アーカイブ:2014年 11月

  • ソウル宣言シンポジウム

    「2014グローバル社会的経済協議体創立総会及び記念フォーラム」概要

    全地球的な危機と地域問題の解決を追求するために、全世界の社会的経済の先進都市及び民間組織の協力と連帯の場の「2014国際社会的経済協議体の創立総会及びフォーラム(2014 Inaugural Meeting of the Global Social Economy Forum; GSEF2014) 」が2014年11月17日から19日まで3日間、ソウルで開催されます。今回の総会では、昨年開催された2013国際社会的経済フォーラム(GSEF2013)に続き、社会的経済の活性化に社会問題を解決していきている全世界の革新都市と様々な国内外の団体が一堂に会し、より良い未来のためのビジョンと経験を共有し、相互協力を約束するネットワークの場です。

  • フェリシダッドさんと支援者のレチルダさん

    安倍政権の「従軍慰安婦」問題否定を許さない!シンポジウム「性奴隷」とは何か

    朝日新聞及び朝日放送が従軍慰安婦報道についての故吉田清治氏の証言を「誤報」として撤回し謝罪会見をしてから、この間の「従軍慰安婦問題否定派」による朝日バッシングはすさまじい。中でも安倍晋三は日本の歴史的責任を葬り去ろうと必死だ。これに対する反撃が、長年この問題に取り組んできた良識ある人々によって今開始されている。歴史修正主義者たちの改ざんをゆるさず闘おう!

  • 治安弾圧を阻止しよう

    うち続く治安立法攻撃を阻止しよう/永嶋靖久(弁護士)

    秘密保護法の施行が12月10日に強行されようとしている。昨年国会に上程されたカンパ禁止法改悪案は現在衆議院で審議中だ。今国会には、テロリスト指定・資産凍結法案(テロ新法)が上程されている。来春通常国会には、盗聴法改悪・司法取引を主な内容とする法案が上程の予定だ。共謀罪の上程も狙われている。これら一連の治安立法攻撃は、集団的自衛権行使を容認した安倍政府が、実際に戦争を始めるための不可欠の準備だ。

  • 労働法制の改悪を許すな!/仲村 実(管理職ユニオン関西)

    「世界で一番企業が活動しやすい国」をめざす 安倍内閣と対決する労働運動を! ■今臨時国会成立が狙われている労働者派遣法の改悪 [caption id="attachment_6906" align="ali…
  • 「立命館・今に向き合う会」の講演会

    立命館大学・ヘイト右翼への反撃<今に向き合う会・結成>

    インターネットサイトや2チャンネルに常駐して、一般市民に対し、ヘイト意識剥き出しでの言論暴力をまき散らすいわゆるネトウヨ(インターネット右翼)たち。これらひと握りが、今年1月頃から「立命大朝鮮人講師・署名疑惑事件」というネット上での騒動を巻き起こして来た。この反動的風潮に対し、同大学の教員8人が「立命館・今に向き合う会」を結成。現総長に「毅然とせよ」と求め

  • 工事車輌の侵入を阻む市民たち(10/18京丹後市)

    「Xバンドレーダー」で近畿初の米軍進駐

    米日の軍事路線推進派が目論む、核戦争想定配備での中心的設備「Xバンドレーダー」(ミサイル防衛用移動式早期警戒レーダー)が、21日午前4時半ごろ米軍経ケ岬通信所(京都府京丹後市丹後町)への搬入を完了させた。住民は、本体を搭載したトレーラーを囲み抗議したが、米軍側は、米陸軍第14ミサイル防衛中隊の発足式を翌22日、隣接の航空自衛隊経ケ岬分屯基地で開いた。戦後駐留撤退以降では近畿初になる〈米軍進駐〉が強行された。これに対し、「住民の安全安心を守る約束を果たしていない」として建設工事の一時中止と府民への説明を求める緊急要請書が、米軍基地建設反対丹後連絡会と米軍基地建設を憂う地元住民や京都府民の会から関係者に提出された。

  • 川内原発再稼働阻止! テント

    川内原発再稼働阻止!テント宣言

    九州電力川内原発の再稼働を巡り、11月5日―7日まで地元の鹿児島県議会が臨時議会を開く。多くの現地住民の不安や反対を切り捨てて、原発独占の意を受けた安倍政権が宮沢経済産業相などを次々と現地に送り画策した結果、自公はじめ県議の過半数が再稼働容認に転じての臨時議会で再稼働推進の陳情が採択される公算大と報じられている。絶対に再稼働を許してはならない。9月末、川内原発再稼働阻止のために、新たに設置された「テント宣言」を紹介する。再稼働阻止へ、共に頑張ろう!

  • 1965年10月、5分会180人でスタートし50年を迎えた全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部(武建一執行委員長)の第50回定期大会が、大阪市東淀川区共同会館アソシエで開催され、近畿2府4県から参加の百数十名の代議員を前に武委員長は、「組合結成半世紀の礎を基にさらに次なる100年を目指したい」と挨拶をした(大要下記)。

    連帯労組関生支部・節目の50回定期大会

    1965年10月、5分会180人でスタートし50年を迎えた全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部(武建一執行委員長)の第50回定期大会が、大阪市東淀川区共同会館アソシエで開催され、近畿2府4県から参加の百数十名の代議員を前に武委員長は、「組合結成半世紀の礎を基にさらに次なる100年を目指したい」と挨拶をした(大要下記)。

  • 翁長雄志さん歴史的圧勝

    速報】翁長雄志さん歴史的圧勝!推進派現職に10万票の大差!

    16日、投開票の沖縄県知事選挙は、辺野古新基地建設阻止を掲げる翁長雄志さんが、自民党安倍政権が総力で支援した基地推進派で現職の仲井真知事を、10万票近い大差で破って初当選、歴史的な勝利を圧勝で飾った。同時に投票された那覇市長選挙でも、翁長さん後継の城間幹子さんが自公候補を破って当選。さらに県議補選では那覇市区の比嘉瑞己さん、名護市区の具志堅徹さんと基地反対派の当選が続き、沖縄市区は落としたものの、5人のうち4人までも基地建設反対派が勝利。これで建設予定地である名護市の稲嶺市長に続き、知事と県庁所在地の両方を反対派が押さえたことになる。

  • たっぴらかせ!安倍政権10・24 辺野古新基地建設阻止集会

     10月24日、東京・文京区民センターで「たっぴらかせ!(やっつけろ!)安倍政権、今こそ止めよう!辺野古新基地建設阻止集会」が沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックの主催で行われた。  外間三枝子さんの主催者あいさつに続…

カテゴリ一覧

  1. コモンズ最新号目次
季刊「変革のアソシエ」No.29

アーカイブ

さようなら原発 さようなら戦争全国集会

最近の記事

  1. 枯れた花
  2. 借金なし大豆
  3. technology-slaves2
  4. シンポジウム:イタリアの連帯思想とその実践

特集(新着順)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  2. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  3. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  4. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

  5. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る