米国最大労組が沖縄県に協力表明‐島ぐるみ訪米団反基地闘争で新展開

アメリカ労働総同盟産別会議(AFL―CIO) 【ワシントン・琉球新報発】訪米中の島ぐるみ会議の代表団が、米国ワシントンにある同国最大の労働組合「アメリカ労働総同盟産別会議(AFL-CIO)」を訪ね、米軍普天間飛行場の県外・国外移設に向けた協力を求めた。これに対して、同労組国際部長から「平和への闘いを広めて活きたい」と力強い連帯表明の返礼が返ってきた事で、反基地闘争の中で当事者の米国国内にしかも、同国最大の労組であり、極めて政治的影響力のある理解者を開拓しえた事に訪米団全員が大きな手応えを感じている。

 15日に米国に入り、20日までの5日間、全日精力的に普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地計画反対の意思を全米各地で訴えてきた同会議は要請行動全日程を終えた。今回面談に応じてくれたAFL―CIOは、全米で56の加盟組合、計約1250万人組合員を擁する同国最大の労組で、米国民主党最大の支持母体だ。国際部長のファインゴールド氏は、「我々は基地関連と反核運動に重点を置いている」と同労組の関心事を指摘。この間、同労組傘下のアジア太平洋系アメリカ人労働組合が15日、新基地反対を唱え、沖縄県民と連帯するとの決議をした事もあり、会議メンバーは、「広く、国内外の友好団体を始め連帯して行く事が大事」と、意気込みを語った。

【アメリカ労働総同盟産別会議】1955年にアメリカ労働総同盟(AFL)と産業別組合会議(CIO)が合同して結成。53単900万人が仮名。国際労働組合総連合(ITUC)の中心的な団体となっている。

『コモンズ』90号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-11-27

    なぜ安倍政権は南スーダンに「駆けつけ警護」を行うのか/村山和弘

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  2. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…
  3. 雨傘革命 香港
     香港で民主化を求めて若者たちが立ち上がった「雨傘運動」から3年がたった。香港の中心街を占領した若者…
  4. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者
    [caption id="attachment_21937" align="aligncenter"…
  5. 懇談会で発言する武議長
     (前号より続く)近畿地区の生コン関連団体の労使は8月23日、大阪市西区川口の「学働館・関生」で…

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る