「2014グローバル社会的経済協議体創立総会及び記念フォーラム」概要

INVITATION
2014 国際社会的経済協議体 創立総会及び記念フォーラム

 ■2014年11月17日(月)~19日
 ■韓国ソウル市庁及び市民庁

 詳細:「ソウル宣言の会」ウェブサイト http://www.seoulsengen.jp/

ソウル宣言シンポジウム

「2014国際社会的経済協議体の創立総会及び記念フォーラム 参加提案書」

1 創立総会の構想及び目的

  • 全地球的な危機と地域問題の解決を追求するために、全世界の社会的経済の先進都市及び民間組織の協力と連帯の場の「2014国際社会的経済協議体の創立総会及びフォーラム(2014 Inaugural Meeting of the Global Social Economy Forum; GSEF2014) 」が2014年11月17日から19日まで3日間、ソウルで開催されます。
  • ソウル市とGSEF2014ソウル組織委員会が共同で主催する今回の総会では、昨年開催された2013国際社会的経済フォーラム(GSEF2013)に続き、社会的経済の活性化に社会問題を解決していきている全世界の革新都市と様々な国内外の団体が一堂に会し、より良い未来のためのビジョンと経験を共有し、相互協力を約束するネットワークの場です。
  • この総会は、主催側が海外からの参加者を招待する慣例的な方法ではなく、事前の準備過程から参加都市及び民間組織が一緒に参加し、社会的経済の協力と連帯を実現するための国際的なネットワークの位相、さらに共同行動及び国際社会に貢献できる役割を一緒に決定し、設立することを目的としています。社会的経済分野の新しい国際協議体であるGSEFは、今後の参加主体の合意に基づいてよりダイナミックで積極的な連帯組織へと発展することを願っています。
  • 特に、今回の総会は、GSEF2013を通じて、ソウルを含めた全世界の8つの革新都市と9つの民間団体が共同で採択した「ソウル宣言」を継承し、柔軟な多国間ネットワークに基づいた国際協議体を発足する「総会」と、より多様なプログラムを披露する「フォーラム」が同時に進行されて、社会的経済の各分野の専門家と活動家が協働と連帯の精神に基づいて自由に交流する意味深い行事になると思います。
  • GSEF2014は、すべての協議会のメンバーに、様々な社会的経済の教育プログラムを通じて、より意味のある、効果的な参加の機会を提供し、各地域の社会的経済の発展のための様々なリソースを共有できるように最善を尽くします。

2 創立総会の背景及び推進過程

  • 2013 年 11 月 5 日から 7 日まで、ソウルでは、「協同の発見 New Discovery of Collaboration」というテーマで、「国際社会的経済フォーラム(Global Social Economy Forum2013、以下GSEF2013)」が初めて開催されました。
  • GSEF2013 は、社会的経済を中心として、国際連帯の必要性と各都市政府の業績及び人的交流などの具体的な協力を約束し、多国間の国際的なネットワークに基づいた社会的経済の国際連帯ネットワークの発足を決議した「ソウル宣言」の採択を通じて、今日、全世界が直面している巨大な社会経済的の危機の解決策を見つける大長征を始めました。
  • 海外の社会的経済の先進都市(都市政府)と民間機関をはじめとする主要な参加主体は、GSEF2014 総会開催まで相互間の協議を通じ、新たな国際連帯ネットワークの位相と役割、ミッションなどを決定し、全世界の社会的経済の主体間のよりダイナミックで開かれた協力と連帯が可能な構造を作っていくことを確信しています。
  • GSEF2013及び「ソウル宣言」の採択に共同で参加した主要都市(都市政府)及び民間機関は、次の通りです。
    GSEF2013及び「ソウル宣言」の採択に共同で参加した主要都市(都市政府)及び民間機関

3 記念フォーラムのスローガン及び主題:変化に向けた連携

  • GSEF2014 が今年掲げたスローガンは「変化に向けた連携:Solidarity for Change」です。社会的経済が追求する変化は、二極化を再生産する古い社会経済のパラダイムから共同体が協力して共存する新しいパラダイムへの変化及び、競争を超えて連帯を志向する私たちすべての倫理的価値の変化を意味します。これらの変化は一人で頑張るのではなく、お互いに助け合う「連帯」を通じてのみ可能なものです。
  • 環境や生態系、エネルギー、経済危機など、近年人類がぶつかった問題は、どの国も単独では解決できない問題であることをよく知っています。社会的経済は、協同を通じた社会革新、生態系の危機の克服、疎外された人々の尊厳の回復、参加型民主主義の拡大等を通じ、「より良い世界」を実現すると確信します。
  • したがって、今回の総会は、これらの信念を現実化するために社会的経済の国際連帯ネットワークに基づいた具体的で持続可能な行動計画を一緒に議論し、約束します。これらの行動計画には、以下の主題が含まれます。
    1. 「公共―民間 ―コミュニティパートナーシップ」に基づいた社会的経済のネットワークの構築
    2. 市民社会を通じて、社会的経済の連帯と行動のための教育プログラムの共同開発
    3. お互いの経験とビジョンを共有し、人的資源の育成のための社会的経済の人的交流プログラムの企画運営
    4. 社会的経済 ―市場経済― 公共経済が調和を成す発展モデルの開発
    5. 社会的経済連合体と支援組織の形成及び協力のためのサポート
    6. 貧困国の多面的な問題の社会的経済の方式を使用した統合的な解決のための努力
    7. 女性、労働、環境、医療など様々な運動及びアジェンダとの連携及びグローバル共同行動の推進
    8. 2015 年に切れる国連(The UN)の「ミレニアム開発目標(MDGs)」を代替する次世代の「持続可能な発展の目標(SDGs)」を実践する開発議題の議論
    9. このすべてをサポートし、保証することができるそれぞれの国及び都市政府の政策開発及び調整のための努力
  • 上記の主題は、フォーラムの企画セッションを通じて、次の5つの主題を中心に集中的に取り上げます。
    1. 都市再生 – 無分別な都市再開発ではなく、我々すべての生活の質を高めるコミュニティづくり
    2. 社会的金融 – 独占の利益と負債の増加の二極化を解決するための健全な金融の基盤構築
    3. 共有経済 – 大量生産·消費ではなく、利他的で環境にやさしい社会的関係の形成
    4. 社会的経済と労働 – 雇用不安定と差別を超えて労働者の権利を確保する持続可能な社会づくり
    5. 社会的経済と教育 – 学校·町·教師·学生·市民·政府が一緒に作っていく生涯学習

4. 総会の概要

  • 行事名:2014国際社会的経済協議体の創立総会及び記念フォーラム 2014
    Inaugural Meeting of the Global Social Economy Forum(GSEF2014)
  • 日時:2014年11月17日(月) – 19日(水)、3日間(付帯行事の日程除外)
  • 場所:ソウル市庁、市民庁
  • 主催:ソウル特別市、GSEF2014ソウル組織委員会
  • 主管:ソウル特別市の社会的経済支援センター(GSEF 2014 臨時事務局)
  • 参加規模:国内外の社会的経済、都市政府、民間団体とのネットワーク、市民など5000人余り
  • 主要プログラム
    • – 11.17(月)創立準備会議及び歓迎夕食会
    • – 11.18(火)創立総会の開会式及び基調講演 / 全体会議 / 企画及び一般セッション/ 創立準備会議 / ネットワークパーティ
    • – 11.19(水)創立準備会議 / 企画及び一般セッション / 創立総会の閉会式
    • – その他の社会的企業の市場及び展示会、社会的経済関連の現場探訪
  • プログラム日程表
    ※3日間の本会議のプログラムのほかに、国内の社会的経済の拡散及び活性化のため、以下のように社会的経済の先進的な都市政府及び民間団体が共同主催する「地域巡回フォーラム」を開催します。 GSEF2014と共に「地域巡回フォーラム」への参加をご希望する都市政府及び民間団体は、GSEF2014臨時事務局(ソウル特別市の社会的経済支援センター)にお問い合わせください。もっと詳しい案内のため説明会(7月中、スケジュール別途発表予定)を開催しますので、関心がある方々の多くの参加を願います。

    [GSEF2014創立記念の社会的経済の地域巡回フォーラム]
    • 主題:社会的経済、都市政府、官民ガバナンスの現況と課題(未定)
    • 日時:2014年11月20日(木) – 22日(土)、14:00 – 16:00(必要に応じて一定を延長)
    • 場所:街頭する都市政府の庁舎大会議室
    • 主催:街頭する都市政府、2014社会的経済の地域巡回フォーラムの共同準備委員会
    • 後援:国際社会的経済協議体(GSEF)、ソウル特別市
    • 参加者:社会的経済の先進都市政府、社会的経済分野の民間協議体及び分野別の組織
    • プログラム – 基調講演及び事例発表 – 主題発表及びディスカッション – 社会的経済の地域民官協力の共同宣言など

5. 要求事項

  • ソウル市とGSEF2014ソウル組織委員会は、主催都市·機構として、今回の総会のすべての参加者が積極的で、安全な行事に参加することができるように最善を尽くします。本会議に参加を希望する全世界の都市政府及び民間組織は、国際社会的経済のネットワークの創立のための準備プロセス及び創立行事に平等な主体として参加し、今後この国際連帯のネットワークを一緒に導いてくださるようお願いいたします。
  • 会議の準備プロセスは、臨時事務局との1対1の通信と、すべての代表者たちが一緒に協議するオンラインフォーラムを通じて運営していくことを提案します。
  • 本会議に招待されたすべての参加都市及び民間組織は、基調講演、主題発表、パネル、創立総会と準備会議などにご参加していただきますよう要請いたします。

2014年7月7日 ソウル特別市·GSEF2014ソウル組織委員会共同提案

※詳細は「ソウル宣言の会」ウェブサイトを参照してください。

『コモンズ』77号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-4-17

    関生労組の歴史と日本労働運動の未来(上)/木下武男(元昭和女子大教授)

季刊「変革のアソシエ」No.33

最近の記事

  1. ウッディ・ガスリー この機械はファシストを殺す
    この機械は、ファシストを殺す ― 1本のギターに魂を込めて 社会の巨悪と闘う抵抗の歌がある …
  2. 私が集団・組織を恐れているわけ
    ■ 組織や集団を恐れる2つの理由  運動界隈にいると、いろいろな集団・組織と関わることにな…
  3. 砂川闘争
    今こそ憲法から生まれた伊達判決を活かそう 伊達判決59周年集会「7・15」で再確認  憲法9…
  4. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会
    象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された 日本の独立後も米軍が沖縄に長期に駐…
  5. 10月ハロウィンのイラスト
    沖縄のこれが民意だデニー勝つ オプジーボ悪政ガンに効かないか 改造の内閣というこの程度 …

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
27
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
10月 27 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
17
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 17 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
24
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 24 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
12月
3
19:00 元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
12月 3 @ 19:00 – 21:00
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 @ 元町映画館 | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会 「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」 ■ 日 時:2018年12月3日(月)19:00~21:00(開場18:30) ■ 会 場:元町映画館2Fイベントルーム  〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12  https://www.motoei.com/access.html ■ 講 師 井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員) ■ 参加費:1000円   ※お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。  メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。 ■ 主 催:市民社会フォーラム  http://shiminshakai.net/post/4784 ■ ご案内  安倍首相は9月3日、防衛省の自衛隊高級幹部会同での訓示で、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示しました。  10月から12月まで開会予定の通常国会でも、安倍首相は憲法改正の自民党案を提出し、早期の発議を目指す方針を明らかにしています。  はたして、自衛隊を憲法9条に明記すれば、日本の平和を保障することになるのか? 9条を現実に合わせて現状追認するだけのことなのでしょうか?  そして、有事があれば命がけで日本を守る自衛官たちも、憲法に自衛隊を明記することを望んでいるのでしょうか?  元自衛官の井筒高雄さんに、改憲発議がされようとする今、自衛隊を憲法に明記することの問題点についてお話しいただきます。 井筒高雄(いづつたかお)さん 1969年、東京都生まれ。 88年、陸上自衛隊第31普通科連隊に入隊。91年にレンジャー隊員に。 92年にPKO協力法が成立すると、武器を持っての海外派遣は容認できないとして翌93年に依願退職。 大阪経済法科大学卒業後、2002年から兵庫県加古川市議を2期務める。 元自衛官の立場から戦争のリアル、コスト、PTSD などリスクを 伝える講演活動を行う。 現在、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFP) 共同代表。 共著に『安保法制の落とし穴』(ビジネス社)、単著に『自衛隊はみんなを愛している』(青志社)など

特集(新着順)

  1. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会

    2018-10-20

    天皇制と闘うとはどういうことか(3)/菅孝行(評論家) 第三回 象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された

  2. 2018年3回目の南北首脳会談

    2018-10-16

    今年3回目の南北首脳会談 実質的な「終戦宣言」合意の重大性

  3. 平成の大逆事件

    2018-10-15

    「平成の大逆事件」組合活動そのものを違法とする #関生労組 弾圧/佐藤隆

  4. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-10-12

    労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

  5. 玉城デニーさん当選

    2018-10-10

    沖縄県知事選 玉城デニーさん過去最多40万票に迫る圧勝

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る