編集室から(1)

■編集室から

●「コモンズ」創刊号のいよいよ校了間際に、これを書いています。
 この創刊号の持つ大きな役割を思うと、あれこれと編集上の欲が出て、にもかかわらず、総会報告のための諸文書の原稿量の多さをどうさばくのかに四苦八苦です。読みやすく、親しみやすいものを、とめざすのですが、それは、この2~3号を出して皆さんのお叱りや意見をお聞きしながら、その個性が出来ていくものと思います。特に、顧問、来賓、職場・地域の皆さんの意見を、校了の中で短くせざるをえませんでした。どうぞご了解の程、おねがいします。
 6月10日、「コモンズ」は飛び立ちます。(生)

●今、仕事柄、仕事の「養生」「段取り」「足場」とおいったことが、大変気になる。また、それに加えて、作業員の人数及びその技術レベル、及び作業日数、工程及び、おsれらに必要な資材機材及びそれを用意するための金(財政)というものの総合的なこと全てに留意しなければならない。日常の仕事ですら、こうなのだから、ましてや革命運動においておやという感深きこの頃である。(青)

●いつも誰かに助けられている。助けてくれる仲間がいつもそばにいる。
 自分はこれまで何度も失敗を重ねてきた。ひとに迷惑をかけてきた。身近かなひとに心配をかけてきた。
 自分のためにはたらくことが同時にひとのためにもなる。そんなしごとを見つけたとき、そんなしごとをたのまれたとき、それをひきうけ、せいいっぱい努力していくとき、それは金銭的報酬をうわまわるよろこびがある。
 グローバル資本主義の拡がりが人びとの心を硬く冷たくし、さびしく不安にさせている。この理不尽な、目に見えない圧力に負け、自分を見失う人びとが増大している。うつ病患者が増え、また潜在的うつ病が広がっているという。
 ひとのためにはたらき、喜びや悲しみを共に分かち合うことのできる社会をめざし、ささやかな一歩を踏みだした。この事業が人びとから不安を取り除き、よりよい明日をやくそくすることを確信している。(幹)

■特派員募集 あなたがつくるしんぶんです

特派員を募集しています。権力を憎むあなたの熱意を、資本の横暴とたたかうあなたの怒りを、『コモンズ』紙のために役立ててください。全国紙『コモンズ』はあなたが創る新聞です。あなたと共にどこにでも行き、闘いに参加します。
※応募要項:年間契約です。600~1000文字程度の記事を毎月1回以上送って下さい。写真やイラストなど歓迎。記事内容は編集部の判断で添削や没になることもあります。報酬は『コモンズ』紙を毎号1部無料進呈。

■労働運動研究会 労働運動再生の戦略を構想する――21世紀は生産協同組合の時代

研究会は1回につき、1,000円。(非正規、失業中の労働者は500円ないし免除します)
【申込方法】研究会は申込不要です。直接おいでください。

◎講師◎脇田憲一◎高 英男◎増田幸伸◎仲村実◎生田あい◎他
(全10回・第4土曜日、15時~17時)

【テキスト】
『労働運動再生の地鳴りがきこえる――21世紀は生産協同組合の時代』(脇田憲一・武建一編著、社会批評社、2005年)、
『武建一 労働者の未来を語る―人の痛みを己の痛みとする関生労働運動の実践』(武建一著、社会批評社、2007年)

日程 [2](6月28日)
第2講 関生労働運動の40年
 講師 高 英男 連帯労組関西生コン支部副委員長

場所 アソシエ21ホール 〒101-0065
 東京都千代田区西神田1-3-13山田ビル3F
 TEL:03-5282-2221

■貧困・不安定雇用・排除の現場から G8サミットに反対する連続行動へ
「G8サミットを問う連絡会」貧困・労働ワーキンググループ

貧困と不安定雇用と社会的排除を押し付けるG8に反対!

 2008年7月7-9日の日程で、北海道・洞爺湖にてG8サミットの開催が予定されています。このサミットは、何ら法的根拠を持たない「先進8カ国首脳」の勝手な談合であるにもかかわらず、WTO(世界貿易機構)やFTA(自由貿易協定)等を用いて世界経済を牛耳り、弱肉強食の自由競争を前提とした新自由主義を各国に押し付けてきました。
 途上国に対しては、債務やODAを背景に貿易の自由化、公共部門の民営化、労働・雇用の柔軟化、規制緩和、警察国家化を強要してきました。日本を含む先進国においても、雇用は一層不安定化し、格差と貧困が深刻化し、福祉施策は切り捨てられ、社会的弱者は排除され、基本的人権が脅かされています。働いても生活保護以下の収入しか得られず日本社会の底辺で苦しむ私たち・仲間たちも、特に小泉政権以降に加速した新自由主義政策の犠牲者です。一部の特権的な者たちのために、「先進8カ国」の利害を調整しながらこの新自由主義政策を推進してきたのが、G8サミットです。
 この暴利を貪る強盗の談合に等しいG8サミットに反対するため、世界中の様々な社会運動体が日本にやってきます。彼・彼女らと連帯し、ともにG8に反対の声を上げましょう。

苦しく辛い私の生活。働けど働けど貧困。
こっちの水は苦いぞ。あっちの水は甘いぞ。これも自由と自己責任!?


 へとへとになるまで毎日働いて、それでも食べるだけで精一杯。具合が悪くても病院にかからず我慢する。安定した家がない。将来の展望も夢も持てない不安だらけの生活。一方で、「セレブ」と呼ばれる人もいるらしい。戦後最長の好景気が続き、大企業は過去最高の経常利益を上げているとか…。こんな理不尽な社会に誰がしたのか。責任者出てこい!
 この嘆きを伝え合いましょう。そしてその根を掘り出しましょう。そこには地中でつながる諸悪の根元=新自由主義と、それを世話するG8の面々が潜んでいるはずです。そして、きちんと怒りましょう。ともに声を上げましょう。

新自由主義…私たちはこんなものを選んでいないぞ!
G8…認めてないぞ!私たちの人生を勝手に決めるな!


 私たちの取り組みは、G8サミットの開催を実力で阻止するというよりも、このG8サミットと新自由主義政策の非人間性を告発し、広範な連帯運動を作る契機としたいと考えています。G8サミットのような非民主的システムではなく、「持たざる者」自身の声が反映される民主的プロセスを要求し、新自由主義的政策を転換させる必要があります。そのために、サミットやWTOに反対する大衆的な運動が当然のように沸き上がる社会へと成長することを、今回のG8サミット反対行動を通じた当面の目標としたいと考えます。

私たちの未来を取り返そう! 公正で平等な社会へ!
社会底辺の連帯でサミット(頂上)に抗議の声を!

■取り組み その1

「貧困と不安定雇用と社会的排除に抗議する反G8東京行動(仮称)」
 日時:2008年6月28日(土)~29日(日)
「G8サミット直前東京行動」の分科会として集会を行います。各現場・各地・各国からのリレートークにより、それぞれの貧困・不安定雇用・社会的排除の実態を報告し、その背景としての新自由主義を告発します。そしてワークショップ形式で、参加者の怒りのメッセージを横断幕に書き付けます。その横断幕を高く掲げ、夜の全体集会と翌日のデモに合流します。その後、横断幕は札幌に飛びます。
●G8サミット直前東京行動 http://www.jca.apc.org/alt-g8/blog/10

■取り組み その2

「貧困と不安定雇用と社会的排除に抗議する反G8全国行動@札幌(仮称)」
 日時:2008年7月4日(金)~6日(日)
「G8サミットを問う連絡会・連帯フォーラム」の参加企画として、7/4に札幌で集会を行います。全国各地でサミットと閣僚会議に反対した仲間たちが結集し、海外からの参加者とともに、サミット会場に向けた抗議の声を上げます。また、統一デモ「市民ピースウォーク7・5」と、7月6日の国際民衆連帯イベント@大通公園に参加します。東京で横断幕に書き付けられた怒りのメッセージが、北海道の空の下に翻ります。
●連帯フォーラム http://www.jca.apc.org/alt-g8/node/215

■海外からの参加団体
●フォーカス・オン・ザ・グローバルサウス
●反民営化フォーラム
●第三世界債務帳消し委員会
●持たざる者のネットワークNo-Vox
●ヴィア・カンペシーナ農民運動
●ジュビリーサウス
●民衆会議(ケニア)
●民主労総(韓国)

(機関紙『コモンズ』創刊号8面)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 平成の大逆事件

    2018-10-15

    「平成の大逆事件」組合活動そのものを違法とする関生労組弾圧/佐藤隆

季刊「変革のアソシエ」No.33

最近の記事

  1. 10月ハロウィンのイラスト
    沖縄のこれが民意だデニー勝つ オプジーボ悪政ガンに効かないか 改造の内閣というこの程度 …
  2. 勝利したアレクサンドリアさん
    米国に台頭する新しい波!「社会主義」青年たち ――サンダース旋風をおしあげたミレニアル世代の若者た…
  3. 2018年3回目の南北首脳会談
    冷戦の産物、南北分断を終わらせ、平和の地帯に(4/27 板門店宣言) 南北、全ての陸・海・空あらう…
  4. 2018年3回目の南北首脳会談
    民族協和へ、歴史の歯車は後戻りせず 軍事衝突を無くすあらゆる配慮が、南北を緊密に  南北首脳…
  5. 平成の大逆事件
     連帯労組関西生コン支部の組合員20名の逮捕と昨年9月18日以来12回に及ぶ強制捜査、関係協組経…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
21
13:30 変えよう!日本と世界!第12回反戦... @ 円山公園音楽堂
変えよう!日本と世界!第12回反戦... @ 円山公園音楽堂
10月 21 @ 13:30 – 17:00
変えよう!日本と世界!第12回反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 稲嶺進さん・雨宮処凛さん 他 @ 円山公園音楽堂 | 京都市 | 京都府 | 日本
9条改憲阻止!東アジアの平和を妨害し、 政治を私物化する安倍政権を倒そう! ■ 日時:2018年10月21日(日)13:00開場 13:30~   *雨天決行・集会後デモ ■ 場所:京都円山公園野外音楽堂 ■ 講演:  アベノミクスの失敗と貧困/雨宮処凛(評論家)  沖縄辺野古への米軍新基地建設許すな  /稲嶺進(前名護市長・「オール沖縄」共同代表)   安次富 浩(沖縄/名護・ヘリ基地反対協共同代表) ■ 歌:趙 博/川口真由美/よしだよしこ ■ 主催:反戦・反貧困・反差別共同行動In京都  連絡TEL090-5166-1251(寺田)
10月
27
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
10月 27 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
17
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 17 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
24
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 24 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
12月
3
19:00 元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
12月 3 @ 19:00 – 21:00
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 @ 元町映画館 | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会 「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」 ■ 日 時:2018年12月3日(月)19:00~21:00(開場18:30) ■ 会 場:元町映画館2Fイベントルーム  〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12  https://www.motoei.com/access.html ■ 講 師 井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員) ■ 参加費:1000円   ※お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。  メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。 ■ 主 催:市民社会フォーラム  http://shiminshakai.net/post/4784 ■ ご案内  安倍首相は9月3日、防衛省の自衛隊高級幹部会同での訓示で、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示しました。  10月から12月まで開会予定の通常国会でも、安倍首相は憲法改正の自民党案を提出し、早期の発議を目指す方針を明らかにしています。  はたして、自衛隊を憲法9条に明記すれば、日本の平和を保障することになるのか? 9条を現実に合わせて現状追認するだけのことなのでしょうか?  そして、有事があれば命がけで日本を守る自衛官たちも、憲法に自衛隊を明記することを望んでいるのでしょうか?  元自衛官の井筒高雄さんに、改憲発議がされようとする今、自衛隊を憲法に明記することの問題点についてお話しいただきます。 井筒高雄(いづつたかお)さん 1969年、東京都生まれ。 88年、陸上自衛隊第31普通科連隊に入隊。91年にレンジャー隊員に。 92年にPKO協力法が成立すると、武器を持っての海外派遣は容認できないとして翌93年に依願退職。 大阪経済法科大学卒業後、2002年から兵庫県加古川市議を2期務める。 元自衛官の立場から戦争のリアル、コスト、PTSD などリスクを 伝える講演活動を行う。 現在、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFP) 共同代表。 共著に『安保法制の落とし穴』(ビジネス社)、単著に『自衛隊はみんなを愛している』(青志社)など

特集(新着順)

  1. 2018年3回目の南北首脳会談

    2018-10-16

    今年3回目の南北首脳会談 実質的な「終戦宣言」合意の重大性

  2. 平成の大逆事件

    2018-10-15

    「平成の大逆事件」組合活動そのものを違法とする関生労組弾圧/佐藤隆

  3. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-10-12

    労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

  4. 玉城デニーさん当選

    2018-10-10

    沖縄県知事選 玉城デニーさん過去最多40万票に迫る圧勝

  5. 天皇・米長

    2018-10-3

    天皇制と闘うとはどういうことか(2)/菅孝行(評論家) 第二回 「天皇の護憲」をどう考えるか

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る