ドキュメンタリー「OKINAWA1965」草津上映会

いつ:
2018年9月16日 @ 13:30 – 15:30
2018-09-16T13:30:00+09:00
2018-09-16T15:30:00+09:00
どこで:
草津市民交流プラザ
日本、〒525-0059 滋賀県草津市野路1丁目15−5
料金:
当日¥1200 前売¥1000 中学生以下¥500
連絡先:
「OKINAWA1965」を観る会
090-2011-0316

OKINAWA1965
■ 日 時:2008年9月16日(日)13:30~15:30

■ 会 場:草津市民交流プラザ 大会議室
 滋賀県草津市野路1丁目15−5
 JR「南草津」駅下車・フェリエ南草津5F
 https://www.kusatsu-plaza.com/access

■ 協力金:当日¥1200 前売¥1000 中学生以下¥500

■ 主 催:「OKINAWA1965」を観る会
 連絡TEL090-2011-0316

OKINAWA1965
 1965年、米軍占領下の沖縄。
 本土復帰を求める祖国復帰行進のさなか、報道写真家の嬉野京子さんによって1枚の写真が撮られた。幼い少女が無残にも米軍のトラックに轢殺された、当時の沖縄の縮図ともいえる写真だ。アジア・太平洋戦争末期、凄惨な地上戦で多くの犠牲を払った沖縄には、戦後も案寧が訪れることはなかった。県民の土地は米軍により、武力によって強奪され、そこには戦争のための基地が作られた。そこにh駐留する米兵の起こした事件は、さらに人々を傷つけた。これに沖縄の住民たちは立ち上がり、本土復帰は成った。しかし、“基地のない平和な沖縄に”という願いは未だ果たされていない。
 「OKINAWA1965」この映画は平和を求め続けた、元海兵隊員のアレン・ネルソンさんや、沖縄のガンジーこと阿波根昌鴻さんをはじめとした人々の、想いの記録。沖縄の戦後はまだ終わっていない。求めるものは新辺野古基地建設断念、ひいては全ての基地の廃止。そして平和な未来への、願い――


映画公式サイト:http://longrun.main.jp/okinawa1965/

<書籍版発売>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 南西諸島地図

    2018-2-28

    STOP!南西諸島の自衛隊配備 院内集会&政府交渉 日本を中国攻撃の尖兵に使う 米オフショア・コントロール戦略

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る