What we are.(Our message)

(※創刊号の「革命21(準)」スタート総会アピール英語版)

Let’s change Japan! Let’s change the world!
Let’s change ourselves!


Let's change Japan! Let's change the world!


Let’s step forward to
a new preparation!


We here officially announce the start of preparation for our challenge to create a new national liberation organization, “the Communist Association for Revolution Movement 21”. This organization will aim to accomplish social change and self-liberation of working people who are in the midst of poverty and distress. Among them are irregular youth workers who are beginning to voice out “Let us live!” and aged people who are intensifying their anxiety over living, to name but a few.

We are in an era of
great historical change!


The world has entered an epoch of historical turbulence. The “era of US unilateral superpower” has ended. The capital is conducting cut-throat strategy throughout the world in “pursuit of profit” and is carrying out misrule in pursuit of its survival. This is destroying the natural environment, causing global warming and worldwide food crisis. This is also creating a chain of poverty and disparity which denies human existence itself. This brings about loss of moral and ethics, also. And finally, it leads to total destruction of the irreplaceable earth and human lives.
But hard time is also a chance for change.
The US subprime loan problem is deepening itself as the epicenter of world credit panic. It is clearly a sign of capitalism crisis. The fundamental contradiction of capitalism cannot be resolved otherwise than by overthrow of capitalism itself.
At the same time, this situation is creating new conditions for our struggles’ unity and development.
As can be seen in the burst of “Socialism Renaissance” in Latin America, the world has entered a new era, an era where working people’s struggle against US and capitalism strongly compete with globalization and neo-liberalism of the capital. A transition into an “another world” has begun. The possibility of a revolution to be accomplished jointly by the working people is approaching. This is a revolution to overthrow the capitalism, which will bring us back human common resources, namely, water, food, energy resource and the future to working people. Therefore, the crucial issue of the era is to create the actor of revolution to overthrow capitalism.

We will stand up to meet
the challenge of the era!


This issue is especially urgent in Japan, where we are heading to war and poverty by modifying Article 9 of the Constitution and reorganizing Japanese-American Security Treaty, in a same boat with the declining US.
Under security partnership between Japan and US, Koizumi-Abe-Fukuda regimes have been following the super power US and have been enlarging disparity, poverty. True to their neo-liberalism, they have carried out privatization, labor union destruction, claiming “Death to the weak!”. But we are now seeing the end of Liberal Democratic Party (LDP) -Komeito coalition regime.
Tyranny of LDP-Komeito coalition regime has caused anger and despair from Okinawa throughout Japan. “We just cannot surrender to the state and die obediently!” Possibility for unity among people and possibility of people rising up to struggle is growing greatly.
We should declare death to the LDP-Komeito coalition regime, already in its terminal stage. The superb opportunity to change the current of post war LDP politics and open up the door to a new Japan is at last here!
But, the decisive struggling thrust, which will overthrow capitalism with clear vision to reform Japan and create bright hope for the future, has not been created yet.
Therefore, we will start creating this thrust. And this thrust will offer support to struggling working people throughout Japan and produce cooperation, solidarity among people who have not given up fighting with capitalism.

We will seek an alternative of
the established political parties


Our aim is to construct a revolutionary organization. This will fight for the political development of the working class and mass movement and fight for the basic reform of capitalism, the source of all exploitation, oppression, poverty and disparity. First of all, we will aim creating “another Japan, the self-governing, republic, associative Japonesia”. And, we will go on fighting for the self- liberation of workers and all mankind from Japan, East Asia to the world.
Our group will be based upon active rebirth of the Japanese workers’ movement and will be constructed by workers themselves, but will also aim to change the image of the revolutionary party completely. That is to say, we will be truly based on workers’ free and independent will and will vividly develop workers’ self liberation. Our group will be a liberation organization for self-governance and independence of the working class.
We will here present openly our image of the new organization fit for the new era, as a minimum responsibility for proposing earnest preparation of a new political party.
The reason of our presentation is because the established parties and the political organizations up to now tended to have more or less top-down centralized structure and tended to be formed under selfish vanguard conscience over people. This has resulted in dogmatism, authoritarianism, bureaucracy and oppression of objection in and out of organization, and finally inter-fractional fighting, i.e. uchigeba. Also, the rules and unfair conducts over various organizations and unions were common phenomenon together with underestimation of revolutionary morals.
Such 20th century type established parties and political organizations have already broken down with “the fall of 20th century type socialism”.

Towards creation of new
movement-type liberation organization


We will boldly challenge to create a “new movement-type political party”. This is because “21st century type socialism revolution”(association revolution), which aims at realization of “associative society” (association), calls for an appropriate “21st century new type political party”.
The new political party will be based on the following principles: member’s supremacy, democratic self-rule, radical democracy and openness. We will strive to construct cooperative standard for “unity through acceptance of plurality” even in the presence of objection. And we will create a “rhizome type, movement-type” organization full of revolutionary moral.
This new organization will not give priority to the interest of the party, but will act for the interest of the working class and will act to produce rich shining waves of people’s movements. And through these struggles we will construct new bonds and new organization principles. We will overcome fruitless sectionalism, divisionalism and party conflict, which were prevalent in political movements in the past and still existing. We sincerely wish to respect human and comradely trust and fight together as far as possible with various political forces in an equal cooperative way.
This is a new challenge. It will mean change in our life style and work style. And this will lead to changing the world. If we succeed in finding the common target of struggle, we will then be able to obtain common strategy.
Let’s throw away our indifference and apathy!
Then, the path will be wide open before us!

Our message


Our preparatory way for setting up a new organization is open for everyone who whishes the same.
We send our message to everyone. To every person, group, political trends, who wish to construct jointly a “new political party” which will seek international solidarity with working people of the world, searching for an “another world” from Japan and East Asia. To every person, group, political trends, who wish to construct a “new political party” which will produce a new revolutionary program as a “charter” through open discussion and radical democracy.
We appeal especially to irregular youth workers, union activists, farmers’ union activists, community activists, discriminated people, all communists and socialists, regardless of their origin and sex.

Let’s join the struggle to change the world with high aim, joyously and proudly.
Let’s change Japan and the world! Let’s change ourselves
Let’s challenge to create a “new movement-type political party”!


11th May 2008
The Communist Association for Revolution Movement 21 Preparatory Group




■Published by COMMONS
■Editorial Bureau : Tokyo Nakano-ku Arai 2-7-12-25
 COMMONS Politics Research Organization
 Telephon : 03-3389-0411 Facsimile : 03-3389-8573
■Editor : Revolution 21
■The Head Office : Osaka Nishi-Kawaguchi 2-4-2 COMMONS
 Telephon : 06-6582-6556
■Okayama Office : Okayama-Pref.Kurashiki-city Tokuho465-3 Kibisonjuku
 Telephon : 086-462-8033
■Charge : 100yen 2500yen/half year (5000yen/1year)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. 12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
  2. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 第54回関生支部定期大会

    2018-11-13

    大津警察留置所よりの武委員長の定期大会への挨拶

20181121コモンズ号外発行

最近の記事

  1. 季刊『変革のアソシエ』No.34号 発行
    ネット販売:アマゾン書店/セブンイレブン/ローソン/楽天ブックス/紀伊国屋書店/honto/DMM/…
  2. 映評『1987 ある闘いの真実』
     いま韓国映画が熱い! この紙面でも1980年の光州蜂起を民衆の眼を通して見た作品『タクシー運転手―…
  3. 『歌集・内灘』(芦田高子)
    「内灘闘争」は、日本初の米軍基地を民衆の手で撤去させた闘いの先駆である。1953年、石川県金沢の内灘…
  4. 伊勢暴動
    地租改悪に怒る民衆、明治政府屈服させる 「竹槍デドント突キ出ス二分五厘」 受刑者5万超す大争乱 …
  5. 12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
    緊急!東京でも抗議集会の開催が決定!賛同人も募集中! 【号外目次】 ・11・21連帯ユニオン関生…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

12月
15
14:00 第30回多田謡子反権力人権賞受賞... @ 連合会館
第30回多田謡子反権力人権賞受賞... @ 連合会館
12月 15 @ 14:00 – 19:00
第30回多田謡子反権力人権賞受賞発表会 @ 連合会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
32年前に夭折した多田謡子弁護士の友人たちが運営している多田謡子反権力人権基金が、第30回反権力人権賞受賞発表会を開きます。 多田基金の詳細は http://tadayoko.net  受賞者の皆さんをお迎えして、12月15日(土)、東京・連合会館において受賞発表会を開催します。受賞者の方々には講演をお願いしています。参加費は無料です。本年も多数の皆さんのご参加をお待ちしております。 14時 発表会 17時 パーティ どちらも参加費無料。 【受賞発表会】 ■ 日時:2018年12月15日(土)14時~17時 ■ 会場:連合会館4階402号室にて  例年と同会場ですがフロアは4階です。ご注意ください。  東京都千代田区神田駿河台3-2-11 (TEL03-3253-1771)  JR御茶ノ水駅より徒歩7分  http://tadayoko.net/etc/rengokaikan.html 【受賞者を囲むパーティー】  受賞発表会の終了後、引き続き同じ会場で、17時から19時をめどに、受賞者を囲んで懇親会を開催します。参加費は無料です。パーティーのみのご参加も歓迎いたします。 【受賞された方々】 2018年10月下旬の運営委員会において、10団体・個人の推薦候補者の中から下記の方々が第30回受賞者に決定されました。受賞者の方々には12月15日(土)の受賞発表会で講演していただき、多田謡子の著作「私の敵が見えてきた」ならびに賞金20万円が贈呈されます。 ● パレスチナBDS民族評議会 (パレスチナにおける超党派市民運動) ● 優生手術に対する謝罪を求める会 (優生保護法による強制不妊手術に対する謝罪要求) ● 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部 (弾圧に抗し生コン労働者の生活と権利を守る闘い) 第30回多田謡子反権力人権賞受賞者選考理由 ● パレスチナBDS民族評議会 (パレスチナにおける超党派市民運動)  パレスチナBDS民族評議会は、2005年、170以上のパレスチナの市民団体が連名で、イスラエルに対するボイコット(Boycott)、資本引き揚げ(Divestment)、制裁(Sanctions)を求める呼びかけを行ったことを契機に生まれました。(1)占領の終結、(2)イスラエルのパレスチナ市民に対する差別政策の中止、(3)パレスチナ難民の帰還権の承認、という国際法上の義務をイスラエルが履行するまで、圧力をかけ続けることを世界に呼びかけています。 現在、パレスチナのNGOや労働組合、農業組合、女性団体など、29の団体がメンバーとなり、イスラエル入植地からの工場撤退、占領加担企業に対する投資や契約の中止など、数々の成果を上げています。また、BDSの呼びかけに応えて、多くのアーティストや研究者が、イスラエルでの公演やイベント出席をキャンセルしています。  日本でも、2017年と18年に銀座三越と大丸東京店で入植地産ワインのイベント販売を中止させるなど、連帯する闘いが始まり、BDS japan 準備会が設立されました。BDS運動への敵対を強めるイスラエル政府、イスラエルと関係を深める安倍政権を許さず、日本の地で連帯して闘う意思を込めて、パレスチナBDS民族評議会に多田謡子反権力人権賞を贈ります。 ● 優生手術に対する謝罪を求める会 (優生保護法による強制不妊手術に対する謝罪要求) 「優生手術に対する謝罪を求める会」は、1997年、優生保護法や母子保健法に取り組んできた女性グループ、障害者団体、研究者などが集まり、発足しました。その前年、優生保護法から「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する」という目的と優生的な条項が削除され母体保護法へ改定されました。「不良な子孫」とレッテルを貼られた人たちは、本人が納得してないのに、不妊手術(優生手術)をされました。心身に傷を負わせ、子どものいる人生の選択を奪うという著しい人権侵害に対し、国は何もせず、「当時は合法であり、すでに法改正はなされている」という態度をとり続けてきたのです。 「求める会」はホットラインを開設し被害者の声に耳を傾け、名乗り出た勇気ある当事者女性と共に、国による謝罪を求めて、厚生省交渉、国会議員への働きかけ、国際機関への訴え、集会の開催などを長年、続けてきました。  声を上げてきた唯一の女性のことを、新聞報道で知った別の女性が、2018年1月に国を提訴。問題は大きく広がり、被害回復のための法律が検討されるところまで来ました。  長年にわたる地道な闘いの積み重ねによって、国家犯罪とも言える人権侵害を明るみにし、被害者の人権回復をめざす「優生手術に対する謝罪を求める会」に多田謡子反権力人権賞を贈ります。 ● 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部 (弾圧に抗し生コン労働者の生活と権利を守る闘い)  全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部の武建一執行委員長はじめ26名に対する4次にわたる逮捕起訴は、日本の産業別労働運動を牽引してきた関生支部と、中小企業である生コン業者が組織した協同組合の活動をつぶすための悪辣な弾圧です。この数年間、滋賀の湖東生コン協同組合は、共同受任・共同販売事業によって、優位に立つゼネコンに対して対等かつ適正価格での取引を実現し、生コンの品質も確保されてきました。関西地区において、関生支部は組合員の雇用と労働条件確保のため、中小企業者と労働組合の連携によるゼネコン・大手生コンとの闘いを作り上げてきたのです。  ゼネコンに対する湖東協組からの生コン購入を求める働きかけを恐喝未遂、大手生コン等に対する関生支部のストライキ闘争を強要未遂・威力業務妨害とする今回の弾圧は、1980年代、大槻文平日経連会長の「関生型労働運動は絶対に箱根の山を越させない」との号令で行われた刑事弾圧と比べても、戦争体制構築に向かう国家権力の意思をよりあからさまにしています。大政翼賛の大阪広域協組やレイシスト集団の警察と一体になった行動は、国家に逆らう者は許さないという弾圧の端的な証左です。関生支部を支え、ともに闘う決意を込めて多田謡子反権力人権賞を贈ります。
18:30 12.15労働組合つぶしの大弾圧を許... @ 日本教育会館
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許... @ 日本教育会館
12月 15 @ 18:30 – 20:30
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生/かんなま)は、産業別労働組合として、生コン労働者の権利と生活を守る闘いを続けるとともに、辺野古新基地建設阻止、原発再稼働反対、戦争法・共謀罪・憲法改悪阻止などの闘争を積極的に行っています。加えて近畿生コン関係の中小企業と連帯し、生コン業界の民主化、健全化にも取り組み実績を上げています。  これに対して、差別排外主義者集団が暴力的ヘイト攻撃を加え、大阪府警・京都府警・滋賀県警は、関生の委員長、書記長、執行委員等を次々に逮捕・勾留し、家宅捜索をくり返し、大勢の組合員の事情聴取を行い圧力をかけ、組合つぶしの大弾圧を行っています。これらは、正当で合法的な労働運動に対する違法捜査・不当逮捕に他なりません。この弾圧は、政権および警察・検察が初の共謀罪適用を狙っているためと考えられています。  現在の関生への激しい弾圧をみると、次は別の労働組合へ、さらには平和運動や沖縄の基地反対、反原発などの市民・住民団体への弾圧につながるおそれが強いと思われます。これに対して、私たちは、関生支部のメンバーや弁護士を迎え、関係者の皆さんとともに、抗議と反撃のための緊急集会を開催します。大阪から発信されている「労働組合つぶしの大弾圧を許さない!実行委員会への賛同の呼びかけ」を東京で広め、盛り立てる機運になることを願っています。  ぜひ、多くの皆さまがご参加され、状況をご理解いただき、行動を共にしていただけるよう、お願い致します。  ご参加が無理な方は、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会」への賛同のご検討をお願いします。 ■ 日 時:2018年12月15日(土) 午後6時30分~8時30分(6時開場) ■ 会 場:日本教育会館・中会議室(7階)  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目6−2  地下鉄「神保町駅」(A1出口)下車徒歩3分  地下鉄「竹橋駅」(6番出口)下車徒歩7分  地下鉄「九段下駅」(6番出口)下車徒歩7分  JR総武線「水道橋駅」(西口出口)下車徒歩15分  地図:http://www.jec.or.jp/koutuu/ ■ 参加費:500円 ーーー ■ 主な内容: ・講演「大弾圧といかに闘うか」  大口昭彦弁護士(救援連絡センター運営委員) ・連帯労組関西生コン支部からの報告 ・労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会(大阪)の報告 ・連帯発言(国会議員、市民団体、労働組合ほか) ーーー ■ 主催・問い合わせ先:  12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会実行委員会  仮事務局:東京都中野区中野2-23-1-3F 協同センター・東京  Tel.03-5342-1395 Fax.03-6382-6538

特集(新着順)

  1. 12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会

    2018-12-6

    12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会

  2. あわじ寺子屋

    2018-12-5

    地域の力で子らに居場所を 新大阪・NPO あわじ寺子屋の奮闘

  3. 安倍総理を厳しい目で見つめる明仁天皇

    2018-12-3

    天皇制と闘うとはどういうことか(4)/菅孝行(評論家) 第四回 二人の天皇と日本国憲法「緊急避難」か国是の指標か

  4. 米国への積み込みを待つ日本車―この風景がいつまで続くか?

    2018-11-28

    日米FTAの先にある、米国主導のブロック経済圏形成/大野和興

  5. 連帯

    2018-11-25

    「労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会」への賛同人募集!

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る