9・23 さよなら原発大集会に全国から1万6000人

フクシマを忘れない! さようなら原発大集会

全国から1万6000人


9・23 さよなら原発大集会
 9月23日、秋晴れの亀戸中央公園に全国から1万6000人が集まり「川内原発再稼働するな!フクシマを忘れない!9・23さようなら原発全国大集会」が開催された。主催は「さようなら原発」1000万人署名市民の会

 集会は11時より第2ステージでの音楽とトークで始まった。ゼロノミクマ、制服向上委員会などの歌のあと、原発開発に反対してきた元東海村村長の村上達也さんらのトークが行われた。
12時20分からは第1ステージで、ライブが始まり、エセタイマーズによる忌野清志郎の「サマータイム・ブルース」などが披露された。

 午後1時、メイン集会が開催され、女優の木内みどりさんの司会で最初に主催者を代表して鎌田慧さんがあいさつした。鎌田さんは、かつて田中正造が帝国議会で述べた「亡国を知らざればこれ即ち亡国」を例にあげて原発再稼動を進める安倍政権を「亡国内閣」と指摘し、吉田所長の調書を巡る朝日新聞の報道に対してバッシングを行う保守派の原発ペテンを許さず未来を守ろうと訴えた。

 次に1954年、ビキニ沖で水爆実験の被爆者となった第五福竜丸元乗組員の大石又七さん、 「原発いらない福島の女たち」の橋下あきさん、「反原発・かごしまネット」代表の向原祥隆さん、作家の広瀬隆さん、落語家の古今亭菊千代さん、韓国からの「脱原発新聞」共同代表のパク・ヘリョンさんのあいさつのあと、作家の大江健三郎さんが登壇した。
 大江さんは原子力によるエネルギーは必ず荒廃と犠牲を伴う、と述べ、中野重治の言葉を引用して「私たちペシミストは断固として進まねばならない」と語った。

923さよなら原発大集会 次に澤地久枝さんは「世界中が原発を止める方向に進んで行くべきです。安倍さんにやめさせるためにもっともっと集まらなければならない」と述べた。
 台湾からは「台湾緑色公民行動連盟」事務局長のチェ・スーシンさんが報告した。台湾では22万人ものデモが起こり、また台北駅を5万人が占拠した翌日、政府は原発工事の停止を発表した。
 最後に作家の落合恵子さんが「猛暑でも原発ゼロで暮らしになんの問題もない」事実をあげ、「もう一度怒り直そう!こんな国を残してはいけない」と訴えた。

 集会後のデモは警察による分断規制のために梯団が長く伸び、長期に亘るデモ行進となったが、参加者は様々なプラカードを掲げながら錦糸町駅方面へ向けて賑やかに行進した。

『コモンズ』76号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2018-4-13

    今、関西でなにが起きているのか ― 在特・ネオナチ一掃の市民連携へ

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
     5月1日、今年も第90回になる日比谷メーデーが6300人の参加で開催されました(詳報次号…
  2. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  3. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  4. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  5. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る