デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 東京MXテレビは訂正と謝罪を!
第32回抗議行動/半蔵門駅

いつ:
2018年2月8日 @ 18:30 – 19:30
2018-02-08T18:30:00+09:00
2018-02-08T19:30:00+09:00
どこで:
東京MXテレビ本社前
日本、〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目12
料金:
無料
連絡先:
沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志

東京MX「二ユース女子」はちゃんと謝ってください
◆日 時:2018年2月8日(木)18:30~19:30
◆場 所:東京MXテレビ本社前
     千代田区麹町1-12
     地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅 3A番出口
     地図→http://s.mxtv.jp/company/map.php
◆呼びかけ:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志
      https://twitter.com/nonewsjyoshi
◆連絡先:nonewsjyoshi@gmail.com

 昨年12月14日、BPO(放送倫理・番組向上機構)が、「ニュース女子」(東京MXテレビ、2017年1月2日放送)には「重大な放送倫理違反があった」とMXに意見しました。
 沖縄の基地建設反対運動への取材がなかったことを見過ごし、事実の裏付けの確認も怠ったなどの問題点を挙げ、「本来放送してはいけない番組だ」と厳しく批判しました。

 しかし、MXは同日、「考査体制の改善に着手している」「再発防止に努める」というコメントを発表しただけで、現在に至るまで、訂正も謝罪もしていません。
 「捏造、虚偽があったとは認められない」という自社の見解も撤回していません。

 同番組で司会をしている長谷川幸洋氏も『WILL』2月号の対談記事で、「(番組で)『基地に反対する活動家たちが金銭を受け取っていた』『救急車の通行を妨害した』と伝えたが、デマを流したわけではない」と、BPOが裏付けがないと否定した「事実」を蒸し返しています。
 同氏はまた「この番組は今日を最後に終わる覚悟でやっている」とも開き直っています。

 MXはこんな番組をいつまで続けるのでしょうか?
 MX抗議行動の1周年にあたる1月11日、私たちは、「どのように考査体制を見直し、再発防止に努めるのか、公共の電波を預かる企業として、説明責任を果たすこと」を新たに加えた申し入れ書を提出しようとしました。
 しかしMXは受け取ろうともしませんでした。
 全く誠意のない姿勢を続けているMXに対し、引き続き訂正と謝罪を求めていきましょう。

【行動のねらいとガイドライン】
 MXの良心を励まし、訂正と謝罪を求めます。
 人をおとしめるような言葉は使いません。
 妨害されても挑発に乗らず、抗議に集中しましょう。
 単独で動かず、相談してみんなで動きましょう。
 動画撮影は許可制です。顔がわかる撮影は本人の了解を得てください。

 抗議行動やデモのための諸経費がかかります。支援カンパをお願いします。
 口座名:中央労働金庫 新宿支店 普通149400 沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民

*MX前での抗議行動は第2・第4木曜日です。
 最新情報はTwitter @nonewsjyoshiでご確認下さい。

—————————————————
 大阪の毎日放送のラジオ番組「こんちわコンちゃんお昼ですよ!」で昨年12月26日、パーソナリティーが沖縄の基地反対運動について、「特定の勢力が日本を分断しようとしている」と発言した件で、同放送の社長は1月18日、謝罪しました。
 こんな当たり前のことも出来ないMXに抗議の声を!
  MX問い合わせ先 0570-070-009
—————————————————
 『WILL』2月号では、かつて「沖縄の二紙は潰さなあかん」と暴言を吐いた作家の百田尚樹氏が「ニュース女子」にも出ている我那覇真子氏とスカイプで対談。
 我那覇氏は、百田氏が沖縄で講演した内容を批判した『沖縄タイムス』をこき下ろし、「公の場で百田先生がストレートな発言をして下さり県民が大拍手をした」と相変わらずのデマ発言を連発しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2008-6-10

    5.11 結成総会の報告 時代に起つ決意固め、運動概念型新党「革命21」準備会がスタート!

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る