告知】11・28 南京ドキュメンタリー映画祭

南京ドキュメンタリー映画祭◆日時 11月28日(土)9時30分~16時10分
◆場所 エル大阪南館5階ホール(地下鉄天満駅西徒歩5分)
◆通し券2000円、単券800円、前売り通し券1500円
◆主催 南京ドキュメンタリー映画祭実行委員会

 全港湾関西地方大阪支部・山元一英執行委員長を呼びかけ人の一人として、「南京大虐殺の真相と歴史を学ぶ映画と証言~トーク」の特別催事が、11月28日、大阪市中央区のエル大阪南館で開かれる。
 当日は、海外の映画祭で受賞した優れた記録映画や、当時南京で凄惨な事件を目の当たりにした当事者であり、虐殺実行部隊に所属した元海軍兵士が事件の状況を話す貴重な証言がある。
 南京虐殺を取り上げる企画や本は多いが、これまでドキュメンタリー映画は少なかったとのことで、中には今まで謎に包まれていた南京事件の多くの側面を語る新作ドキュメントなども上映され、「南京事件はなかった」と騒ぐ右翼反動どもにも痛烈な一撃を加える充実した催事となる模様だ。

「コモンズ」89号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 大阪万博(1970)

    2018-3-11

    連載2】競争と分断の共進化から連帯と協同の共進化へ 日米の制度的妥協=天皇+米軍/斎藤日出治

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. サンフランシスコ「慰安婦」像
    編集後記  先月ここで紹介された映画 『主戦場』 であるが、新しい事態が起きた事でまたまた注目を浴…
  2. てるてる坊主のイラスト
    盗聴法すでにあなたも丸ハダカ 天安門大道遥か道遠し 南北と日本の平和重ねあい 解…
  3. 映画「記者たち」ポスター
    『記者たち-衝撃と畏怖の真実』 「もし他のメディアが全て政府の広報になるならやらせとけ。我々は…
  4. 映画「バイス」
    米国映画2018年Gグローブ賞受賞『バイス』 監督・アダム・マッケイ 最も愚劣な戦争が、こんな男に…
  5. 大阪労働学校アソシエ
     連帯労組関西生コン支部は労働者の賃上げだけでなく、広く社会的な支援活動を広げてきた。その一環として…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  2. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  3. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  4. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

  5. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る