「二等兵物語」と日本軍・日本人の名誉(1)/神子上 徹

精神科クリニックの窓から/神子上 徹

「二等兵物語」と日本軍・日本人の名誉

喜劇「二等兵物語」ポスター 私の生まれたところは、人口1万人くらいの農村で、父の開業していた医院の隣には劇場があり、もの心つく頃はどさ回りの劇団が来て、チャンバラ劇をやっており、芝居好きのおばあさんについてよく行ったものです。そのうち、週末に映画をやるようになりました。大映、東宝、松竹などで、長谷川一夫、市川雷蔵、山本富士子、京マチ子、などが出ていました。その中でも、伴淳(伴淳三郎)、あちゃこ(花菱)主演の「二等兵物語」は、コメディの傑作(シリーズ化)でしたが、その中にもペーソスがあり、また日本軍隊の中の陰惨な新兵いじめもリアルに描かれていました。

 その中でも、兵隊が列を作って「おーい、早くしろよ」「まだだ、そうせかすな!」などのやりとりがあり、ドーッと笑いが起こり、中からズボンの前を直しながら一人が出てきて、次が入ってゆく場面もありました。(その後、勝新の「兵隊やくざ」にも同様のシーンがあったような気がします。)

 映画を観たのは、60年前・小学生の頃で、そのことが何を意味するかは理解できるわけもなく、この間の従軍慰安婦問題でのマスコミ報道で、「そう言えば」とふとこの場面を思い出しました。撤回された記事が長く放置されたために「日本軍の、あるいは日本人の名誉が傷つけられた」という報道が目につきます。前々号『コモンズ』で、従軍慰安婦の特集が組まれましたが、キチンとした内容でわかりやすくよい記事だったと思います。ただし、今や慰安婦問題は「強制されたのか否か」が中心の論点になっています。

 わたしは、これは慰安婦問題の本質を離れたところで焦点化にされて(歪曲化されて)いるように思います。
 私たち日本人の父や祖父たちが映画で再現されたように「慰安所」の前にズラーッと並んだ光景を想像すればするほど、そこにいた女性たちが強制されたのか否かを問うことの意味はもはやないように思います。このような軍隊の情景のどこにどのような「名誉」があったというのでしょうか。私は言いつのる人たちの人格や品性をまず疑います。(次号につづく

『コモンズ』79号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 辺野古ゲート前で県民を弾圧する公安

    2017-5-21

    すでに共謀罪ははじまっている-「予防拘禁」「市民監視」

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る