、スペイン語にも翻訳された。
 『大衆の反逆』の翻訳を本格的に始めたのは06年、翌年にいったん訳し終えたが、震災による中断をはさんで手直しを続けた。18年12月、肺がん治療のため入院する直前、完成した翻訳の原稿を家族に託した。5日後、79歳で亡くなった。…後略…

「コモンズ」142号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 下品な「キモノドレス」

    2017-11-16

    イヴァンカ・トランプ そのファッションブランドの闇/大野和興

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

9月
26
14:00 映画「棘」北九州上映会 @ リファレンス小倉魚町センタービル403
映画「棘」北九州上映会 @ リファレンス小倉魚町センタービル403
9月 26 @ 14:00 – 16:00
映画「棘」北九州上映会 @ リファレンス小倉魚町センタービル403 | 北九州市 | 福岡県 | 日本
 6月に予定しておりました北九州での「棘」上映会は、下記日程にて上映会が行われることになりました。 是非、皆さん、お誘いあわせのうえ、ご参加下さい。 ●日程:2020年9月26日(土) ●時間:14:00−16:00(開場 13:45) ●会場:リファレンス小倉魚町センタービル貸会議室403   小倉北区魚町1-4-21 魚町センタービル4階   http://kita.re-rental.com/access/ ●主催:北九州「棘」上映委員会 ●資料代1000円 ●主催 北九州「棘」上映委員会  お問い合わせ 070-2344-0325
10月
7
18:30 「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
10月 7 @ 18:30
「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 2020年7月9日(木)(延期)  日時:2020年10月7日(水)18:30~ ■ 会場:日本教育会館  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2  都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分  都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分  https://www.jec.or.jp/access.html ■ 内容(予定):  主催者挨拶:寺井一弘(安保法制違憲訴訟全国ネットワーク代表)  基調講演:又坂常人(信州大学名誉教授)「安保法制違憲訴訟の歴史的意義」  特別報告:伊藤真(安保法制違憲訴訟の会・東京共同代表)「違憲訴訟の現状と課題」  リレートーク:宮崎礼壹(れいいち)(元内閣法制局長官)/飯島滋明(名古屋学院大学教授)/新井 章(弁護士)/半田 滋(東京新聞論説委員)/市民代表:全国弁護団からの報告(群馬、横浜、女の会、釧路、山口等)  メッセージ:山田洋次(映画監督)/青井未帆(学習院大学大学院教授)(オーストラリアから) ■ 参加費¥500 ■ 予約:チケットぴあPコード:645395 ■ 主催:安保法制違憲訴訟全国ネットワーク ■ 協賛:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ■ 連絡:安保法制違憲訴訟の会  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル6階  Tel 03-3780-1260 E-mail office@anpoiken.jp)  http://anpoiken.jp/

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る