辺野古現地報告(5) 沖縄防衛局は道路の不法占拠をすぐやめろ!

辺野古に基地はいらない!海底ボーリング調査阻止へ

―ヘリ基地反対協のアピールに応えて、沖縄意見広告運動と関生支部が現地へ派遣―
 辺野古現地行動報告(その2)

辺野古ゲート前で搬入阻止

 前号でも報告のとおり、沖縄意見広告運動は、7月2日のヘリ基地反対協議会の「緊急アピール」を受けて、第6期の最初の行動として、このアピールに応えて両事務局スタッフを軸に、長期・短期まじえて現地派遣団を送ることを決めた。また関西でこの運動を支え、全組織を挙げて取り組んでいる連帯ユニオン・関生支部も現地派遣を決めた。
 前回はゲート前での資材搬入阻止が主軸だったが、ゲート前と共にたたかいの中心はブイの設置に抗議する海上行動へと移っている。 大阪より派遣された沖縄意見広告運動関西事務局及び関生支部第二次派遣団から報告する。

防衛局は、占有許可のおりていない道路の不法占拠をすぐやめろ!(8/4~7)

■8月4日 仮設ゲート内は「占有許可外」と判明

10498223 朝から生コンミキサー車やダンプが続々と搬入。我々は出入りする車両の前に立つ。「工事を中止しろ!」「埋め立て止めろ!」そのたびに警備のガードマンと警察が我々を排除する。しかし1分でも1秒でも搬入を遅らせるため、市民たちは排除されても排除されても抵抗を繰り返す。
 午後、「殺人鉄板」の撤去を求めて代表団が北部土木事務所へ。追及の結果、沖縄防衛局は鉄板設置・占有の許可は得ているが、仮設のゲートで遮断している歩道の一部は「占有許可外」だと判明。早速、キャンプ・シュワブ内の沖縄防衛局側責任者に許可外の歩道開放を求めるが、らちがあかない。「許可されてないなら不法占拠だろ!」憤慨した市民たちが実力で歩道に入った。機動隊は始めは規制したが最後には認めざるを得ず、我々は不法占拠されていた歩道を取り戻した!「勝利したぞ!」みんなで確認し合った。

■8月5日 仮設ゲート解放を!

辺野古ゲート前 この日も朝からダンプ、型枠を満載した車両などが続々とゲートにやってきた。そのたびに前日と同じ抵抗と排除の攻防戦がつづく。
 共産党の赤嶺衆議院議員とともに代表団が沖縄県警と交渉。開放された歩道部分に続き仮設ゲートも開放するように要求。警察に対して、相談して後日回答するように求めた。また、後方のナンバープレートが汚れて見えないダンプ車両を、警察に改善指導させた。
 午後からの集会で関西生コンが紹介されたので、奈良でのたたかいを紹介した。
 夕方、一旦宿舎に引き上げたが、夜の抜き打ち搬入に備え、夜の行動にも参加。
 この日、那覇市のホテルでは稲嶺進名護市長と与党議員全員が翁長雄志那覇市長と会い、11月16日投開票の県知事選への出馬を要請。翁長氏はこれに答えて出馬の意欲を伝えた。知事選の結果は辺野古新基地建設に直結する。

■8月6日 鉄管やブロックも無許可と判明

辺野古ゲート前殺人鉄板 この日は、白い石を積んだダンプが何台もやってきた。時おり機動隊が介入し、我々を暴力的に排除。こちらも怒りが噴出し、騒然とした雰囲気となった。
 夏休みなので子ども連れで参加する人もいる。この日も、三人の子どもを連れたお母さんが「殺人鉄板」を子どもに見せて、説明していた。またこの日は鹿児島の高校生が平和学習の一環でゲート前を訪問。
 この日、沖縄総合事務所で代表団が交渉を行い、「殺人鉄板」の撤去や歩道の全面開放を求めた。ところが追及してゆくと、歩道を封鎖している仮設ゲートの鉄管やトンブロック(1トン以上の重さのコンクリートブロック)も「許可外」であることが判明! 防衛局は無許可の構築物をつぎつぎと設置していたのだ! 沖縄防衛局に即時撤去を求め、「もし撤去しないなら自力で撤去する」と伝えた。
 なお、この日、那覇市では「オナガ雄志知事を実現する同志会」主催の会議が開かれ、財界を中心に1450人が集まったとの事だ。

■8月7日 「撤去しなければ実力で撤去する」と通告

違法に住民を締め出す防衛局 午前中、社民党の福島みずほ副党首が激励のため来訪し「辺野古の闘いを全国に広げる」とアピール。昨日「占用許可外」と判明したトンブロックと鉄管の撤去を本日も要求。何度か沖縄防衛局の現地責任者と交渉し「3時半までに撤去しなければ実力で撤去する」と通告。3時半になり、我々が鉄管の一部を取り外すと、途端に県警の機動隊が現場を取り囲み、市民を排除。現場は一時大混乱となった。この混乱の一切の責任は沖縄防衛局にある。防衛局の横暴を許すな!

————————————————
シュワブ前、歩道占用の根拠なし 北部国道事務所が見解(琉球新報2014年8月5日)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-229655-storytopic-53.html

防衛局の抗議住民排除は不当違法だった(見取り図) 【名護】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への代替施設建設工事のため、沖縄防衛局がキャンプ・シュワブ旧第1ゲート前歩道の一部にかかる形で鉄柵を設置し市民らの立ち入りを制限している件で、歩道部分の占用と立ち入り制限に法的根拠がないことが4日、分かった。
 鉄柵と山形突起がある鉄板の設置許可を出した沖縄総合事務局北部国道事務所が、違法性を指摘した市民らに明らかにした。同事務所の大城純一副所長は鉄板について「危険だ」との認識を示した上で、防衛局に安全対策を指導していると説明した。沖縄総合事務局が鉄板の危険性について言及したのは初めて。
 大城副所長は防衛局や県警などが歩道上の住民まで排除していることに対し、安全対策の一環との見方を示した上で「防衛局は歩道管理者ではないので、法的拘束力はない」と指摘。歩道上の住民を排除してきた防衛局に法的根拠がないとの認識を示した。
同事務所によると、防衛局が占用できる対象は車道上の鉄板と仮設ゲートの構造物だけで、構造物のない歩道部分は占用対象外となっており、住民が立ち入っても違法ではない。しかし、防衛局や県警、警備会社は仮設ゲートから基地側の歩道に立ち入ろうとする住民を排除していた。
 同日、ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表などが同事務所を訪ね、占用の違法性を指摘。その後、一転して県警などは歩道への立ち入りを規制をせず、防衛局の管理物である鉄板への立ち入りだけを制限した。

『コモンズ』75号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表

    2018-6-21

    現場から】心身を蝕む長時間労働の実際-安倍「働き方改革」法批判

季刊「変革のアソシエ」No.32

最近の記事

  1. 「業種別職種別ユニオン運動」研究会 連続3回講座
    「業種別職種別ユニオン運動」研究会へご参加を! 8・25 第一回「関西生コン支部の歴史と現状」  …
  2. TYK高槻生コン
    ヘイト集団追い詰める - 勇気ある一企業が突破口 協同組合の私物化 違法な出荷割り付け減らしは許さ…
  3. 武建一
    本号の関連記事一覧 ・6・23 総決起集会報告 ・人種差別主義者のユニオン潰しと闘い抜く/武建一…
  4. 「奴らを通すな!」差別・排外主義集団一掃への反撃体制を構築 全ての権力弾圧を許さず!怒り頂点 …
  5. 暑中お見舞い申し上げます
     大阪北部地震の被災者の皆様、西日本集中豪雨の被災者の皆様に、心からお見舞い申し上げます。  世界…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. TYK高槻生コン

    2018-7-18

    勇気ある一企業の声が突破口開いた-大阪広域協4人組が全面敗訴

  2. 2018-7-16

    大阪中央公会堂 6・23 総決起集会 「奴らを通すな!」響き渡る1150名のコール

  3. 史上初の米朝首脳会談

    2018-7-11

    史上初の米朝首脳会談と「共同声明」を歓迎する

  4. 連帯と公正

    2018-6-25

    連載6】競争と分断の共進化から 連帯と協同の共進化へ-組合と経営者の協働による連帯経済/斎藤日出治

  5. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表

    2018-6-21

    現場から】心身を蝕む長時間労働の実際-安倍「働き方改革」法批判

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る