沖縄短信2】島ぐるみ会議が発足へ オスプレイ事故続発に住民が怒り ほか

新基地建設阻止130議員が集う
沖縄「島ぐるみ会議」発足へ

島ぐるみ会議 全県議団会議

130議員が出席「島ぐるみ会議」全県議団会議


 「沖縄『建白書』を実現し未来を拓く島ぐるみ会議」発足へ向け6月7日、那覇市内で全県議団会議が開かれ、県議、市町村議130人以上が参加した。議員らは宜野湾市の米海兵隊普天間基地撤去、「県内移設」断念、オスプレイ配備撤回を求めて昨年1月安倍晋三首相に直訴した「建白書」の実現に向け、保革を超えた結束を強めようと決意。国連へのアピールや訪米するなどの具体的な行動の取り組みを提起した。会議は7月に正式に発足集会を開く。(→現地報告

海上保安庁、全国規模で厳重警備態勢
辺野古の反対運動排除へ

 沖縄県名護市辺野古への新基地建設に向けた海底ボーリング調査が始まる7月から、海上保安庁は船舶や人員を全国から動員する方針を決めたことが6月3日わかった。市民らの反対運動を排除することが目的で、全国から大型巡視船や小型船舶、ゴムボートなども投入する。警戒船については11月30日までの期間中に述べ1252隻の投入を計画している。(→現地報告

米艦船がはえ縄を切断
マグロ漁業に大損害

インベカップル

インベカップル

 沖縄本島南方海域はクロマグロ(本マグロ)のはえ縄漁場として4~6月の最盛期には県内外の多くの漁船でにぎわう。はえ縄には約1000本の枝縄がついており、推進約20メートルに仕掛けてマグロを捕る。漁船が東西に等間隔に並び北から南へ向けてはえ縄を繰り出していったが、北東から南西に向けて米海軍音響測定艦「インペッカブル」がパッシブ/アクティブソナーを船尾から引きずりながらその漁船の航路を横切って行った。漁船の船長らがはえ縄を回収したところ約200本が切れていたとのこと。はえ縄を投機した漁船もあった。

オスプレイ部品落下
事故続発に住民怒り
沖縄でも事故続発のオスプレイに住民の怒り

 米軍普天間基地飛行場に所属する垂直離着陸機MV22オスプレイの部品が6月17日午後から夜にかけて落下していた事が20日わかった。在日米軍から防衛省を通じて沖縄防衛局に連絡があったのは事故2日後の19日。同日、県と宜野湾市に沖縄防衛局から連絡があった。県民に明らかになったのは事故から3日後で、その間もオスプレイは平然と飛行を続けている。これまでにも飛行機からの落下物事故などが頻繁に起きており、地域住民はあまりにも県民の命が軽んじられていることに怒っている。

「コモンズ」73号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 労働組合潰しの大弾圧を許さない12・8大阪集会に600名が結集

    2018-12-14

    動画速報】労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・8大阪集会

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 〈資本VS労働〉の大きな分岐点 資本主義の根幹揺るがす関生産別労働運動戦後最大の弾圧は労働運…
  2. 反緊縮積極財政を市民側施策の中心に  コモンズ136号既報の通り、10月27…
  3. 国有地売却額不開示 二審も違法認定…1月6日国側上告断念  学校法人森友学園への国有…
  4. 国会政党へ弾圧事件の存在と真相を知らせる<公開質問書>急ぐ  いま腐敗の極みにある首…
  5. オール沖縄とともに辺野古新基地阻止へ安倍政権は破綻した新基地を断念すべきだ  1月1…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  2. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  3. 2020-1-29

    香港からの報告(1)協力と緊張~香港デモにおける非暴力派と直接行動派

  4. 2020-1-10

    新年労働者座談会<上>「関西生コン支部弾圧事件」の背景と本質、労働運動再生と反撃の展望を語る

  5. 2019-12-26

    120名超える議員が全国から賛同 関生労組への大弾圧に反対する自治体議員の声明から一ヶ月

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る