沖縄特派員報告(7/29)防衛局の違法柵を妨害はねのけ自主撤去

辺野古テントです
辺野古テントです 海はいま満潮。テント前の階段まで波が洗っています
 今日は午前中、平和丸に乗船します。考えて見ると沖縄に来てから一度も海上には出ていなかった。一昨日、昨日は海上保安庁からいろいろ嫌がらせを受けたようですが、今日はその気配はないとの事です。午後から稲嶺市長がくるそうですが、私はゲート前です。
 明日は東京に戻る日です。朝8時、基地からは必ずアメリカ国歌と君が代が流れます。ゲート前でも聞こえるが、辺野古テントからも聞こえます。海はいま満潮。テント前の階段まで波が洗っています。(7/29 08:13)

攻防戦がはじまりました
 テントに来た人から「ゲートから1キロ先に鉄骨を積んだトラックが待機している」との情報が!直ぐに現地に連絡するとともに、その人にすぐゲート前に行ってもらいました。
 果たせるかな、くだんのトラックが登場。ゲートをはさんで座り込みとごぼう抜きの攻防戦が繰り広げられたとの知らせが来ました。(7/29 08:56)

台風接近
 まだ未確認ですが、たったいま入った情報では海上保安庁が設置した、ゴムボート用の浮き桟橋が、台風接近のため撤去されるかも知れないとの事です。(7/29 10:35)

乗船は無理かもしれません
 10時35分、浮き桟橋撤収が開始されました。いま無線で連絡が入りました。海上保安庁は全国から20隻もの船を集めていますが台風接近のためほとんどが北上して逃げ出しているようです。こちらの船も波が高くて危険なので船に乗れるかどうかわかりません。
 状況を見てゲート前に移動します。そちらでもクレーン車搬入阻止の中央分離帯座り込みの闘いが続いています。警察側の弾圧がエスカレートして来ました。官邸前などでも使われている鉄のフェンスを並べています。いままではコーンだけでした。(7/29 10:52)

やった!ちゅら海も怒っている
辺野古にて 
 もちろん沖縄の台風被害は大変なのですが、今回ばかりは感謝したくなりました。海上保安庁の浮き桟橋が解体され、ゴムボートはクレーンで引き揚げられました。
 こちらで加藤宣子さんと一緒に撮った写真を添付しておきます。(7/29 11:32)

アンカーブロックはまだ搬入されていない
アンカーブロックはまだ搬入されていない 山城さんが決意表明
 状況が目まぐるしく変わってなかなか報告できません。本日、ブイ設置のためのトンブロックを積んだトラックが来ましたが「車の下に潜り込んでも止めよう」と山城さんが決意表明。その前に勝ち取った勝利についてはあとで報告します。台風の影響で風が強くなってきたのでテントを撤収します。小雨も降って来た。(7/29 17:00)

防衛局、警察の逆襲
殺人鉄板を撤去しろ 性懲りもなく柵を再構築
 昼からの山城さんの説得で危険な鉄の三角シートを敷いた行為を知らなかったと言い(県警)、公道上に違法物を構築したという住民側の主張に反論できず(防衛局)、一旦引いた彼らでしたが、回答を受けて抗議の住民側が一部撤去した柵を、防衛局が機動隊の包囲の中で性懲りもなく再構築しはじめています。(7/29 18:45)

違法シャッターを実力撤去
防衛局は違法工作物を撤去しろ ふざけきった「回答」を許さない
 今日はゲート前工事の目的が、抗議デモ妨害のためであることがわかってから、弁護士立ち会いのもとで防衛局の現場責任者に午後1時までにこの「殺人パッド」とその外側の公道に違法に構築された伸縮式のシャッター扉の撤去するように、できないならその理由を示せ、と申し入れました。1時に彼らが持ってきた回答は「パッドとシャッター設置理由は情報公開法によって然るべき手続きによって質問を受けてから回答する」という全くふざけた内容でした。
 山城さんはカンカンに怒り、全員でシャッターを支えているパイプを取り外す作業にかかりました。機動隊の妨害に会いながらも、ほとんどのパイプを取り外し勝利!
 また沖縄県警はこのような違法な構造物敷設を知っていたのかとの質問に対し「申請があったので許可したが内容については承知していない」と回答した。防衛局は外からやって来て同じ沖縄人をいがみ合わせているのです。
 闘いは続きます。トンブロックを積んだトラックが接近した時、道路中央分離帯でも抗議。関西生コンの仲間も共に闘っています。(7/29 20:13)

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. ■編集後記  大事な仲間がまたひとり亡くなった。松平耕一君は重度の大腸ガンだったが、集会などでよく…
  2. 枯れた花
    ファーストの百合もそろそろ枯れはじめ 放射能A1すらも手におえず 徴用の二字の重さを知っ…
  3. 1982年米国:J・ローダー監督作品 原爆なんて怖くない…黒いジョーク、今も  第2次大戦後…
  4. 借金なし大豆
    (→先月号からの続き) 秩父郡横瀬町の百姓、八木原章雄さんの話を聞いた。 幻の大豆  借金なし物…
  5. technology-slaves2
     スマホの世帯普及率がガラケーを上回ったのは2015年度。つい2年前にすぎない。そして今、電車に乗る…
私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える市民大集会

行動予定

特集(新着順)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  2. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  3. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  4. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

  5. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る