呼びかけ「特定秘密保護法案を廃案・廃止に追い込む言論ゲリラ戦を展開する」声明

呼びかけ人になってください!


「非有名人記者・編集者は特定秘密保護法案を廃案・廃止に追い込むために
言論ゲリラ戦を展開する」声明


大野和興さん 衆議院を強行突破し、いま参議院で審議されている特定秘密保護法案は、権力によるとめどない「国家機密」の拡大で市民の手足を縛ります。そのことは、権力を監視し、情報の市民に届けることを任務とする第一線記者・編集者の仕事や活動の場を奪うことでもあります。さまざまな媒体を使って情報を発信している無名の記者、編集者、ブロガ―、ツイッターやフェイスブックなどによる情報発信者、映像制作者、フォトジャーナリスト、翻訳家などなど、数多くの方々に、特定秘密保護法案廃案・廃止に向け、言論ゲリラ戦を呼び掛ける声明を発します。賛同いただける方は「呼びかけ人」になっていただき、声明の輪を広げていきたいと考えています。連絡先は「ベリタ」内に置きます。よろしくお願いします。(大野和興)

声明文



 私たちは大小、ミニのメディアの最先端で働く名もなき記者、編集者です。日々こき使われ、正直へとへとですが、衆議院で強行採決され、いま参議院で審議が始まっている特定秘密保護法案を黙って見逃すことはできません。なぜなら、この法律が成立したら、私たちの生計の道・活動の道が断たれてしまうからです。取材し発信することが極度に制限されるこの法律は、私たちの仕事や活動の場を奪い、食えなくさせてしまうでしょう。

 特定秘密保護法案は「特定」とは名ばかりで、人々が知りたい、あるいは知らなければならないあらゆることが、権力によって秘密のベールに覆われ、その秘密をもらした人も秘密に接近しようとした人もその秘密を発信した人も、身辺を洗われ、パソコンを押収され、あげくは厳罰に処せられることになります。
 私たち非有名記者、編集者はもとより金に縁はなく、とても貧乏ですが、この仕事が好きで、誇りをもって働いています。その仕事をこんな法律で奪われることを断固拒否します。幸い私たちにはたたかう武器があります。ウエブサイト、ブログ、ツイッター、ファイスブック、印刷・手書きの紙媒体、映像・写真、ファックス、手紙などなどあらゆるメディアを使い、聞き込み張り込み尾行をはじめとする鍛え抜かれた取材技術を駆使して、特定秘密保護法案廃案・廃止に向け言論ゲリラを展開します。
以上、宣言します。

◆呼びかけ人(アイウエオ順)(12月1日現在)
生田あい((月刊「コモンズ」編集長)、印鑰智哉(Tomo’s blog)、上垣喜寛(記者(地域、経済)The Journal)、大野和興(記者 農業・食料)日刊ベリタ)、岡本和之(記者(アジア)、笠原真弓(映像)、上林裕子(記者(環境、食、消費、人権))、坂本正義(記者(労働、人権)地域と労働運動誌)、西岡千史(記者(社会 経済、政治)The Journal)、沢江美子(記者(農、食、女性))、高野幹英(月刊「コモンズ」編集局員)、偽百姓(「Nice百姓通信」編集長)、根本行雄 著述者(人権、司法)、平田伊都子(国際ジャーナリスト)、堀 純司(有機農業ニュースクリップ 映像)、村上良太(記者 テレビディレクター)、山下 茂(IT情報発信「うぃんど~ず注意報」)、山崎芳彦 (歌人 短歌評論)
(以下続々増えます)

◆連絡先  大野和興
〒169―0051 東京都新宿区西早稲田1―9―19―207 日刊ベリタ
korural@gmail.com fax:020―4665―2232

(コモンズ第66号3面)

大野 和興

大野 和興ジャーナリスト

投稿者プロフィール

1940年生まれ、ジャーナリスト(農業・食料問題)。本紙編集委員、『日刊ベリタ』編集長、アジア農民交流センター世話人、脱WTO/FTA草の根キャンペーン事務局長、日本国際ボランティアセンター理事、国際有機農業映画祭実行委代表などを務める。『日本の農業を考える』(岩波ジュニア新書)、『食大乱の時代』(七つ森書館)、『百姓が時代を創る』(七つ森書館)、『農と食の政治経済学』(緑風出版)など著書多数。

この著者の最新の記事

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-12-2

    現在に生き続ける植民地主義<連載第3回> 日本における植民地主義

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 借金なし大豆
    (→先月号からの続き) 秩父郡横瀬町の百姓、八木原章雄さんの話を聞いた。 幻の大豆  借金なし物…
  2. technology-slaves2
     スマホの世帯普及率がガラケーを上回ったのは2015年度。つい2年前にすぎない。そして今、電車に乗る…
  3. シンポジウム:イタリアの連帯思想とその実践
    シンポジウム「イタリアの連帯思想とその実践       -社会的連帯経済のネットワーク形成に向けて…
  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム
     関西地方の労使双方の有志によって「社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム-」が、大阪…
  5. ウオール街占拠デモ
    国際援助団体「オックスファム」が2014年に公表した報告書によれば、多くの国で経済格差が拡大しており…
さようなら原発 さようなら戦争全国集会

行動予定

特集(新着順)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  2. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  3. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  4. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

  5. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る