大阪府市W選挙不毛の結果から「自民も嫌い、共産も嫌い」

大阪府市・W選挙 「おおさか維新の会」の2候補の圧勝に終わった大阪府知事選・市長選であった。低投票率の中でのこの票差は、「維新の会」に対する民衆の根強い支持がほぼ不動であると見ざるを得ない。
 8年前に橋下を府知事に押し上げた反知性主義の熱狂で、何ら建設的でない破壊だけの主をヒーローに崇める衆愚政治が、この大阪を支配し続けている。それには、深く物事を追求しないという関西マスコミ界が深く関わっての事なのだが。

 別掲の、橋下なる人物のまったく整合性のない反射的言動は、まさにテレビ的な場当たりそのものではないか。でもこれらは、前後の文脈を辿ることを嫌がる刹那的かつ一種の判り易さを求める大衆の肌合いにははまったものと言えるだろう。 肝心の大阪をどうするかを棚上げにして、「元に戻すのか、前に進めるのか」という「イエス」or「ノー」の二者択一を迫るという、維新の設定した強烈なメッセージ=ポリティクスが今回奏功した。

 都構想をめぐる住民投票で前面に出された統治機構改革の原則論や詳細な行政的論点はぼかし、前に進めるか元に戻すのか…かつての闇の大阪市政―自民の時代に戻していいのかという雰囲気にのみ絞り、維新橋下は争点を思い通りに単純化した。その、分かり易さに流れる有権者に二択を迫る手法。しかも自民の2候補は無所属で出馬した経緯もおろそかに、終盤、安倍首相との一致団結タッグ写真を前面に押し出し、心ある選挙民を白けさせた。(大阪・S)

『コモンズ』90号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. キャンプ・ハンセン
     玉城デニー知事は7月16日県庁で記者会見し、沖縄県内で新たに、米海兵隊キャンプ・ハンセン…
  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目
    民主化後には例のない巨大与党となった文政権 (前号からのつづき) 与党・共に…
  3. ①人種差別の完全撤廃を叫ぶ米国民衆①人種差別の完全撤廃を叫ぶ米国民衆
    数百万民衆、人種差別撤廃と人民解放叫ぶ歴史的一日  アメリカでは、6月19日をジュー…
  4. ワーカーズコープ
     会期末も迫った6月12日、社会民主党、立憲民主党、国民民主党、日本共産党に自民党、公明党…
  5. 労働学校アソシエ・ プラットフォーム新時代発表会にて
     大阪労働学校アソシエを中心に集う20代の編集者チームが、フェミニズムの主要なテーマでもあ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  2. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  3. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  4. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

  5. 「銃剣とブルドーザー」による沖縄基地建設

    2020-7-3

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(3)/伊波洋一 米軍統治下での基地建設と返還への想い 幻の屋良建議書

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る