沖縄特派員報告(7/28)ついにXデー!「殺人鉄板」敷設を許すな!

ついにXデーです!
辺野古ついにXデー 
 防衛省が発表したブイ設置の日になりました。昨晩、状況が大きく変わりました。今日は朝7時に出撃し、加藤宣子さんは辺野古の海へ。私はゲートへ。関西生コンは別の宿からゲート前で合流。いままでは17時頃にいったん解散して、緊急事態に備えてきましたが、昨晩の展開によって今日からは臨戦状態です。昨晩の工事でゲートの床が補強され、重量のあるものが多数搬入されると予想されます。海でも海上保安庁は全国規模で船を派遣して来ています。一人でも多くの人が結集されることを要請します。辺野古へ!ゲート前へ!(7/28 06:59)

闘いの最中なので
工事車両が我々のすぐ横を通って行く 一回ゴボウ抜きされましたが、また戻りました。スキを見て何度でも座り込む
 路上から送信しています。報告書いてるひまがありません。工事車両が我々のすぐ横を通って行く。一回ゴボウ抜きされましたが、また戻りました。スキを見て何度でも座り込む。
(7/28 09:33)

ゲートから右方向と左方向に安全地帯があります
ゲートから右方向と左方向に安全地帯があります 山城さんが叫んでいます
左方向の安全地帯で4回排除されたあと、右方向に移動。山城さんが叫んでいます。
(7/28 09:42)

新事実が判明!江戸時代ですか?
まるで石抱きの刑!江戸時代ですか? 殺人パッド
 昨日の工事はゲートの前に厚い鉄板を敷く工事で、我々はみな、これから重量のあるものを搬入するためなのだと思っていました。しかしそうではない事が判明しました。重量に耐えるためなら、あんな三角のギザギザにする必要はありません。抗議の人々がそこで転んだりしたら手や顔を傷つけ骨折の可能性もある。もちろん正座などできません。まるで江戸時代の石抱きの刑です。つまり抗議行動に対するドウカツなのです。山城さんたちは国会議員や県議ともいっしょに、こんな危ない「殺人パッド」を撤去するように要請する方針です。(7/28 11:09)

100数十名が結集
辺野古・殺人鉄板の近接写真 駆けつけてくれたニッタ県会議員
 鉄板の近接写真と駆けつけてくれたニッタ議員の写真です。今までは最大50人程度の集まりでしたが、今日はXデーだという事で、また昨晩の暴挙の結果でしょうか、100数十人がゲート前に来ています。200人を超えているかも知れません。昨日に続いて糸数けいこ議員赤嶺議員が来ています。ニッタ議員も来ています。
 第一ゲートの横の新ゲート前で抗議行動をやっています。第一ゲートにいた機動隊が約20名ほど分断され孤立しました。どんどん分断してやりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. D・ハーヴェイ「資本の謎」表紙より

    2018-1-31

    連載1】競争と分断の共進化から連帯と協同の共進化へ ―関西生コンの社会闘争が切り開いた地平/斎藤日出治(労働学校アソシエ副学長)

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
     5月1日、今年も第90回になる日比谷メーデーが6300人の参加で開催されました(詳報次号…
  2. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  3. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  4. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  5. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る