沖縄特派員報告(7/27-3)卑劣!夜陰に乗じてコソ泥工事

緊急呼集がかかりました
緊急呼集がかかりました 
 今日は息抜きに花火を見に名護市へ。その前に関西生コンの仲間から「機動隊のバスが移動中」との情報が入り、安次富さんに報告しておきました。
 名護に着くと「機動隊がゲート前に多数集結」との情報がもたらされ、急いで引き返しました。なにかやろうとしている!(7/27 20:56)

緊急事態!大がかりな違法行為が!
卑劣な闇討ち(辺野古) 卑劣な闇討ち工事(辺野古)
 いま第一ゲート前です。ゲート前のおよそ100メートルもの範囲にわたる道路を片側全面を囲い込み、目隠しをして何か工事をしています。
 人がいない時を見計らって姑息な工事をする。どこまで卑劣なのか!(7/27 21:16)

国家がやる違法行為なら許されるのか
卑劣!夜陰に乗じてコソ泥工事 卑劣!夜陰に乗じてコソ泥工事
 道路工事は事前に通知があって周囲の関係者には迷惑をかけることを知らせなければならないはずです。ところが公道の半分以上もを占領して抜き打ち工事を行う無法を許していいのか!ゲート前での我々のささやかな抵抗に「交通違反」を連発する交通警官は、なぜこの大がかりな国家犯罪に見て見ぬふりを決め込むのか!
 工事はゲートの床に鉄板を敷いて補強している(?)らしい。相当な重量のものを運び込む準備なのか。(7/27 21:42)

ゲート前で抗議中
闇討ち違法工事に抗議 闇討ち違法工事に抗議
 封鎖、工事中の第一ゲートの右方向の臨時ゲート前から資材が搬入されたので抗議のために結集しています。「責任者出てこい!」「絶対ゆるさんぞ!」安次富さん、山城さんが激しく抗議。これから夜を徹して抗議がつづけられる見込み。(7/27 22:08)

記者会見
臨時記者会見を開催 臨時記者会見を開催
 臨時記者会見を開催し防衛局と警察の無法、横暴を糾弾。また集まった市民にも、警察は基地前の国道に車が停車すると移動を命じてきたが、ここは駐車禁止でも停車禁止ではない。堂々と停車して構わない、と指摘。今後、移動を命じた警官と責任者を追及すると警告した。
 糸数けいこ議員が到着。山城さんと弁護士と3人で、基地内に逃げ込んだ責任者に会談を申し入れ、先ほど戻って来られました。(7/27 23:29)

—————————————————
【辺野古緊迫】ゲート前に鉄柵 移設に向け沖縄防衛局が設置(琉球新報2014年7月28日)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-229192-storytopic-3.html

柵を設置する作業員ら=27日午後10時半ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ 沖縄防衛局は27日午後8時ごろから、米軍普天間飛行場の移設予定地に隣接する名護市辺野古のキャンプ・シュワブの2カ所のゲートの前に、出入りを制限するための高さ約1・5メートルの鉄柵を設置する工事を始めた。 防衛局によると、海底調査準備のために工事車両が出入りするゲート付近で、歩行者の安全を確保するためという。
 シュワブの第1ゲート前では新たなフェンスを設置するための工事も実施されている。
 2つのゲート前では、移設反対のデモを続けてきた市民らが「工事をやめろ」と声を張り上げた。【琉球新報電子版】

卑劣な闇討ち工事 卑劣!夜陰に乗じてコソ泥工事

—————————————————

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-11-27

    なぜ安倍政権は南スーダンに「駆けつけ警護」を行うのか/村山和弘

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 反緊縮積極財政を市民側施策の中心に  コモンズ136号既報の通り、10月27…
  2. 国有地売却額不開示 二審も違法認定…1月6日国側上告断念  学校法人森友学園への国有…
  3. 国会政党へ弾圧事件の存在と真相を知らせる<公開質問書>急ぐ  いま腐敗の極みにある首…
  4. オール沖縄とともに辺野古新基地阻止へ安倍政権は破綻した新基地を断念すべきだ  1月1…
  5. コモンズ最新号目次
    記事はWeb上でも順次に公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい。 …

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  2. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  3. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  4. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  5. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る