映評「日本と原発-私たちは原発で幸せですか?」を観る/乱鬼龍(川柳作家)

批評CINEMA画映 映画「日本と原発-私たちは原発で幸せですか?」を見る

国富とはなんだと映画つきつける 乱鬼龍


映画日本と原発制作・監督 河合弘之
構成・監修 海渡雄一
音楽    新垣 隆


 2011年3・11以後、多くの原発映画が創られたが、その中でも、この映画は実にわかりやすく(小・中・高校生などにもぜひ観てもらいたいものと思う)、また、原発に関するいくつもの論点を実に手際よくまとめてあり、完成度の高いすぐれた映画だと観た。

 映画は、フクシマ現地の取材の上にさらに小出裕章・田中三彦・飯田哲也らの専門家の見解、又ロシア・チェルノブイリ原発事故の、その後の放射能汚染の現在など、ロシアの医師の話など、ていねいに、しかも多面的に取材し、その整理の仕方、組み立て方など、技術的にも非常にすぐれたものであると思った。
 そして、映画のサブタイトルにもあるように「私たちは原発で幸せですか?」、フクシマの現実とその重い事実は、決して幸せではない。幸せでないどころか、地震列島・火山列島の上に54基もの原発が林立するなどということは正気の沙汰ではない。
 日本を滅ぼしかねないどころか、人類、地球そのものをも滅ぼしかねない。修復不能のものだということをひとりひとりの国民が、人類が、自分自身の頭で考え、判断し、そして行動して欲しいと訴えている。

 その意味で、この映画は、全国各地どころか、この同時代を生きる世界の人々にも(近々英語字幕入りも完成予定とのこと)ひとりでも多く観て頂きたい必見の映画であると思った。
これは、その意味で原発(の諸問題)に対する明快な答えでもある。ぜひ多くの皆さんが観られて、その感想の輪を広げ、力とし、原発と原子力ムラに象徴されるような今日の政治、経済、文化…といった総体に対する根底的変革を迫る行動を、力強く前へ進めなければならない時代だという思いを共に共有したいものと思う。

■先行有料試写会■
渋谷ユーロライブ地図 渋谷ユーロライブ
 渋谷駅下車、Bunkamura前交差点左折
 ユーロスペース内
 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
 TEL:03-3461-0211
※上映後、監督河合弘之の
 挨拶が有ります(2月7日を除く)
2月4日(水)16:15~※/19:00~※
2月5日(木)16:15~※/19:00~※
2月6日(金)16:15~※/19:00~※
2月7日(土)16:15~ /19:00~
2月8日(日)16:15~※/19:00~※

映画日本と原発
※全国で上映運動が拡がっております。お問合せは03(5511)4427 Kプロジェクト
http://www.nihontogenpatsu.com



「コモンズ」80号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 森友疑惑を摘発した木村(豊中)・戸田(門真)両市議

    2017-4-16

    「森友疑獄」護民官:市議の摘発から全国に火(1) カルト人脈を叩け

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. フランス政府の公式ロゴ、自由・平等・博愛
    グローバリズムへの対抗軸として 2014年にフランスで制定 スペイン・エクアドル・メキシコ・ポルト…
  2. ブランコ・ミラノビッチ
    前号(こちら)からのつづき 4、帝国主義の世界支配からのパワー・シフト [caption id=…
  3. 木畑壽信さんを偲ぶ会 献杯の様子
     7月1日に急逝した木畑壽信さん(享年66歳)を偲ぶ会が、9月8日、東京中野の中野産業振興センター1…
  4. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  5. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る