沖縄意見広告運動(第6期) スタート関西集会報告 伊波洋一氏が講演

沖縄意見広告運動(第6期)スタート関西集会報告
-辺野古新基地阻止へ、共に力合わせよう!-

熱気あふれた11・21関西スタート集会

伊波洋一元宜野湾市長が講演 ≪沖縄県知事選の結果と今後の闘い≫

(以下の関西集会報告は沖縄意見広告運動・関西事務所の責任編集)

沖縄意見広告運動(第6期) スタート関西集会報告 「辺野古新基地阻止」を掲げ、「オール沖縄」体制で安倍政権と真っ向から闘い抜いた翁長雄志候補。現職の仲井眞氏に10万票もの大差をつけ完勝し翁長新知事誕生の直後の11月21日、「沖縄意見広告運動第6期スタート関西集会」が、大阪市東淀川区の協同会館アソシエで開催された。

 運動は、関西の労働者、生コン中小産業者や市民など広範な支持と協力で広がりを見せ、オスプレイ反対キャラバンなども含め広範な運動の結集軸となっている。当日は、大阪、京都、奈良、尼崎など関西全域から賛同者・賛同団体など140名が集合し、この運動の全国世話人のお一人でもある伊波洋一元宜野湾市長の講演を受け、関西での今後の運動の前進を全員で確認した。

 集会の冒頭、同運動の全国世話人である服部良一前衆議院議員が挨拶。第6期沖縄意見広告運動の重要性を強調するとともに、12月総選挙では「戦争する国づくり」に突き進み、民衆を苦しめ続ける安倍政権を引きずり降ろすために全国で力を合わせようと訴えた。

 続いて、〈知事選の結果と今後の闘いについて〉をテーマに伊波洋一氏が講演。伊波氏は、沖縄意見広告運動に関し、ワシントンポストなど米国新聞への意見広告でプロジェクトリーダーとして活動。当日は、沖縄県知事選の結果を受けての今後の闘いについての講演の中で、知事選に見た県民意識の大きな変化―保守党を支持していた県民が「基地は経済発展の阻害要因」と認識するまでになり、従来のやり口で基地を押し付ける日本政府に怒りを持ったことが翁長圧勝につながったと指摘。

 沖縄の「非軍事化」こそ日本の平和的・経済的な発展につながり、その意味でも辺野古の闘いは重要。アジアと真正面から向き合う時代に沖縄を介在しながら、非軍事化を通して中国や東南アジアとも仲良くしていく流れ。それが日本にとっての平和への展望、あるいは経済的発展への展望に繋がると表明、会場から大きな拍手が起こった。

 この後、米軍Xバンドレーダー基地反対近畿連絡会岩国・労働者反戦交流集会実行委員会などから闘いの報告があり、関西事務局よりの「第6期方針」の提起(下記参照)をうけ、最後に、全港湾大阪支部・山元一英委員長の閉会挨拶で集会は終了した。

【伊波洋一氏講演】(概要)

沖縄県知事選の結果と今後の闘い

沖縄の非軍事化を通じアジアと日本の平和・経済発展への展望

■基地が阻害要因だという認識が保守の中からも

講演する伊波洋一さん

講演する伊波洋一さん

 関生支部を中心とする関西の皆さんには、沖縄の基地闘争を熱心に支えて頂いている。私は普天間基地を抱える宜野湾市長を2期7年半務めました。革新と言われる勢力は、基地の存在が悪なんだという立場から人権の回復、基地を無くしていく闘いに取り組んできました。

 これまでは保革は対立していたが、今回、翁長さん当選への流れの中で、保守勢力も革新が言うように、基地というのは生活や経済のためには阻害要因なっていると、こういうことをキチンと言って選挙に臨んだんですね。それが、今回の知事選挙の勝利になった。「辺野古中止」を主に訴えたが、現にある米軍基地も無くしていかなきゃいかんというのが翁長さんの立場です。だから、私たち革新の運動が作ってきた流れが、今、「オール沖縄」の流れになったと思います。

■辺野古中止の大衆的声の盛り上がりの中の県知事選

 辺野古は普天間の代替と言いますけども、軍港付きです。この軍港には4万トンクラスの艦船もつけられ、滑走路も2つ、オスプレイも運用をするのが明らかになっていて、普天間基地の何倍も機能を持っています。
海保の暴行で市民が怪我
 毎日のようにゲート前、海上で抗議行動が行われていますが、これも有名な映像ですが、海保が抗議する市民の首を何度も絞めている様子です。国の強行姿勢に対して、2012年のオスプレイ反対県民大会、そして翁長さんらの「建白書」を政府・官邸に突きつけた東京行動があり、最後はこの知事選でのセルラー球場1万5千名集会です。

 そういう意味で、県民の「辺野古中止」の声と行動の盛り上がりの中、進んでいった知事選挙だった。もちろん、翁長新知事が誕生すると解決するかというと、実はしない。16日に翁長さんが勝利した、しかし17日には菅官房長官は「知事選挙に関わらず辺野古しかないから、基地建設する」と。で、一転、19日から海上行動が始まり、この時には活動家の20名が拘束されて、緊迫の海になった。

■沖縄をアジアの平和と経済の拠点に
 -中国をにらんだ戦争の最前線の島にはしない


オナガ雄志うまんちゅ大集会

セルラー球場1万5千名集会

 新知事翁長さんの政策の中に、「アジア経済戦略構想の実現」というのがありますが、沖縄は、元々、古くからアジアと、中国との関係も深い。現在も那覇空港は、夜中の11時ぐらいから翌朝の5、6時ぐらいまで、アジアも含めて貨物ハブ基地になっている。

 中国宅急便は1日で日本の美味しいものが上海や香港に行ったりする。観光客もウンと増えてきている。今年で700万人ぐらい。ハワイでも800万人ぐらいです。外国観光客の伸びは著しく、そういう意味で十分収入もある。

 実は今月、日米共同訓練、あるいは3万人の自衛隊の実働演習―「離島奪回訓練」という演習ですが―目標は南西諸島で、今年は知事選があったため奄美大島で行いましたが、昨年の演習ではミサイル部隊が那覇に来ました。何のためかというと、南西諸島の島々の間を中国軍艦が通るのを攻撃するためで、中国との戦争をこれらの島々でやろうということです。「制限戦争」にして、米中の折り合いをつけようということでしょう。南西諸島に限定して戦争をすることによって、米国と中国が全面戦争をせず、核戦争に拡大させないという米海軍学校の論文がありますが、それに基づいているように思います。

 私たちの沖縄が、あるいは日本列島が、米国の戦場として準備されているのが今の流れで、それにせっせと安倍政権は強襲揚陸艦も買って、米軍と自衛隊の共同軍事作戦に臨もうとしている。辺野古新基地建設は、米軍にとってその戦争に使うための最前線基地として使っていく、という流れの中にある。だが世界の流れからいえば、私たちは、やはり、沖縄の非軍事化を通して中国や東南アジアとも仲良くしていく流れをつくること、それが日本にとっての平和への展望、あるいは経済的発展への展望に繋がると思います。

 そういう世界と東アジアの平和と経済的発展への流れの中で、沖縄の今の闘いはとても大事です。関西の皆さんと連帯し、いま闘われている辺野古のゲート前や海での闘いを含めて、一緒に、沖縄、そして日本の平和のために頑張っていきたいと思います。
 共に頑張りましょう。

関西事務局よりの「第6期方針」の提起

全国世話人会を開き第6期の方針を決めました

沖縄意見広告運動ニュース12・18号より紹介

 2014年11月21日、大阪の協同会館アソシエにて、沖縄、関西、東京各地の世話人が集まり、沖縄意見広告運動の全国世話人会議を開きました。会議は、武建一代表世話人よりの開会挨拶、沖縄の世話人である伊波洋一氏(元宜野湾市長)より沖縄知事選の結果報告を受けた後で、以下のように第6期方針を決めました。

1、今後の辺野古現地闘争について
 2014年7月初旬より11月まで、ヘリ基地反対協の呼びかけに応えて、事務局スタッフを現地に駐在させ、大阪、京都、東京の事務局スタッフをはじめ世話人、賛同団体の関西生コン労組などがローテーションで派遣し、現地行動に参加してきました。(その一部は前号と今号の「意見広告ニュース」に掲載) 今後も要請あれば、辺野古現地の安次富浩世話人(ヘリ基地反対協共同代表)などと相談のうえ、応えていくことを確認しました。

2、第6期の全面意見広告の実施について
 (1)翁長新知事誕生によって、「オール沖縄」の「辺野古ノー」の民意が改めて示されたことを受け、辺野古新基地建設中止を前面に出し、普天間閉鎖・海兵隊撤退を訴えていく全面意見広告を実施する。
 (2)第5期の「国際署名」呼びかけのノーム・チョムスキー氏らとの連携で実現したアメリカ政府と国際的世論に訴えた米紙電子版広告を継続し、翁長新知事の米政府・国連への活動を支援する。
 (3)韓国の米軍基地反対運動との連携で韓国紙広告も可能か追及する。

3、全面広告の掲載紙、時期、目標金額、報告集会について
 (1)掲載紙は、沖縄2紙、東京、毎日か朝日の全国紙を対象に検討する。
 (2)掲載時期は、2015年5月―6月初め。
 (3)賛同金募集の目標金額は、1500万円。
 (4)報告集会は、例年のように6月13日(土)、14日(日)を目処に大阪、東京で開催。
 
4、「ノー!オスプレイ全国キャラバン」の実施について
 第5期の西日本、四国・九州地方への実施を踏まえ、実施する方向で早期に検討する。

5、青年層への働きかけを強化するため、若い事務局スタッフ中心に構想を練り追及する。

6、沖縄意見広告運動独自のバッジ、Tシャツなどの制作について検討し追及する。

7、第6期の強化すべき組織課題について

 今日まで、担当者を設置し賛同者の個人情報の厳格な取扱いなどには特に留意しており、問題は起こっていませんが、運動の発展と情勢との関係で、今後のサイバー攻撃などへの予防措置システムを整備・強化する。全国の賛同者との連携や地域におけるミニ集会開催などについて討議され、事務局で具体的に検討する。

 以上、詳細については今後、ホームペイジ上にて具体的に公表していきますので、第6期への賛同のこと、よろしくお願いします。
2014年12月

沖縄意見広告運動(第6期) 新チラシが完成しました


沖縄意見広告運動第6期チラシ 沖縄現地では今も厳しい闘いが続いています。沖縄知事選の勝利を受けて、沖縄意見広告運動も第6期の活動をスタートします。以下の新チラシを作成しました。周囲の方々へお配りいただくなど是非ご活用下さい。(→ダウンロード

 沖縄は新知事のもとで訪米団や独自のアジア外交、また沖縄経済の自立的発展を目指しています。これに合わせて私たちも、沖縄意見広告運動を支えるべく、今後とも全力で活動してまいります。賛同者数を倍増し東アジアに向けて運動を拡大していきましょう!

『コモンズ』79号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. アメリカの時代は終わった

    2017-1-10

    年頭主張】対米隷従の「この国のかたち」を変える時-沖縄と結び安保破棄・安倍打倒へ

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. フランス政府の公式ロゴ、自由・平等・博愛
    グローバリズムへの対抗軸として 2014年にフランスで制定 スペイン・エクアドル・メキシコ・ポルト…
  2. ブランコ・ミラノビッチ
    前号(こちら)からのつづき 4、帝国主義の世界支配からのパワー・シフト [caption id=…
  3. 木畑壽信さんを偲ぶ会 献杯の様子
     7月1日に急逝した木畑壽信さん(享年66歳)を偲ぶ会が、9月8日、東京中野の中野産業振興センター1…
  4. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  5. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…
変革のアソシエ講座のご案内

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る