民主主義とは何か?(上)/本山美彦(京都大学名誉教授)

大阪労働学校・アソシエ 本山美彦学長 関西経営者セミナーでの講演から

 これからの民主主義をどう打ち立てるか?

 民主主義=「生きる権利」を抹殺する世界 民衆を大量殺戮する大国の強権を問う
本山美彦学長

本山美彦学長


 来年度春から大阪労働学校学長に就任する本山美彦京都大学名誉教授による、11月13日の関西生コン産業経営者セミナーでの講演「これからの民主主義をどう打ち立てるか?」の内容を、2回に分けて紹介します(※掲載にあたって一部文章を修正しました。および見出し、写真等、すべて編集部の責任によります)。

本山義彦氏プロフィール
◆京都大学名誉教授。専門は、世界経済論。経済学博士(京都大学1984年)。兵庫県生まれ。2016年開校の大阪労働学校・アソシエの初代学長に就任する。これまで、世界を覆う市場原理主義の弊害をアカデミックな立場から説く第一人者として、『アソシエの経済学―共生社会を目指す日本の強みと弱み』(社会評論社 2014年)、『金融権力:グローバル経済とリスク・ビジネス』(岩波新書 2008年)、『金融危機後の世界経済を見通すための経済学』(作品社 2009年)、『売られ続ける日本、買い漁るアメリカ』(ビジネス社 2006年)、『金融危機の資本論―グローバリゼーション以降、世界はどうなるのか』(青土社 共著2008年)など多くの著書を通じて論及して来た。

※以下、講演録本文です。

「日常の言葉」で語ることの大切さと難しさ

 民主主義、そして国家は何かと言われた時に、何をどう話して良いのかという、随分苦しんだんです。 
 実は大阪労働学校がもの凄い大変な時期でございまして、本当はそこに全力投球しないといけないのですけど、このテーマが舞い込んできたためにもう仕事がはかどらなくなって。
 すいません、初めから自己弁護みたいなことを言って。

 日常の言葉でかなりのことを語るということが、一番難しいことなんです。
 一つの例で申しますと、マルクスの資本論。あれは日常会話で書かれております。メールベルト=「余りモノ」。ところが日本語に直すと「剰余価値」。ふざけるなと私なんかは言いたくなるわけです。労働者のために必死になって柔らかく書いた本が、なぜ日本語に直されるときはあんな難しい本になってしまうのだと。

河上肇 私は学生時代にマルクスに憧れて、河上肇という伝説上の人物なんですが、この人の書が「これだ」と思いまして、「社会主義とは何か」、もの凄く分かりやすいんですよ。「家族だ」と。
 これは天才やぞと、その時本当に思いました。みんな「社会主義とは」といってソーシャリズムだ何だとか、社会とはとか何だとか、難しいことをもの凄く書いているのを、「家族だ」と。

 なぜならば「誰かが倒れて働けなくなったら、誰かが面倒を見るんだ」と。そして家族がヘトヘトになったら「ご近所の人たちが面倒を見るんだ」と。で、多くの人の繋がりの中で皆さまがそれぞれ生きていけるという社会。これが人間の理想とする社会なんだと。それを社会主義と名付けるんだと。分かりやすいでしょう。こういう言葉を堂々と吐ける人が私は一流の人だと思っています。

注釈】河上肇(かわかみ・はじめ)
戦前に活躍した経済学者・社会思想家。1879年、山口県生。東大卒。ヨーロッパに留学中法学博士号を受け、帰国後京大教授となる。マルクス主義の研究と紹介に努め、青年層に多大の影響を及ぼした。のち大山郁夫らと実践運動に入り新労農党を結成したが、理論的誤りを認め大山らと別れた。治安維持法による弾圧・獄中生活の後、自叙伝等の執筆に専念した。1946年歿 68才。


EUの成り立ちとその精神を理解する

ブレーメンの街並

ブレーメンの街並

 EUの悪口を言うことが流行になっています。でもそうでしょうか。世界中で「会社のあるところへ人口移動をする国」というのはアメリカと日本ぐらいではないのでしょうか。とにかく会社のある所へ行くんだと。

 でもEUは、私はここで生まれたんだと。ブレーメンで生まれたんだと。だからブレーメンで死にたいんだと。だからフォルクスワーゲンやってこいと。こういうような発想なんであって、人間の居る所に雇用が出てこいと。その代わりに自由な、てんでバラバラな自由な市場社会ではそれは実現不可能だと。だから1つ1つの国がアレンジするんだけれども、国によって評判の良いところと評判の悪いところがある。で、しょっちゅう紛争の起こる国と平和な国とがある。  

 だから一国では無理だと。一国では無理なんだけれども、みんなが集まって世界の生きのいい企業を引っ張ってきたらどうなのかと。アイルランドは引っ張りすぎてもの凄い高度成長してしまってバブルが弾けてしまったわけでありますけれども。少なくとも雇用の不足している所へ企業を持っていこう、そのための委員会を作ってみんなで話し合って作っていこうじゃないか、だからまとまろうじゃないかと。

 決してアメリカという強大な国に対抗するためにとか、より大きな経済を作るための発想ではないんです。この基本的なところを多くの人たちが分かっていないんです。つまり、第二次世界大戦後、ヨーロッパでは10万人を超える大都市は出来てないんですよ。お分かりでしょうか。

見習うべきドイツ憲法の魂

シリア・リビアから大量の難民がEUを目指すが、海難に見舞われる民衆が多い

シリア・リビアから大量の難民がEUを目指すが、
海難に見舞われる民衆が多い

 ご存じのようにドイツ。もの凄く沢山の難民を受け入れています。なぜかと。ナチズムで大変迷惑を掛けたと。だから言われ無き理由で国を追われた人間はドイツが引き受けるんだと。少なくともドイツの基本法、憲法第16A条に明記されているのであります。「迫害されている者は庇護されなければならない」と。

 これが憲法なんです。日本の憲法を守れと我々は偉そうに言いますけれども、世界的な視野で苦しい人たちを私たちは受け入れるんだということを言っているだろうかと。確かに憲法9条は誇りですよ、素晴らしいですよ。でも世界的な形での不均衡を私たちも是正します、というようなこのドイツ憲法第16A条のような凄みのあるものはない。事実、コソボ紛争があったりバルカン半島紛争があったり、色んなことがあってもドイツは多くの難民を受け入れてきた。 
溺死してトルコ海岸に打ち上げられたシリア難民の子供

溺死してトルコ海岸に打ち上げられたシリア難民の子供


 メルケルは東ドイツの人です。東ドイツの人が西ドイツの首相になるということ、少なくとも東ドイツ西ドイツの差別は凄いんです。
 もう私の友達は自分がマルキストなものですから、どうしても東ドイツが多かったんです。この就職差別、待遇差別、なんたることかと。その東ドイツから西ドイツへ逃げていって、そして首相になったということの凄さはお分かりでしょうか。これが民主主義というものなんだと。何よりも大学はタダです。授業料ございません。そういうことを見たときに私たち日本が民主主義だとどうして言えるのでしょうか。

 我々はなにげなくヨーロッパの悪口を言っている時に、ヨーロッパの成り立ちは違うんだというところから理解していただきたい。で、民主主義とは何かという話を一番目のテーマに選んだのはそこなのであります。

 まず一番目、民主主義とは「生きる権利」のことなんですよね。生きなければいけない。この「生きなければならない」という権利を、ご存じのように世界の難民が奪われてしまっている。
シリア難民の内訳

シリア難民の内訳


 3分の1が海外に逃げていく。そして半分近くが国内で避難している。家に住むことが出来ない。その半分は子どもであると。学校なんか行けないと。これがシリアで、色んな国でいまも難民が生まれております。

 で、現在世界には逃げ回っている、自国内でですよ、海外はやっぱりお金要りますので。国内で逃げ回っているのが、いま世界中で3800万人くらい居るだろうと言われております。それは国外に流れていっている人よりも多いんだという事実を理解しておいてください。
 私たちは難民といったら海を渡ってギリシャやイタリアに助けて、と言うのを難民だと思っていますけども、それよりもはるかに多くの人が国内で逃げ回っているんだと。そこでドローンというような無人の爆撃機でドカドカやられているんだと。

独首相メルケルこそ最大の政治家

 これを発射しているのは兵隊の格好はしていますけども、おそらくは20歳そこそこのアメリカの若造であろうと。ネバダ砂漠の奥地のほうでコンピュータをさわって、「あそこを攻撃しろ、そのボタンを押せ」と。
 だからマスコミも人間が死んでいく悲惨な映像は映しません。とにかく花火のように火花が散ってと、それだけであります。だから私たちですらテレビを観て、そこで人間が死んでいるんだという意識を持たないのであります。
ドイツ メルケル首相

ドイツ メルケル首相


 で、こういう社会をメルケルは、この人たちを受け入れると宣言した。そして国外に出ることができない人のために、難民弁務官を通して世界からお金を集めようと。そこで彼らの収容場所をとにかく作ろうと。
 ということに対して多くの国々はノーと言っているわけであります。半分も集まっていません、お金は。それどころか、メルケル降ろせと。

 メルケルはドイツ語でムティ、つまりマザー、お母様、という形で尊敬されている人なのであります。私も大好きです。歴史上生んだ最大の政治家だと思っています。
 その方が難民を受け入れるという人道的なことを打ち出せば、我々の生活は難民なみに壊されるんだと、そんなことを言うようになってしまっている。これを解決しなければなんの民主主義だというようになってきます。

難民への対応で試される<民主主義>

コンピューターで遠隔操作された無人爆撃機「ドローン」で民衆が生贄に

コンピューターで遠隔操作された
無人爆撃機「ドローン」で民衆が生贄に

 アメリカと一緒になって軍隊を出して、反乱分子をボカボカ殺していくということが果たして「平和の貢献」なのだろうかということで、一番大事なことは、この逃げ場のない人たちをどう救うかという。ここで多くの人たちが緊急の国際会議を開いてどうするかということを、まず国際的にプランを練っていく、これが民主主義じゃないかと。
 で、私は可能だと思います。実は私無宗教なんですけども、やっぱり神様は居るんだなぁというように実は思っているんです。

 というのは、黒死病、ペストが流行った時、ドイツやフランスでは人口の3分の1が滅亡したんです。普通だったら社会が壊れます。でもその空白の中から現在の民主主義的な社会が生まれていったんです。私たちも第二次世界大戦で悲惨な目に合い、多くの人たちがお亡くなりになったことで空白ができて、今は違いますけど、その空白の中で戦後の民主主義というのが急速に定着していきました。つまり人口の大激動時期、激減時期というのは、社会の大変革をもたらすんだということのように思います。
 もちろん亡くなられた方には痛ましく悲惨ですし、今は難民に殺到されているヨーロッパは大変でしょうけども、空白になった地域、そこの新しい社会建設の流れをも、私たちは注目していなければならないと。

 長くなりました、すいません。何を言いたいかと申しますと、難民協定というのがございます。でも現在の難民協定は国内の避難民のことについては一行だに触れておりません。海外に逃げていく人だけであります。それも政治犯です。
 もう命からがら逃亡していくんじゃなくて、ソビエトから出てくる人間、資本主義社会に逃げ込む人間、これを難民として認定していって保護していくというのが今の難民協定です。ですから、生命の危機にさらされて逃げまどう人たちを救う手だてがございません。まずそこを作ることから我々の民主主義社会を作っていく第一歩でなかろうかというように思っています。これが一番目です。

人を殺す武器を捨て去る至上の契約

Knotted-Gun 二番目、民主主義社会というのは、実は丸腰の社会なんです。
 みんなが生きたいと。生きたいためには武器を持とうとするんですね。自らを守るために。アメリカは憲法で市民が銃を持つことを保障していますよね。これが民主主義だとアメリカ人は言いますけど違いますよ。民主主義とは相手を殺すことのできる武器をその人から奪うことですよ。ですから世界の民主主義はまず万人による闘争、つまり自分を守りたい、だから人を殺すんだということを止めよう、お互いに武器を捨てようと。それを「契約」という言葉で表したわけであります。

 この契約というのは、あなたと私と借金がこうあって、お互いに払おうなというような契約じゃないんです。お互いに傷つけ合うことをよしましょうね、みんなで生きていきましょうね、これが「契約」の意味なのであります。ところが、そういうような契約が少なくとも中東においては交わされたことがない。

 イギリスの「3枚舌外交」という有名なことなんでありますけども。皆さん今の中東の争い、宗教の争いだとお思いじゃないでしょうか。絶対違います。自分たちを守るために、たまたま考え方の近い人が仮想敵を作って殺し合うんです。

 これ、私学生時代に辛い経験がございます。お前白か、お前赤か、お前青か、という形でヘルメットで色分けしまして、正直内ゲバの殺し合いが繰り返されました。そういう時、同じ集団で、集団行動をとっていくんです。それを白と赤と青の宗教戦争と言えるでしょうか。

中東紛争の原因は先進国の利権争い

アラビアのロレンス しかも、敵側は、この敵側というのは資本主義側のことですが、とんでもない軍需工場を持っています。今のこの世界の紛争で誰が得をしているか、どなたでもお分かりでしょう。軍需工場ですよ。一機、ステルス一機何百億円。何万機と売っているわけですよ。

 そういう連中たちがお互いの憎しみを煽って自分たちの金儲けだけをしているという時に、何が民主主義だと。何が民主主義の母国かと。正に軍需工場の親玉じゃないかと。歴代大統領はその大顧問じゃないかと。こういう中で「民主主義」などと言わないでくれと言いたくなります。

 で、中東の歴史をちょっと簡単に申します。まずお手元レジュメの2のほうで。フセイン=マクマホン協定(フサイン=マクマホン協定)というのがあります。これはアラブ側を焚きつけてオスマントルコを打倒してくれたら大アラブ地域を1つの国として認めるんだと。つまり中東半島、アラビア半島全体を1つの地域にするんだと。だからトルコを追い出してくれという、ご存じの映画がございましたよね、これがマクマホン協定であります。でもその協定は破られました。

 3のほうに行きます。サイクス・ピコ協定。やっぱりヤバイでという形で石油が発見できたんですよね。
 そこでイギリスとフランス。サイクス・ピコ条約(協定)と申しまして、イギリス人がマーク・サイクス、フランス人がフランソワ・ジョルジュ・ピコ。この2人が色鉛筆であのアラビア半島を色分けしていったんですね。ここがイギリスのものだ、ここはフランスのものだと。こういう形で全体の約束はここでも踏みにじったわけであります。で、そうこうしている内にロシアも加わらせろと。自分にも1枚かませろ、というのでイギリス、フランス、ロシアの中で結局色分けが完璧にできたのであります。

 ですから国境線は直線であります。先進国側が引いた人為的な直線であります。その時に引かれたからご存じのように例のクルド民族が5つの国に分割されまして、2千万から3千万の大人口を誇る一民族が国ごとに分割されていっている。ここでまた争っていくということのほうが大事なポイントなんで。それをあいつらはシーア派や何とか派という、なんでイスラムの連中は宗教戦争ばかりするんだと、そういう認識のほうが間違っているのであります。我が日本でも常にそういう社会があったのであります。
               【次号に続く】

大阪労働学校・アソシエ 来年4月開校


物事の本質を見抜く力をつけよう!
2年間の共同生活~目指すは労働と学びの尊厳

連帯労組新館完成イメージ
 連帯労組関西地区生コン支部結成50年記念事業の一環として、本山美彦氏を学長に迎え、来春4月開校する「大阪労働学校・アソシエ」。
 1922年賀川豊彦によってこの地で設立された「大阪労働学校」の系譜をつなぐ新しいもうひとつの学びの場として、熱い期待の中、開校準備が進んでいる。
 同校は、市民にも広く開放され共に学びながら社会の変革者を目指す人々を育む場であり、同校正規学生は2年間、共同生活をおくりながら勉学に集中する事になる。
 卒業生は労働組合運動や協同組合運動を担い支える有為の人材として、現代の世界を蝕む競争至上主義から共生・協働による経済・産業構造の転換のため、関生型労働運動の全国化への先頭に立つ。(※次号、詳細)
【問い合わせ先】roudou.associa@gmail.com 大阪市西区川口2-4-2

『コモンズ』90号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 11・19 安倍改憲阻止!国会前行動
    安倍9条改憲を許さない、森友・加計学園疑惑徹底追及、 安倍内閣の退陣を要求する11・19国会議員会…
  2. 辺野古新基地反対運動に国際平和賞授与
     ドイツ・ベルリンに本部を置く国際平和団体「国際平和ビューロー」(IPB)は24日、スペイン・バ…
  3. 朝まで残業イメージ写真
    「働き方改革」のねらい  安保・戦争法・共謀罪、そして自衛隊の9条追加の改憲をもくろむ安倍政権は、…
  4. 関生春闘
    ミキサー車1000台 バラ車700台 かつてない規模の拡がり   大阪府管内各社へ要求 …
  5. コモンズ最新号目次
    一面 速報】関西生コン・労組連合会 12/12早朝からゼネスト突入 雇用破壊・労働時間…
変革のアソシエ講座のご案内

特集(新着順)

  1. 朝まで残業イメージ写真

    2017-12-12

    雇用破壊・労働時間破壊を狙う安倍政権「働き方改革」/仲村実 ーナショナルセンターを超える共闘を各地でつくりだそう!

  2. 在韓米軍演習

    2017-10-26

    米国「軍産複合体(MIC)」のおそるべき戦後世界史(上)/関西M

  3. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す/大野和興 -一体化するアジア経済

  4. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  5. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る