カタロニア賛歌~ナショナリズムと自治とのあいだで【attac Bar】/神田

いつ:
2018年1月15日 @ 19:00 – 21:00
2018-01-15T19:00:00+09:00
2018-01-15T21:00:00+09:00
どこで:
attac首都圏事務所
日本、〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1丁目21−7 静和ビル
料金:
会費500円(会員300円)
連絡先:

Homage to Catalonia カタロニア賛歌
【要申し込み】 attac-jp@jca.apc.org まで
 ※座席に限りがあるので、申込制になっています。
 ※詳細ページ http://attaction.seesaa.net/article/455476804.html

1月15日におこなうカタルーニャ独立問題に関するイベント企画のご案内です。
★おはなし 海老原弘子さん
★日 時 2018年1月15日(月)19:00~21:00
★場 所 attac首都圏事務所
 千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1階A スペース御茶ノ水
 地図 http://chizuz.com/map/map134432.html
★会 費 500円(会員300円)
 ※スペインワインかキューバーコーヒー1杯付

 スペイン・カタルーニャ州の独立運動に注目が集まっています。
 2017年10月1日に行われた独立を問う住民投票を巡り、中央政府の暴力的弾圧と独立運動の抵抗、そして12月21日には州議会選挙が行われました。
 カタルーニャの問題がきっかけでスペインで起こっている議論は、ひとつのヨーロッパというEUの理念と現実との乖離のなかで左派がどうナショナリズムと向き合うかという問題ともいえます。
 バルセロナの左派自治運動やオルタグローバリゼーションの観点から、この問題に注目してきた海老原弘子さんにお話を伺います。

 海老原さんは、
 「欧州の左派の凋落はナショナリズムの台頭とパラレルで、EUという具体的な形での新自由主義グローバリゼーションの進行がナショナリズムを掻き立てることに、欧州の左派が無頓着だったことが現在の欧州の右傾化を招いてしまった大きな要因の一つだとおもいます。」
 「ナショナリズム批判の立場からナショナリズムの問題を放置してきたことで、極右や右派がナショナリズムの問題を独り占めすることを許してしまった。ポデモスにはそれを反省する視点があったから、スペインでナショナリズムの対抗思想として発展したフェデラリズム(連邦主義)を復活させようとしています。」
と述べています。
 日本の社会運動にとっても無縁の課題ではありません。ぜひご参加ください。

★海老原さんのtwitterはこちら
 https://twitter.com/ramonbookprj

 海老原さんはattacスペインの『もうひとつの道はある:雇用と社会福祉のための提案』を共訳出版されています。当日も割引販売の予定です。

★『もうひとつの道はある:雇用と社会福祉のための提案』
 ビセンス・ナバロ、ホアン・トーレス・ロペス、アルベルト・ガルソン・エスピノサ著、吾郷健二、海老原弘子、廣田裕之訳、柘植書房新社、2500円
 くわしくはこちら↓
 https://ramonbook.wordpress.com/2013/10/17/hay-alternativas-a-japon/

もうひとつの道はある
  • ビセンス ナバロ, ホアン トーレス ロペス, アルベルト ガルソン エスピノサ
  • 価格   ¥ 2,700
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで見る

 カタルーニャ州議会選挙で、独立派が135議席のうち70議席の過半数の見込み、独立には中立のポデモスは8議席という報道ですが、ぎりぎり過半数、という感じでしょうか。
 2017/12/22 日経新聞記事
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24951050S7A221C1MM0000/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. March_For_Our_Lives 命のための行進

    2018-4-26

    銃乱射事件から一ヶ月 全米で百万人が「命のための行進」

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. 第10期沖縄意見広告運動スタート集会
    ■あきらめない、声を上げ続けよう ■ 日時:2019年1月18日(金)18時開始 ■ 会…
  2. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗
    9条改憲・辺野古新基地・関生「共謀罪」弾圧阻止の正念場 安倍政権打倒の年に 敵の弱点に刺さりこむ…
  3. 大阪府警本部前に翻る連帯旗
    年頭に当たって――― 日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時  わたくしたち…
  4. コモンズ最新号目次
    ※次号発売日までに、順次Web上でも公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利…
  5. 明けましておめでとうございます
    旧年中はご購読、アクセス、暖かい励ましのお便りやメール、それに数々のご支援、本当にありがとうございま…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 第10期沖縄意見広告運動スタート集会

    2019-1-16

    1・18 第10期沖縄意見広告運動スタート集会へ

  2. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

  3. 支援学校で苗を植える

    2018-12-27

    農が人と地域を変える/西沢江美子 ―地元の特別支援学級の子どもたちと小さな直売所をつくってみた

  4. 帝国憲法を発布する明治天皇

    2018-12-25

    特別連載】天皇制と闘うとはどういうことか(5)/菅孝行(評論家) 第五回 近代天皇制の起源・展開・終焉

  5. 労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会

    2018-12-16

    動画速報】労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る