「関生春闘」報告-スト権行使も構え、闘うことで大幅賃上げを

2・28中央委で最終要求決定 本勤月額5万円増、日々雇用日額2500円増

歴史的規模の統一要求掲げ、闘いの火ぶた!

混迷する生コン産業再建かけ、大きな山場へ

連帯労組自動車パレード

今年も3.15、業界再建かけ自動車パレードがおこなわれる

 「アベノミクスの果実は、いずれ全国隅々に及ぶ」と嘘ぶき、中小企業、労働者、農民に犠牲を強いてきた安倍政権。それら施策の破綻を取り繕うため、膨大な内部留保をため込む日本経団連傘下企業にその「おこぼれ」を「賃上げ」に回すように要請した。

 「法人税率引き下げ」や「労働者派遣法」「残業代ゼロ法案」の実現を求める経団連・大企業は「一部大企業での名目賃金の賃上げ」を認めた。これに乗じた連合も「2%賃上げ」方針を出し、自動車労連や電気連合など大手が6000円以上の賃上げを要求する。消費税8%の大増税下「2%賃上げ」が実現しても実質賃金が下がることぐらい子供でも分かる計算だ。事実、厚労省発表(3日)によれば実質賃金は19ケ月連続のマイナスだ。

 だがこんなささやかな要求さえ実現する保証はない。まして中小零細においてはだ。大企業と政府の差別分断政策の中で喘ぐ中小労働者、とりわけ雇用者数5,263万人のうち1,989万人の非正規労働者(1月総務省発表)が、よりましな賃金と労働条件をいかに獲得するのか。大企業の産業支配と闘い、どう民主化するのか。
 中小企業やそこで働く労働者にとって死活問題の続く中、連帯労組関西生コン支部が、打ち出した画期的な2015春闘要求の量と質が際立つ。

大阪で、今、何が起こっているか

 そうした中で「お願いではなく闘うことで大幅賃上げを」とセメント・ゼネコン大企業と闘い、他方で中小企業を事業協同組合に組織化。連携して大企業の産業支配と闘い産業民主化の先頭に立って来た連帯労組・関生支部が、2月28日、中央委員会を開き、今次の春闘方針を以下のように決定した。
武洋一書記長

武洋一書記長


【武洋一書記長・提起】
 今回、春闘方針と課題を確認し、各ブロックの要求を集約して「統一要求書」(セメント・生コン/一般業種/清掃・産廃/医療・介護)を作成した。なお、「統一要求書」は3月2日以降、各社へ提出されて行く。よって、連帯労組が半世紀の歴史をかけて培ってきた<産別闘争>の真価がいよいよ問われる時代であると各組合員諸君に呼びかけたい。

 「地域」でしか生きられない中小企業の労経が一体となり、セメント独占と巨大ゼネコンに対し<産業自体が製造販価を定める>事が正当な事。さらに労組抜きでの産業形成がどんな分野でも不可能との認識も進んだ。これら「連合」など他の御用組合的企業別闘争では到底困難である産業政策運動の目指す方向性がついに、「弱肉強食」から「共生・協働」への道へ深化し、4月に関西生コン産業での歴史的大連合化を実現させた。

 連帯労組でのこの大成果と沖縄の辺野古阻止と自己決定権行使へ闘いの発展と連携し、現状の諸矛盾と対峙するべき「15春闘」と認識する。これら情勢を受け、本勤月額5万円増、日々雇用日額2500円増の大幅賃上げを当労組の統一要求として闘い抜く事に本日、決した。
 全会一致で方針決定をした15年春闘要求だが、別掲の通り画期的数字であり、全産業に大きな影響を及ぼすだろう。既にスト権行使の一任も得ており、5日に始まる第1回交渉から、業界に正々堂々と数字を公表して行く構えである。

中小労働運動のモデルとして今春闘を闘う
                
次いで、武建一執行委員長より15春闘勝利に向けた重点課題の提起が行われた。

連帯労組【武建一執行委員長】
 昨年から集中的に生コンの運動強化に取り組んでいる。生コンでは、ダンプ・セメント輸送・生コン輸送・生コン製造・圧送が組織対象である。

 生コン関連327社との懇談会を定例化。私たちはその全てを組織しているわけではないが、大きな影響力を持つ。中小企業は絶えず動揺するが、労組がしっかりしているとその動揺を抑え、中小企業を救うことができる。そして、労働者の雇用・労働条件を安定させることができる。よって「各地区での60%以上の組織化」を目指している。

 この間私たちの奮闘によって業界は大きく変化している。広域協・阪神協・レディーミクスト協の大同団結が実現しようとしている。実現すれば年間500万リューベを出荷する日本一大きな協組が誕生し、私たちが求めてきたことが現実になる。
 一つは限定販売制度の廃止。二つは労組との協力関係の構築。三つ目は人事の刷新。人事については、執行部が従来の姿勢を変えなければ入れ替える。今回、これらの事項に合意した。

 今春闘での要求の一つは大幅賃上げ。賃上げとは安倍首相が進めるような「経営者にお願い」するものではなく、労働者自身の闘いで勝ち取る。関西の生コン業界の賃金・労働条件は日本一だが、これは今までの激しい闘いの成果だ。仲間が殺され、弾圧され、それでもなお闘ったからこそ現在の水準がある。これに満足せず、今年も闘いによって大幅賃上げを獲得しよう。
 もう一つは基金制度の実現。すでに業界側とリューベ/200円の拠出を確認している。この基金は教育活動や雇用保障に使う。

連帯労組新館完成イメージ これらの要求を中心に中小労働運動の一つのモデルとして今春闘を闘う。「連帯労組のように闘えば中小企業労働者でも成果を得ることは可能」と全国に大きな励ましを与えることにつながる。
 現在、新会館建設事業に取り組んでいる。厳しい情勢の中で会館建設に取り組むのは、さらなる運動・組織の発展に向け、その基礎をつくり上げるため。新会館は敵にとって脅威になり、味方にとっては団結のシンボルになる。
 その中で労働学校をスタートさせる。ここでは、弁証法的唯物論や自然科学、労働運動の歴史などを教育し、次世代を担う人間を育てる。現在の資本主義をリードする権力や大企業はこれを最も恐れているのだ。<略>

 日本では安倍政権が資本主義延命のために競争を促進し、格差は一層拡大。犠牲を受ける人々の不満が高まっている。さらに、建設・セメント・生コン業界では最盛期に比べ需要が半減。大企業の力は弱まり、相対的に労組の力が強まっている。
 全国的には、私たちの組織人員は少数。しかし、本当に頼れる労働組合が他にないので、関生型運動が一気に広がる可能性がある。そこに確信を持ち、一致団結して今春闘を全力で闘おう!。(取材とまとめー関西S)

『コモンズ』81号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 辺野古ゲート前で県民を弾圧する公安

    2017-5-21

    すでに共謀罪ははじまっている-「予防拘禁」「市民監視」

季刊「変革のアソシエ」No.33

最近の記事

  1. 私が集団・組織を恐れているわけ
    ■ 組織や集団を恐れる2つの理由  運動界隈にいると、いろいろな集団・組織と関わることにな…
  2. 砂川闘争
    今こそ憲法から生まれた伊達判決を活かそう 伊達判決59周年集会「7・15」で再確認  憲法9…
  3. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会
    象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された 日本の独立後も米軍が沖縄に長期に駐…
  4. 10月ハロウィンのイラスト
    沖縄のこれが民意だデニー勝つ オプジーボ悪政ガンに効かないか 改造の内閣というこの程度 …
  5. 勝利したアレクサンドリアさん
    米国に台頭する新しい波!「社会主義」青年たち ――サンダース旋風をおしあげたミレニアル世代の若者た…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
27
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
10月 27 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
17
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 17 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
24
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 24 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
12月
3
19:00 元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
12月 3 @ 19:00 – 21:00
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 @ 元町映画館 | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会 「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」 ■ 日 時:2018年12月3日(月)19:00~21:00(開場18:30) ■ 会 場:元町映画館2Fイベントルーム  〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12  https://www.motoei.com/access.html ■ 講 師 井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員) ■ 参加費:1000円   ※お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。  メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。 ■ 主 催:市民社会フォーラム  http://shiminshakai.net/post/4784 ■ ご案内  安倍首相は9月3日、防衛省の自衛隊高級幹部会同での訓示で、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示しました。  10月から12月まで開会予定の通常国会でも、安倍首相は憲法改正の自民党案を提出し、早期の発議を目指す方針を明らかにしています。  はたして、自衛隊を憲法9条に明記すれば、日本の平和を保障することになるのか? 9条を現実に合わせて現状追認するだけのことなのでしょうか?  そして、有事があれば命がけで日本を守る自衛官たちも、憲法に自衛隊を明記することを望んでいるのでしょうか?  元自衛官の井筒高雄さんに、改憲発議がされようとする今、自衛隊を憲法に明記することの問題点についてお話しいただきます。 井筒高雄(いづつたかお)さん 1969年、東京都生まれ。 88年、陸上自衛隊第31普通科連隊に入隊。91年にレンジャー隊員に。 92年にPKO協力法が成立すると、武器を持っての海外派遣は容認できないとして翌93年に依願退職。 大阪経済法科大学卒業後、2002年から兵庫県加古川市議を2期務める。 元自衛官の立場から戦争のリアル、コスト、PTSD などリスクを 伝える講演活動を行う。 現在、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFP) 共同代表。 共著に『安保法制の落とし穴』(ビジネス社)、単著に『自衛隊はみんなを愛している』(青志社)など

特集(新着順)

  1. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会

    2018-10-20

    天皇制と闘うとはどういうことか(3)/菅孝行(評論家) 第三回 象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された

  2. 2018年3回目の南北首脳会談

    2018-10-16

    今年3回目の南北首脳会談 実質的な「終戦宣言」合意の重大性

  3. 平成の大逆事件

    2018-10-15

    「平成の大逆事件」組合活動そのものを違法とする #関生労組 弾圧/佐藤隆

  4. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-10-12

    労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

  5. 玉城デニーさん当選

    2018-10-10

    沖縄県知事選 玉城デニーさん過去最多40万票に迫る圧勝

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る