大阪で「府民の力2015」結成-橋下・維新政治へアンチテーゼ

強権的リーダーシップ政治から、柔軟なメンバーシップ連携を

大阪で「府民のちから2015」結成

竹山堺市長が反橋下の急先鋒として発言

 橋下徹を頭目とする〈大阪維新の会〉への強烈な対抗勢力結集をめざす政治団体「府民のちから2015」が12月20日、大阪市内で結成された。

 大阪府内の首長らも多く賛同者に名を連ね、維新一派が掲げる大阪都構想への絶対反対の意志を前面に、「強権的リーダーシップ政治から、柔軟なメンバーシップ連携へ」を掲げ、反維新での包囲網を築いた形だ。4月の統一地方選や来年後半での府知事・大阪市長改選に向け、決戦ムードが高まる。

 大阪市内のホテルで開かれた結成式典では、昨年9月に維新候補を破って再選された竹山修身・堺市長も列席。竹山氏は「橋下市長は言葉の魔術師だが、統一選に向けて保守から革新までの緩やかな連携でしっかり戦うことが大事」と強調。「大阪という土俵から(維新を)押し出さないといけない」と訴え、満場の拍手を浴びた。
 また、強引なオスプレイ誘致を突然打ち出され大迷惑を受けたとして、田中誠太八尾市長も市民派の立場から、橋下政治は絶対あってはならないモノと表明し、今後への協力を誓った。

 この団体は、2011年大阪市長選で橋下に敗れた平松邦夫前市長を支援する政治団体「元気ネット大阪」を母体に、連合大阪などが中心となって改編。式典には府内の首長始め、地域団体、医師会代表、自民・民主両党地方議員ら約450人が集まり、熱気の結成式となった。



「コモンズ」80号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る