88万人の〈世田谷区〉のコミュニティデザイン/保坂展人氏(世田谷区長)

GSEFロゴ11・2「ソウル宣言」プレ・フォーラム――報告(4)
第2部 各分野からの実践をもとにした報告(1)

88万人の〈世田谷区〉のコミュニティデザイン

保坂展人氏(世田谷区長)

保坂展人氏(世田谷区長)(パワーポイントを使用した映像とセットの報告)世田谷区の環境調整住宅は18年くらい前にでき、風の力を利用して風の通りをよくしエネルギーのロスを抑えたデザインだとか、1棟1棟がバラバラな集合住宅を空中廊下でつないで作るなどの工夫がされています。ソウル市長はそれらを視察し、その後の2012年にはソウル市の街作り担当の職員の前で講演をさせていただきました。
 コミュニティデザインという言葉は、もとからあった言葉ですが、住民参加による目に見える雰囲気での参加型の共同の仕組みを指しています。

■「増子高齢化」の世田谷区

地域で支え合って貧困に立ち向かう 世田谷区の人口は約88万人で、これは7つの県の人口より多い数。日本全体は少子化社会で、2009年に人口減少が始まり7万人減って、2010年には12万人、以後減り続け、昨年までに世田谷区の人口と同じくらい減少しました。
 国立社会保障・人口問題研修所資料によれば2020年までに396万人が減ると言われている。これは横浜市あるいは静岡県の人口にほぼ匹敵する数。世田谷区はこれとは逆に、人口がこの5年間で2万5000人増え、5歳までの子どもの数が毎年1000人ずつ増え、65歳以上の人口は16万8000人で、認知症の方が2万人、認知症の高齢者の方も毎年1000人ずつ増えている。だから「少子高齢化」ではなく「増子高齢化」。したがって子育て支援、高齢者福祉に関してこれまでにない新たな社会モデルにチャレンジしていく。社会的企業や公益的事業などの地域住民運営型公共サービスで維持費を増やす準備をしております。

■空き家など地域貢献活用事業モデルについて

 社会的地域的活動をしたいという方にとっての悩みは、「場所が無い、スペースがない」。他方で、日本の空き家は総務省統計では820万戸。東京都世田谷区は全国で最も空き家が少ない地域ですが3万5000もの空き家がある。十分に地域資源として、使用可能なものがあり空き家不動産と地域住民活動とを結びつけていろいろな取り組みが始まり、いま世田谷区には「地域共生の家」が16箇所、地域の福祉のための「ふれあいの家」が区内に12ヶ所ある。空き家等地域貢献活用モデル事業ですが、地域資源として空き家を活用し、社会的地域的な活動、公共的な活動をできないか、ということで進めている。

■地域内分権について

 世田谷では地域内分権を進め、5地域に分けて、1地域あたり人口15万から20万くらい。さらにそれを人口3万人から5万人程度の27の地区に分けた。すべての地区に行政施設がある。

 この27の行政施設を使って2つの事をやろうと。一つは大震災の経験から、災害時にいちばん身近なところでサバイバルできる、地域の顔が見えるつながりを作っていく。もう一つは、さきほど認知症の方が2万人いるといいましたが、身近な福祉の相談窓口として、27地区全部にこれから設置していく。現在はまだ砧の1ヶ所だけで実験をおこなっている段階で窓口には行政職員による「地域包括支援センター」と、区内の800近いサークルからなる「社会福祉協議会」とで相談にのっていく。

 重要なのは、行政側、事業者側の福祉の連携による一体化の窓口ができただけではダメで、そこに住民自身の、社会的事業、新たなソーシャルコミュニティーというものの、様々な形の行ったり来たりがなければならない。こういうコミュニティの体制を今作りつつあるのですが、これを受けて住民参加型の社会的事業がこれから始まると思います。参加を促す仕組みの中で、「車座集会」、テーマ別意見交換会などやり、その議論の中で新しいヴィジョンやアイディアを出していただく。これは、「民主主義の空洞化」と言われている中で、新しい参加の道を示していると思います。

※この他にエネルギー政策について、「屋根ルギー」「ベラルギー」「すだれソーラー」、「売電」、エネルギーの自治体間連携、災害時の広域相互支援体制についてなどの豊かな実例報告がありました。

保坂のぶとオフィシャルサイト  ■保坂展人ツィッター
保坂のぶと事務所(FaceBook) ■世田谷区公式ホームページ ■区長の部屋

←報告(3)へ戻る報告(5)へつづく→

■保坂展人さんの本
 

『コモンズ』79号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 朝鮮戦争

    2018-5-17

    日本のわれわれは今何をなすべきか(上)/村山和弘 4・27南北首脳会談と「板門店宣言」を受けて

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. 第10期沖縄意見広告運動スタート集会
    ■あきらめない、声を上げ続けよう ■ 日時:2019年1月18日(金)18時開始 ■ 会…
  2. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗
    9条改憲・辺野古新基地・関生「共謀罪」弾圧阻止の正念場 安倍政権打倒の年に 敵の弱点に刺さりこむ…
  3. 大阪府警本部前に翻る連帯旗
    年頭に当たって――― 日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時  わたくしたち…
  4. コモンズ最新号目次
    ※次号発売日までに、順次Web上でも公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利…
  5. 明けましておめでとうございます
    旧年中はご購読、アクセス、暖かい励ましのお便りやメール、それに数々のご支援、本当にありがとうございま…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 第10期沖縄意見広告運動スタート集会

    2019-1-16

    1・18 第10期沖縄意見広告運動スタート集会へ

  2. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

  3. 支援学校で苗を植える

    2018-12-27

    農が人と地域を変える/西沢江美子 ―地元の特別支援学級の子どもたちと小さな直売所をつくってみた

  4. 帝国憲法を発布する明治天皇

    2018-12-25

    特別連載】天皇制と闘うとはどういうことか(5)/菅孝行(評論家) 第五回 近代天皇制の起源・展開・終焉

  5. 労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会

    2018-12-16

    動画速報】労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る