7.6 – 7.8 国際シンポジウム―ギリシャの活動家を招いて

国際シンポ・ギリシャの活動家を招いて
国際シンポジウム―ギリシャの活動家を招いて
資本主義システムの世界的危機―― いま問われる左翼の再生


ギリシャ政府の新自由主義政策に抗してゼネストで闘っているアンタルシャ(反資本主義連合)の活動家からお話を聞きます。
秘密保護法、辺野古新基地建設、集団的自衛権容認、原発推進、さらに消費増税、福祉削減などの悪法・悪政の限りをつくす安倍政権に対してどう闘うかに向けて欧州の闘う労働者と交流しましょう。また当日はギリシャの現場の闘いの映像も映写します。

■上映:映像で観るギリシャの闘い
■講演:マノス・スコウフォグロウさん(ギリシャ反資本主義左翼連合)

■資料代:1000円

<東京集会>
■日時:7月6日(日)午後1時~5時
■会場:御茶ノ水連合会館2階大会議室
 地下鉄「新御茶ノ水」駅徒歩0分 JR「御茶ノ水」駅徒歩5分
 地図:http://rengokaikan.jp/access/
■発言:伊藤誠(経済学者)、田淵太一(同志社大学教授)

<大阪集会>
■日時:7月8日(火)午後6時半~
■会場:エルおおさか709号室
 京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
 地図:http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
■発言:武 建一(連帯ユニオン関西生コン支部委員長)

<よびかけ>
ギリシャ反資本主義連合 2008年のリーマンショック以後、資本主義のグローバルな危機は一層深まり、労働者民衆に対して、失業・社会保障の切り捨て、民主主義的権利の剥奪などの新自由主義的攻撃が吹き荒れています。それに対し「アラブの春」や、欧州や米国の「広場占拠」運動に示される貧困や強権政治に対する民衆の抵抗運動は新しい形で、継続しています。
 しかし、いま私たちが注意しなければならないのは、この危機の深さゆえに、他民族に対する憎悪をかきたてる極右勢力が登場して、全世界的に影響力を拡大し、それをも利用する形で国家間の対立が煽られ、平和への脅威が高まっていることです。シリア、ウクライナなどで起こっている事態は、バラバラに引き裂かれた世界の象徴と言えるでしょう。
 日本の安倍政権も、福島原発事故の被災者を見捨て、広範な反原発の声を踏みにじりながら、憲法に体現された「戦後レジーム」そのものを否定し、集団的自衛権を行使する「戦争国家」体制づくりのコースを突き進んでいます。ここでもそのために中国や韓国への排外主義が意識的に煽られています。そしてそれは「世界で最も企業が活動しやすい国づくり」という文字通りの資本のための独裁国家づくりと表裏一体の関係にあります。
 しかしこうした混乱と危機の中で、本来、この資本主義システムを変革して労働者・民衆による、平和・民主主義・人権・平等を貫いた新しい世界をめざす左翼もまた、その存在意義が根本から問われています。
ギリシャ反資本主義左翼連合のデモ 私たちは、この歴史的に行き詰った資本主義システムを根本的に変革する課題に正面からチャレンジしようとする世界の左翼と連携して闘うことを訴えます。
 安倍政権の下で繰り広げられている攻撃は、反資本主義の目標を鮮明に掲げた左翼の主体を立ち上げ、広範な労働者・市民の運動の中でその役割を発揮していく必要性を示しています。
 私たちは、この7月、いま最も厳しい階級的対決の攻防戦が展開されている国の一つであるギリシャからANTARSYA(アンタルシャ=反資本主義左翼連合)の活動家を招いて、今、左翼の再生にとって何が問われているかを学び、討論する機会を持とうと思います。この企画をともに成功させることを皆さんに呼びかけます。
2014年5月吉日

よびかけ人(あいうえお順)
生田あい(「変革のアソシエ」事務局長)/伊藤誠(経済学者)/国富建治(新時代社)/塩川喜信(元大学教員)/田淵太一(同志社大学教授)/土屋源太郎(伊達判決を生かす会共同代表)/仲村実(コモンズ政策研究機構)/原隆(NO-VOX Japan)/淵上太郎(経産省前脱原発テントひろば)/星川洋史(関西新時代社)/柳充(連帯労組関西生コン支部副委員長)/湯川順夫(翻訳家、トロツキー研究所)ほか

■主 催:国際シンポジウム実行委員会
■協 賛:変革のアソシエ、つげ書房新社、社会評論社
■連絡先:変革のアソシエ気付
 〒164―0001 東京都中野区中野2―23―1ニューグリーンビル301号
 電話:03(5342)1395 ファックス:03(6382)6538

—————————-
アンタルシャ画像集

ANTARSYA05

ANTARSYAギリシャ反資本主義左翼連合

ANTARSYAギリシャ反資本主義左翼連合

ANTARSYAギリシャ反資本主義左翼連合

ANTARSYAギリシャ反資本主義左翼連合

—————————-

報告記事「7・6東京集会報告」「7・8大阪集会報告

「コモンズ」第73号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2018-4-13

    今、関西でなにが起きているのか ― 在特・ネオナチ一掃の市民連携へ

季刊「変革のアソシエ」No.32

最近の記事

  1. 同僚の過労自殺に抗議するフレンチテレコムの従業員
    日本との比較で有給休暇が長く労働時間が短いとされる欧州でも、過労死や過労自殺が報告されている。フラン…
  2. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表
    長時間労働や過労死がなくならない根本原因は低賃金と負担増にある。結婚し子供を育て住宅を維持するために…
  3. 第33回近畿生コン労使懇談会
     4月18日、学働館で第33回の近畿生コン関連団体労使懇談会が開催された。近畿各地区の協同組合代表か…
  4.  わが国を代表する著名なジャーナリストらが、「レイシスト集団を利用する大阪広域生コン協組に抗議する共…
  5. 反ヘイト・反労組弾圧6・23総決起集会チラシ
     現在、「あらゆるヘイトを跳ね除ける実行委員会」主催し、全港湾大阪支部が連絡呼びかけを行っている表記…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

6月
23
18:30 6・23大阪へ!ヘイト集団を使っ... @ 大阪市中央公会堂大ホール(中之島公会堂)
6・23大阪へ!ヘイト集団を使っ... @ 大阪市中央公会堂大ホール(中之島公会堂)
6月 23 @ 18:30 – 20:30
6・23大阪へ!ヘイト集団を使った弾圧に抗議する集会 @ 大阪市中央公会堂大ホール(中之島公会堂) | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 日  時:2018年6月23日(土)18:30~ ■ 場  所:大阪市中央公会堂大ホール(中之島公会堂)  大阪市北区中之島1丁目1番27号  地下鉄 御堂筋線「淀屋橋」約5分、堺筋線「北浜」約3分  京阪電鉄 本線「淀屋橋」約5分、中之島線「なにわ橋」約1分  http://osaka-chuokokaido.jp/map/ ■ 主  催:あらゆるヘイトを跳ね除ける実行委員会  http://workersvoice.net/  今年に入り、大阪の生コン業界では異変がおきています。  生コン業者団体(大阪広域生コンクリート協同組合)と結託したネオナチ思想の排外主義グループが、「連帯ユニオン関生支部」に対して事実無根の金銭疑惑等を叫ぶ連日の街宣行動を展開しています。1月22日には、大阪市内の組合事務所(ユニオン会館)に30人近い組合破壊者が業者団体役員らとともに押しかけて乱入を図り、組合員に暴行を加え負傷させる事件もおきました。  しかも、こうした差別排外主義者を利用し、彼らの動きと軌を一にして、資本・権力が労働組合潰しをおこなう弾圧行為まで発展してきています。私達はこれら一連の攻撃は、憲法改悪を強行しようとする安倍政権による嘘と誤魔化しの政権運営がそのようにさせているとし、森友・加計問題の責任追及。働き方改革粉砕。沖縄反基地運動に対するヘイト攻撃阻止、南北・朝米首脳会談を支持し、朝鮮半島の平和統一の運動を進めるために、これらの攻撃に対して大きな声をあげる総決起集会へのみなさまのご参加・ご賛同・そして、各団体の「連帯ユニオン」への連帯活動のための抗議声明をお願いしたいと考えています。尚、各団体の抗議声明については、5月末集約で要請させて頂きます。 ◆業界正常化・連帯広報委員会 ◆連帯ちゃんねる(YouTube) ◆連帯ユニオン関西生コン支部 ◆連帯ブログ

特集(新着順)

  1. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表

    2018-6-21

    現場から】心身を蝕む長時間労働の実際-安倍「働き方改革」法批判

  2. 2018-6-19

    著名人・言論人・ジャーナリストが大阪広域協に抗議声明

  3. 反ヘイト・反労組弾圧6・23総決起集会チラシ

    2018-6-18

    6・23大阪へ!ヘイト集団を使った弾圧に抗議する集会

  4. 4・26 沖縄全国キャラバン 歓迎の集い

    2018-5-22

    4・26 沖縄全国キャラバン 歓迎の集いが盛況

  5. 朝鮮戦争

    2018-5-17

    日本のわれわれは今何をなすべきか(上)/村山和弘 4・27南北首脳会談と「板門店宣言」を受けて

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る