パラダイム転換と新たな社会観の創造を 協同組合とプラットホーム/松岡公明氏(農林年金理事長)

GSEFロゴ11・2「ソウル宣言」プレ・フォーラム――報告(3)

パラダイム転換と新たな社会観の創造を
──協同組合とプラットホーム

第1部 基調講演(要旨)

松岡公明さん(農林年金理事長)

松岡公明さん(農林年金理事長) ソウル市の行政の中に社会的経済のセクションまで設けてやる気十分の韓国の実情に比して、わが国では、この5月に規制改革と称してJAグループの解体につながるような提言がなされ、閣議決定がなされました。これはひとりJAグループだけにかかるものではない、というのが私の認識です。協同組合は自主・自立の組織。それに対する国家の介入であると受け止めざるを得ない。断じて容認できるものではない。

 もっといえば、2012年は国際協同組合年(IYC)で、富沢賢治先生が「協同組合憲章案」を練られたが、これに対しても無関心、無視の態度をとりました。国家、政府、国会議員もおしなべて日本では協同組合に対する底辺が非常に狭い、基礎知識がない、リテラシーがない。われわれはまず韓国から、ソウル市の朴元淳市長から学び取るべきではないかと、申し上げます。

■神話の崩壊とパラダイム転換の必要

Old Economy

成長神話の崩壊 古いマネー資本主義から脱却を!

 福祉国家「神話」の崩壊、「安全神話」の崩壊、いろんな「神話」が崩壊してまいりました。「成長モデル」という神話も、すなわち先進国型の経済成長モデルはもうとっくに通用しない。2008年のリーマンショックに象徴されるようなマネー資本主義はだめだ。
 そして、少子高齢化問題もあり、TPPの本質ということで言えば、韓国では韓米FTPを先にやってアメリカの言うとおりになり、「アメリカの51番目の州」になった。日本もそろそろ52番目の州になろうとしている状況で、今回の交渉の最大の特徴は、「超秘密主義」。そしてグローバリゼーションと自由貿易ですが、グローバルスタンダード(世界基準)というのは大体アメリカンスタンダードの強制です。まさにTPPも含むグローバリゼーションがそういう事で、「1%」のためにルールがどんどん変えられてしまうのが、本質としてある。

 そういった「神話」の崩壊、少子高齢化、グローバリゼーション、構造改革、規制緩和がいかに嘘っぱちかを見抜き、それを踏まえてパラダイム転換をしなきゃいけない。幸徳秋水の「大逆事件」の時に石川啄木が『時代閉塞の現状』という評論を出していまして、「時代に没頭していては時代を批評する事ができない」と語っている。まさに今、スマホに没頭して社会問題に無関心になると「無作為の罪」になっていく。政治的無関心、社会的無関心が蔓延する。思考停止状態。それが拡がると、時の権力の思うままになるってことです。

 それから地方の町の異常さ。商店街がシャッター街になって、ワタミ、築地日本海、マクドナルド、ケンタッキー、吉野家……。それぞれの地方の特色ある町並みが消えて全部同じような光景。今の「アベノミクス」でシャッター街のシャッターが上がることはない。農協はいらない、潰してもいいといいながら、一方では「地方創生」という。地方の産業といったら農林水産業しかない。協同組合セクターがきちんと立ってなければ回らない。

■民主主義の欠陥

11.2「ソウル宣言プレ・フォーラム

講演する松岡公明さん

 新たな社会観の創造ということで、まさに国民国家から市民国家へのパラダイムシフトが大事ですが、その前に民主主義が抱えている欠陥がある。グローバリゼーションが進んでくると我々の身近な生活空間がどんどん市場化されていき、言い換えれば民主主義の領域がどんどん狭まってくる。そういう意味では民主主義の危機です。

 民主主義の欠陥とは何かというと、主権理論では我々は数年に1度、国会議員、市長、市会議員などの選挙を通してしか主権を発揮できず、あとはお任せで、実は官僚がみんな政策を作って決めている。その意味からも「ソウル宣言」でのべているような協同組合セクターなど社会的経済をどんどんつくっていくことが、関心を公共圏につないでいくバイパスになり得るという意味でも、民主主義の欠陥や危機を救っていく意味でも、社会的経済、協同組合セクターの役割があろうかと思います。

 今までの国民主権の前提にした近代的主権論に基づく民主主義の欠陥をもう一回、「ソウル宣言」の趣旨も踏まえた形で、新たな政治の発見・発明につないでいく事が大事です。そのためにはシティズンシップ教育が大事で、日本は公(おおやけ)と私(わたくし)があるだけで、市民がない。公教育の中にもそういう教育はされていない。それも今後の課題です。

■パラダイム転換のあとにどういう社会観が必要か

New Economy

新しい社会的経済へのパラダイム転換が求められている

 新たな社会観の構築ですが、人と人が拠って立つ、地域の中で生きていくこと。そのためにそこで関係が結ばれているローカリズムから重層的なコミュニティを再構築してゆくところから新たな社会観も生まれてくる。
 マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授によれば「質の高い関係が質の高い思考を生み出し、質の高い思考が質の高い行動を生み出す。質の高い行動が質の高い結果につながる」という「成功の循環」を言っている。コミュニティの成熟度を増してこういった成功の循環につなげていくことが大事です。

■大きな協同の中の小さな協同を

 既存の協同組合もパラダイム転換をしなければなりません。農協も生協も大きくなりすぎました。おそらく既存の農協とか生協では今日の「ソウル宣言」で言われているような取り組みはなかなか進まないと思います。私は地域に開かれた協同組合運動ということで大きな協同の中に小さな協同を作ることだと思っています。「小さな御輿」理論です。

 御輿は最低でも4人で担ぎますね。みんなが自己責任で担がないといけない。小さな御輿の方が主体性がうまれる。大きな協同だとぶら下がりばっかりです。農協も生協も大きな協同は経営資源がいっぱいある。その経営資源の中に小さな協同を作って、それをネットワークで結びつけていく。そういう発想が大事だと思っています。

■協同組合とプラットフォーム
松岡公明さん(農林年金理事長)
 プラットフォームとは、誰でも入れる「公」の空間の中に、信頼しあい、共通のテーマ・目的を持った人間同士がつながれる「共」の空間をつくる場所。従来にないコミュニケーション活動を通じて、今までにはなかった人間関係の相互作用をつくり出し、そこから新たな付加価値を生み出す「創発現象」を引き起こすということです。じゃあ、プラットフォームを設計する時に何が重要かというと、開かれているということ。農協は農家などの同質性が強いので多様性を認めない閉鎖性がある。そして参加者間の役割の設計。「出番を作ってあげる」という事が大事です。

 最後に「価値の連鎖」について。農産物の場合も生産から消費までの一気通貫のフードシステムが、川上、川中、川下でお互いの取引主体間の関係性に着目した中で、農産物マーケティングを考えていくことが盛んに議論されるようになりました。フードシステムでいう関係性マーケティングについて言いますと、「サプライチェーン」(供給連鎖)がある。そこでは効率を追求する。しかし他方で「バリューチェーン」というのがある。価値の連鎖がなきゃだめ。お互いの付加価値。お互いが持っている経営資源を活かしながら、新たな価値を作っていく。

 西口敏弘さんの『ネットワーク思考のすすめ』によればネットワークの本質は「浸透」であり、その浸透作用によって、組織の「排除」作用で一度失われた連結可能性を回復し、再吟味し、再利用できる選択肢を増やす事にあると。そういうところまで含めたネットワーク力になっていかないと、本物にならないだろうと思います。

←報告(2)へ戻る報告(4)へつづく→

■松岡公明さんの本
 

『コモンズ』79号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. モンサントの種子ビジネス

    2017-4-21

    特集】種子法廃止で多国籍企業の手に堕ちた…日本の食と農の未来は?

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. フランス政府の公式ロゴ、自由・平等・博愛
    グローバリズムへの対抗軸として 2014年にフランスで制定 スペイン・エクアドル・メキシコ・ポルト…
  2. ブランコ・ミラノビッチ
    前号(こちら)からのつづき 4、帝国主義の世界支配からのパワー・シフト [caption id=…
  3. 木畑壽信さんを偲ぶ会 献杯の様子
     7月1日に急逝した木畑壽信さん(享年66歳)を偲ぶ会が、9月8日、東京中野の中野産業振興センター1…
  4. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  5. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…
変革のアソシエ講座のご案内

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る