「革命21」準備会の基本と活動について(経過報告から)

新たな志ある人々と横並びになって
ここから、本格的にスタートする/報告者:生田あい


報告イメージイラストスタート総会に至る経過から

 本日のスタート総会が開かれているこの5月は、1968年パリの5月革命の40周年にあたります。それは、ベトナム革命、中国プロレタリア文化革命の高揚と連動して、世界中の若者たちがソ連社会主義の変質を超えていく新たな革命を掲げて燃えた「68年世界反乱・世界革命」の潮の始まりを意味していました。この世界反乱の潮の中でわたしたちの多くが決起し、この時期に関生支部も誕生したことを考えますと、感無量の想いがいたします。

 さて、07年3月、大阪にて「関生コミュニスト同志会」の発した《労働者宣言》の「世の中を変えていこう」「資本主義を倒していこう」との呼びかけを契機とし、名前のない新党準備会が発足しました。この1年、わたしたちは、準備会の公然化と本格的活動開始に先立って以下の課題に取り組んできました。

  1. 関生労働運動の産業政策と生産協同組合路線に20世紀社会主義の挫折を超える新たなコミュニズム(アソシエーション革命)の可能性についての確信を思想・理論的に深める。
  2. 「党のための党」でなく、新党準備の魂が「光放つ労農民衆の運動の発展」にあるとすれば、「何から、どのように」共同していくかを見定める。
  3. 「新党」の新しい理念・革命路線についての共同討議・共同作業に着手。
  4. 新党の新しい概念と組織原理・型(リゾーム状の)の具体的イメージを探求。

 こうして、「関生型労働者運動」が持つ意義を理論的実践的に明らかにし共有しながら、資本主義の次をめざす闘い、「協同組合型社会(アソシエーション)」の確信を深めました。これまでの「唯一前衛党論・中央集権制」の組織論を乗り越える党員主権、民主自治制、分権制など、つまり異論があっても団結可能な味方の協同基準についても模索し、唯一前衛主義でもアナーキズムでもなく差異と多様性でありながら、共通の合意を大切にする「組織原理」と「運動型新党」の構想を発見してきました。また、「何から、どのように」共同していくかについては、「非正規労働者の協働センター」構想の実現、「労働学校の共同開催」の模索や沖縄教科書問題への共同の取り組みなどとして、実現されてきました。

 この1年のこうした活動は、総会に提出された「呼びかけ案」「プログラム(骨子)案」に凝集されています。この「下準備」ともいえる一年の成果を、みなさんに共有していただき、本日をもって、共に全国に「呼びかけ」を発し、新たな志ある人々と横並びになって準備会の本格的なスタートにしたいと思います。この新たなスタートに当たって強調しておきたいのは、これまで下準備をしてきたものと、これから新しく共に歩むものとの間には、何らの区別無く、対等、平等であるということです。(以下、略)

※以下、紙面の都合上、総会に提出された「経過報告と提案」レジュメより、「準備会の基本と活動について」をご紹介します。

革命21準備会の基本と、活動についての確認

  1. 自立した自由な諸個人の結集を基本とする。ただし、グループの結集も積極的に推進する。結集した個人とグループは対等である。当面、各地域に多様な情報の共有・協議・運動推進の「センター的機能」をもつ準備会を形成する。
  2. 新党準備会の名称は「革命21」、準備会の本部は大阪に置く。
  3. 準備会は、準備会全国機関紙「コモンズ」(当面月一回)、「内部ニュース」を発行する。
  4. 準備会は、準備会段階では代表をおかず、運営委員会・事務局で運営していく。また、顧問の制度をおく。
  5. 運営委員会は、各地方、グループ代表、産別、諸戦線、重要な個人で構成。今後の運動と組織の発展に即して自己補充する。運営委員会は、年に2~3回開催する。
  6. 準備会の会費・賛助会費は、当面個人1ケ月最低2000円を目処に自発の厚志をお願いする。
  7. 準備会段階から労働運動、農民運動などの運動戦略・基本政策などの研究プロジェクトを形成。学者・知識人の協力を組織し、政策シンクタンク・労働学校・「党」学校の教育プログラム・講師陣を形成。
  8. 弾圧対策学習と諸準備。
  9. 「革命21」の正式結成への諸準備として、「プログラム草案」と「規約案」の作成をする。
  10. 世界社会フォーラム、東アジア社会運動関連への参加、関生の韓国労働者との交流、国際連帯活動を発展させる。(以下、略)
(08年歴史的情勢の中での当面の運動については、中岡冒頭挨拶を参照)

『コモンズ』創刊号の目次へもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  2. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  3. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  4. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…
  5. 3・21さようなら原発全国集会に1万人
     3月21日、東京代々木公園において、「さような原発全国集会」が開催され、約1万人が参加した。 …

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る