国際短信】パリ銃撃事件あばかれた偽善、各国首脳こそ言論弾圧者ほか

■中南米カリブ海諸国共同体が首脳会議
 5年以内に極貧層解消を!


中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)

 中米コスタリカの首都近郊で開催されていた中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)第3回首脳会議は貧困との闘いを中心テーマとする「ベレン政治宣言」と2015年の行動計画、27の特別決議を採択して1月29日に閉幕した。コスタリカから議長国を引き継いだエクアドルのコレア大統領は貧困問題について言及し、極貧層の解消を5年以内に達成することを提案。また貧困の原因は不平等にあることを示唆した。

■パリ銃撃事件 あばかれた偽善
 各国首脳こそ言論弾圧者

デモ
 シャルリー・エブド紙襲撃後、「言論の自由の防衛」を標榜する各国首脳共同のデモが行われたが、彼らがいかに言論を弾圧してきたかを示すデータがロンドンの学生によって発信され、話題となっている。
 それによれば、ヨルダン国王はパレスチナ人ジャーナリストを懲役15年の刑に処した/トルコの首相は世界で最も多くのジャーナリストを収監している/アルジェリア外相はジャーナリストを15カ月無実の罪で監禁/アメリカ司法長官はワシントンポスト紙記者を監禁暴行した警察を放置/ギリシャでは警察がジャーナリストに暴行/NATO事務局長はセルビア人ジャーナリスト殺害の疑い/イギリス首相はガーディアン紙の書類を破棄し脅迫…等々合計21人の首脳の言論弾圧の罪状を列挙している。

■シャルリー・エブド創刊者が風刺画を非難
 掲載すべきではなかった


 シャルリー・エブド紙創刊者のひとりであるデルフェール・ドトン氏はヌーヴェル・オプセルバトゥール紙のコラムでフランスシャルリー・エブド紙が掲載したイスラム教の予言者ムハンマド(マホメット)の風刺画掲載に固執した編集長の判断が同紙への銃撃事件につながったと語った。
 ドトン氏によれば、今回の銃撃で死亡した同紙画家のウォランスキー氏は4年前に風刺画への報復として同紙ビルが放火された際、「私たちは不要な危険を冒す愚か者」「挑発はやがてわれわれに返ってくる」と述べ、編集長が彼のことばを受け容れるべきだったと述べた。

「コモンズ」80号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. フランス老人ホームでストライキ

    2018-3-6

    世界潮流】ストライキで未来切り開く労働者たち 独・仏・韓からの報告

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 書評『中国の情報化戦争』ー米中戦争の熱い核心に迫る
    本書は、アメリカの保守系シンクタンクの中国系米国人研究者が人民解放軍の軍事戦略・情報化戦争を解析した…
  2. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」
    反安倍政権の大衆運動を展開してきた勢力の支配的言論は、何故かくも天皇に対して恭(うやうや)しいのだろ…
  3. 中国が建造した空母「遼寧」
    前号でのインタビューに続いて軍事専門家小西誠さんのお話を聞く。自衛隊基地は、具体的にどのような目的の…
  4. 不正ハンター・たかひら正明さん
    スーパー市民派 ウヨ・維新退治に挑む不屈の日々 ムラ型政治に新風吹込む たかひら正明さん  大…
  5. なかま イメージ写真
     昨年12月18日、関西「業種別職種別ユニオン運動」連絡会結成シンポジュームが、関西生コン支部が資本…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

  2. 中国が建造した空母「遼寧」

    2019-2-22

    連載】要塞化すすむ南西諸島(2)/小西 誠 米軍の対中封じ込めに高まる緊張と自衛隊

  3. なかま イメージ写真

    2019-2-19

    関西「業種別職種別ユニオン運動」研究会発足の意義/木下武男

  4. ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?

    2019-2-18

    緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

  5. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る