東日本大震災を転機とした「現代」を問う勉強会Ⅱ 変革のアソシエ関西

変わらぬ「志」で 近畿生コン関連連合会、変革のアソシエ関西

東北被災地の将来図こそ!
10・27東日本大震災を転機とした「現代」を問う勉強会Ⅱ

東日本大震災を転機とした「現代」を問う勉強会Ⅱ 2011年の東日本大震災後3年半を経過してなお被災現地と交流、支援活動を続ける〈近畿生コン関連協組連合会〉と〈変革のアソシエ関西〉。変わらぬ志しを確認し、東北の抱える多くの問題点を検証する共同研究会が10月27日協同会館アソシエで開かれた。

 当日は、〈東北大震災を転機とした「現代」を問う勉強会Ⅱ〉と題して、東北地方の建設作業者関係に詳しい大内秀明・東北大学名誉教授、半田正樹東北学院大学教授を問題提起者として招き、後半は武建一連帯関西生コン支部委員長とともに3者シンポジウムを開催した。

 大内氏は、原発事故の収束のつかない中、被災地は軒並み人口流失に歯止めが効かず、東京五輪の影響での資材高騰、現場作業者の不足の深刻化が加わり300を上回る復興計画自体が暗礁に乗り上げているとの現状を。
 また半田氏は、東京五輪と震災復興は背反するもので両立は不可であり、優先されるべき復興事業が、安倍政権の虚言とメディア煽動で3・11の意図的忘却が進められているなどの問題点が提議された。
 武委員長からは、〈大災害を儲けの好期と捉える独占企業家どもの策動を暴露し、地域の具体的ニーズを集約し、将来へのビジョン作りを〉として、次の提起があった。

■武建一委員長 安倍の欺瞞的政策とは、沖縄で基地の新設拡張、農業漁業の破壊、労働者を追い詰めるTPPなどだが、極力話題にも上げない様にしている。
 原発再稼働も、地域が破壊され「地域創成」といって何をうるのか。結局、金をばら撒いて大企業、ゼネコンのような所の利益を確保するに過ぎず、国民の財産を特権階級に移転させる企みを暴露せねばならない。
 被害に苦しむ地域からは日常の具体的要求を掘り下げ、展開することが、被災地と我々が連帯し闘って行ける道ではないかと思う。

『コモンズ』78号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2020-1-14

    新年労働者座談会<上>「関西生コン支部弾圧事件」の背景と本質、労働運動再生と反撃の展望を語る

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る