沖縄県庁包囲県民大行動に2200人が参加

12・4県庁包囲県民大行動 12月4日正午すぎから「止めよう!辺野古新基地建設12・4県庁包囲県民大行動」が開催され、沖縄県庁を包囲した。包囲行動には約2200人が参加した。参加者らは仲井真弘多知事の埋め立て変更申請不承認を訴え、辺野古新基地建設断念を日米両政府に求める決議(下記に全文)を採択した。

 また主催者らによって同日午後1時半から、仲井真知事宛ての決議を県土木建築部に手渡し、この日の行動を終えた。仲井真知事による、変更申請許可を許すな!

決 議 文


12・4県庁包囲県民大行動 11月16日の県知事選挙で私たち県民は、辺野古新基地建設に反対する民意をあらためて示し、辺野古埋め立てを承認した現職の仲井眞知事に10万票という圧倒的大差で勝利した。これ以上の基地押し付けを許さないという県民の強いメッセージだ。日米両政府はこのことをしっかりと受け止め即時に辺野古新基地建設を断念しなければならない。

  他方、沖縄防衛局は、辺野古埋立て工事に名護市の協力が得られないことから、9月3日に工法の変更申請4件を県に提出しているが、その変更の根拠も姑息であり、なりふり構わず強行しようする国のやり方は、到底認められるものではない。

  沖縄防衛局は変更申請で美謝川の水路切り替えや土砂運搬方法の変更理由を環境保全などと説明してきたが、地元名護市との協議を回避するためだけの変更申請であることは明白であり、県から生物への影響が大きいと環境保全策の問題を指摘された美謝川の水路切り替え申請をあっさりと取り下げた。再三の質問の回答に時間を要するものは取り下げや後回しにし、本申請を承認した現知事の任期中に承認しやすいものから推し進めようとする沖縄防衛局の卑怯なやり方は国家の品格は微塵もなく県民を愚弄している。断じて許してはならない。

12・4県庁包囲県民大行動  今、知事選に大敗した仲井間知事が工法の変更申請について判断をするのかが県民をはじめ全国が注目をしている。県知事選挙の結果、自ら県政は「レームダック(死に体)」と発言し、埋め立て変更申請などの重要案件は次期翁長知事に委ねる意向を示していた。しかし、最近になって仲井眞知事は12月9日までの自身の任期中に可否判断しようと態度を変えている。当選した翁長新知事も自身に委ねるべきだとしており、現知事は最大限そのことを尊重すべきだ。まかり間違っても判断することは民主主義の否定であり私たち県民は決して認めない。辺野古新基地建設の是非が最大の争点で争われた県知事選挙の結果から、県民の民意は明確に示されたのだ。沖縄の将来に大きく左右する最重要課題を県民から強力な不信任を突き付けられた人が判断するべきではなく、これ以上の県民裏切りは許されない。

  昨年の12月に辺野古埋立てを承認した時点で知事としての資質、権限は問われ続けてきた。11月28日に総理官邸で安倍首相や菅官房長官と会談しているが、昨年のように国の圧力に屈し、「いい正月が迎えられる」という無責任な発言は決して認めない。二度と県民の平和を願う心と尊厳を踏みにじってはならない。

  ここに、今ある辺野古基地建設に係る工法の変更申請すべての可否判断を次期知事である翁長雄志新知事に委ねるよう県民の総意として決議する。

2014年12月4日
止めよう辺野古新基地建設!12・4県庁包囲県民大行動

『コモンズ』78号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-6-6

    「和解」でどうなる沖縄の今後/新崎盛暉(沖縄大学名誉教授)

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る