「承認取り消し支持」 大江氏ら識者24人が声明

大江健三郎さん

大江健三郎さん

 10月26日、ノーベル賞作家の大江健三郎さんら識者24人が会見し、翁長知事の辺野古埋め立て承認取り消しを支持する声明を発表した。

 声明は「沖縄県民は過去、住民投票、国政、首長選挙、何回にもわたる大規模集会、県議会決議などにおいても圧倒的多数で辺野古新基地建設に反対の意思を表明してきた。前知事が自らの県民への公約に反して下した『埋め立て承認』だけを根拠に埋め立てを強行するなら、この国は『民主主義国家』の看板を下ろし、正義の行われない国であると全世界に向け発信したのと同じだ」と断じ、翁長知事の「埋め立て承認取り消し」を支持し全面的に支援するとしている。以下はその要旨である。

■私たちは、翁長沖縄県知事による
 辺野古埋め立て承認取り消しを断固支持します
(要旨)

「承認取り消し支持」 大江氏ら識者24人が声明

 私たちは翁長雄志知事による埋め立て承認取り消しを沖縄の将来のために支持する。
 1ヶ月間に行われた(県と政府の)5回の協議で日本政府は一方的な経済振興政策を持ち出した。経済振興のための優遇措置を示せば翁長知事が新基地建設の旗を降ろすと考えているのなら、それは沖縄の人々の意思の軽視であり、侮辱というほかない。
 沖縄県民は過去、住民投票、国政、首長選挙、何回にもわたる大規模集会、県議会決議などにおいても圧倒的多数で辺野古新基地建設に反対の意思を表明してきた。前知事が自らの県民への公約に反して下した「埋め立て承認」だけを根拠に埋め立てを強行するなら、この国は「民主主義国家」の看板を下ろし、正義の行われない国であると全世界に向け発信したのと同じだ。
 私たちは、県知事の「埋め立て承認取り消し」を支持し、あらゆる手段で阻止するという知事の決意を全面的に支援することを表明する。
 2015年10月26日

賛同者
浅岡美恵(弁護士) 淡路剛久(立教大名誉教授) 磯野弥生(東京経済大教授)
内橋克人(評論家) 遠藤誠治(成蹊大教授) 大江健三郎(作家)
加茂利男(立命館大教授) 川瀬光義(京都府立大教授) 古関彰一(獨協大名誉教授)
小森陽一(東京大教授) 斉藤純一(早稲田大教授) 白藤博行(専修大教授)
高橋哲哉(東京大教授) 千葉真(国際基督教大教授) 寺西俊一(一橋大特任教授)
中野晃一(上智大教授) 西川潤(早稲田大名誉教授) 西谷修(立教大教授)
原科幸彦(東京工業大名誉教授) 人見剛(早稲田大教授) 前田哲夫(評論家)
間宮陽介(京都大名誉教授) 宮本憲一(大阪市大名誉教授) 和田春樹(東京大名誉教授)

「コモンズ」89号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019.5.25国会包囲
     5月25日(土)、2月の沖縄県民投票以来最初の全国的集会が全国で開催され、全国32都道府県38…
  2. コモンズ最新号目次
    記事はWeb上でも順次に公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい。 …
  3. 2019大阪・中ノ島メーデー
    天皇即位反対大阪集会も同日開催 リレートークで盛り上がり  5月1日大阪13時小雨の中、大阪市…
  4. 2019日比谷メーデー
     安倍政権による差別的政策はあまりにもあからさまで目を覆うばかりである。没落の道をたどる日本資本主義…
  5. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
    「天皇代替わり」攻撃に抗し全国各地で第90回メーデー挙行! 社会の主権者は労働者民衆自身である。[…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る