憲法、沖縄、市民のちから 9・22兵庫県集会 仲村未央さん講演/神戸

いつ:
2018年9月22日 @ 14:00 – 17:00
2018-09-22T14:00:00+09:00
2018-09-22T17:00:00+09:00
どこで:
兵庫県私学会館 大ホール
日本、〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通4丁目3−13
料金:
参加費:800円
連絡先:
こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO
090-3652-8652

■ 日 時:2018年9月22日(土)14:00~17:00

■ 場 所:兵庫県私学会館4階 大ホール
 兵庫県神戸市中央区 北長狭通4丁目3−13
 http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html

■ 参加費:800円(学生、生活困難者400円)

■ プログラム:
 お話:仲村未央さん(沖縄県議会議員)  
 アピール:
 ストップ改憲・兵庫のとりくみ
 辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動
 
■ 仲村未央(なかむら・みお)さんプロフィール ■
 1972年沖縄市(旧コザ市)生まれ。この年は戦後27年間続いた米軍占領から沖縄が日本に返還された年で、この年生まれの者は沖縄で「復帰っ子」と呼ばれる。
 琉球新報記者として米軍用地の強制収容、米軍基地から発生する爆音被害や事件事故、日米地位協定など、住民の命とくらしに直結する基地問題を追う。その原点として沖縄戦と住民の犠牲、国策と地方自治についても掘り下げてきた。
 2008年から沖縄県議会議員(現在3期)。凄惨な地上戦を経て、いまなお軍地基地の被害が絶えない沖縄において、県民の願いは9条(戦争の放棄)。いのちを後回しにしない政治を訴え、基地の県内移設阻止、日米地位協定改定、海兵隊撤退の取り組みを進める。

■ 呼びかけ文
 安保関連法の採決強行から3年。
 森友、加計問題のウソと開き直り、近隣諸国への好戦的外交、沖縄基地負担の推しつけ、働かせ放題「改革」など、民意に逆らうひどい政治が続きました。
 9月に「三選」されれば、安倍時代は9年!改憲の動きを加速させ、私たちのいのちとくらしはさらに脅かされます。
 「あきらめない。ねばり強く」復帰っ子として「返還」後の沖縄を生き、向き合ってきた仲村未央さんから、「辺野古新基地建設、沖縄のいま、憲法」についてお聞きします。
 どうぞ、ご参加ください。

■ 主催・問い合わせ先:
 こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO
 http://shimindemohyogo.blog.fc2.com/
 090-3652-8652(高橋)
 saltshop@kobe.zaq.jp(高橋)  

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 中国を分け取りにする帝国主義列強

    2016-12-2

    現在に生き続ける植民地主義<連載第3回> 日本における植民地主義

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 二月 節分イラスト
    ※今号の編集後記と次号予告は、紙面割りの都合で割愛しました。 購読のお申し込み・投稿…
  2. 募ってはいるが、募集はしていない by 安倍
    コロナウィルス アベウィルスとからみあい 安倍打倒 同士を募る 募集する …
  3. 月歩双書『プラットフォーム新時代』
    大阪労働学校アソシエの運営・企画の月歩双書Ⅰ『プラットフォーム新時代』(社会評論社発行、定価900…
  4.  関西で頑張っておられる古賀さんに敬意を評します。献身的な努力にはいつも頭が下がる思いがい…
  5. アヘン戦争
    右から左まで 香港で「自由・民主」を求めて、直接には逃亡犯条例改正問題をめぐって100万人以上のデモ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  2. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  3. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  4. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  5. 2020-1-18

    韓国】ろうそく民衆の検察改革は勝利へ前進/村山和弘 -2020年「韓国の民主的な国家改造」が本格化する

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る