上原公子さん 国立景観訴訟に勝訴!判決に喜びの拍手わく

上原公子さん 国立景観訴訟に勝訴!

「完全勝利だ!」判決に喜びの拍手わく


上原公子さん 国立景観訴訟に勝訴■住民自治が問われた裁判

 「主文、原告国立市の請求を棄却する」。東京地裁増田稔裁判長が判決文を読み上げた瞬間、傍聴席から大きな歓声と拍手が一斉に湧き起こり、法廷内は喜びであふれた。裁判長はしばらく制止せず、笑顔で見守っていた。
 完全勝利だ!住民の自治が認められた瞬間だった。

■美しい景観は市民のもの

 JR国立駅から一ツ橋大学前を通って南に延びる大学通りはサクラとイチョウの並木が連なる美しい景観を形作っており、学園都市・国立市のシンボルとして市民に親しまれてきた。ところが1989年に高さ規制が撤廃された時ここに高層建築の計画が次々と持ち上がったため、景観を守ろうと市民が起ち上がった。運動はたちまち拡がり、99年、共に運動を担ってきた上原公子さんが市長に当選。建築物の高さを20m以下に制限する景観条例も、地権者の82%もの同意を5日間で集め、7万人の署名を集めて実現した。

■明和地所が損害賠償請求

 景観訴訟ではいくつもの裁判が争われてきた。住民の声に耳を貸さず高層マンション建築を進めていた大手不動産の明和地所は高さを制限する市条例を「営業妨害」として国立市に4億円の損害賠償訴訟を起こした。裁判は上原さんが2期8年の任期を終えて市長を辞めた後の08年、賠償金額を大幅に下げての市の敗訴が確定し、市が業者に約3120万円を支払った。明和地所はただちに同額を市に寄付した。

■上原さんに請求せよと提訴上原公子さん 国立景観訴訟に勝訴

 ところが翌年、4人の国立市民が、賠償金は国立市ではなく条例制定時に市長だった上原さん個人が支払うべきだとする住民訴訟をおこした。市長など公務員が「公務」として行なった事に責任が問われるのは何らかの重過失がある場合だが、10年、東京地裁は市に上原さんへの支払い請求を命じる判決を下した。上原市政を引き継いだ関口博市長は控訴したが、11年、第二審判決の前に市長選挙で落選。代わって自民・公明・みんな3党の推薦で当選した佐藤一夫市長は同年5月控訴を取り下げ、判決が確定。同年12月、今度は市が上原さんに損害賠償を求めて提訴した。
 公共の利益をめざす市民自治の問題を一私企業と個人の「個的な経済的利害」の問題にすり替える。これはスラップ訴訟の問題とも共通した構造である。市民自治の根底には人権と民主主義、市民の自由の概念の問題が横たわっている。

■民意を反映した判決だった

 今回の判決内容は、上原さんの行動を景観保持という政治理念に基づいたもので業者の営業活動を狙い撃ち的に妨害したものではないとして、違法性は高くないと判示。また賠償金と同額が明和地所によって市に寄付されており、財政的損失が解消されたと判断した。
 また佐藤市長に対しては、昨年12月の市議会で上原さんへの求償権放棄が議決され、今年3月にはその実行を求める議決がなされているのにこれを守らず、さらに地方自治法に基づき都知事に審査の申し立てもできたのにそれもせずに、上原さん個人への打撃に固執する姿勢を「権限の濫用」とする厳しいものだった。
 判決後、衆議院第一議員会館で行われた報告集会で、上原さんは「議会での(求償権放棄の)議決が2度もあった事を採り上げた、民意を反映した判決でした。この裁判は私個人の裁判ではなく住民自治を問うものだった。意義ある勝利だった」と語った。

『コモンズ』76号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-10-30

    現在に生き続ける植民地主義<連載第2回> 近代と植民地主義

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. フランス政府の公式ロゴ、自由・平等・博愛
    グローバリズムへの対抗軸として 2014年にフランスで制定 スペイン・エクアドル・メキシコ・ポルト…
  2. ブランコ・ミラノビッチ
    前号(こちら)からのつづき 4、帝国主義の世界支配からのパワー・シフト [caption id=…
  3. 木畑壽信さんを偲ぶ会 献杯の様子
     7月1日に急逝した木畑壽信さん(享年66歳)を偲ぶ会が、9月8日、東京中野の中野産業振興センター1…
  4. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  5. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…
変革のアソシエ講座のご案内

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る