ドキュメンタリー「OKINAWA1965」草津上映会

いつ:
2018年9月16日 @ 13:30 – 15:30
2018-09-16T13:30:00+09:00
2018-09-16T15:30:00+09:00
どこで:
草津市民交流プラザ
日本、〒525-0059 滋賀県草津市野路1丁目15−5
料金:
当日¥1200 前売¥1000 中学生以下¥500
連絡先:
「OKINAWA1965」を観る会
090-2011-0316

OKINAWA1965
■ 日 時:2008年9月16日(日)13:30~15:30

■ 会 場:草津市民交流プラザ 大会議室
 滋賀県草津市野路1丁目15−5
 JR「南草津」駅下車・フェリエ南草津5F
 https://www.kusatsu-plaza.com/access

■ 協力金:当日¥1200 前売¥1000 中学生以下¥500

■ 主 催:「OKINAWA1965」を観る会
 連絡TEL090-2011-0316

OKINAWA1965
 1965年、米軍占領下の沖縄。
 本土復帰を求める祖国復帰行進のさなか、報道写真家の嬉野京子さんによって1枚の写真が撮られた。幼い少女が無残にも米軍のトラックに轢殺された、当時の沖縄の縮図ともいえる写真だ。アジア・太平洋戦争末期、凄惨な地上戦で多くの犠牲を払った沖縄には、戦後も案寧が訪れることはなかった。県民の土地は米軍により、武力によって強奪され、そこには戦争のための基地が作られた。そこにh駐留する米兵の起こした事件は、さらに人々を傷つけた。これに沖縄の住民たちは立ち上がり、本土復帰は成った。しかし、“基地のない平和な沖縄に”という願いは未だ果たされていない。
 「OKINAWA1965」この映画は平和を求め続けた、元海兵隊員のアレン・ネルソンさんや、沖縄のガンジーこと阿波根昌鴻さんをはじめとした人々の、想いの記録。沖縄の戦後はまだ終わっていない。求めるものは新辺野古基地建設断念、ひいては全ての基地の廃止。そして平和な未来への、願い――


映画公式サイト:http://longrun.main.jp/okinawa1965/

<書籍版発売>

OKINAWA 1965
  • 都鳥 伸也, 都鳥 拓也
  • 価格   ¥ 1,944
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 6・18第八期沖縄意見広告運動 関東報告集会

    2017-8-3

    6・18第八期沖縄意見広告運動 関東報告集会に400名が結集

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019.5.25国会包囲
     5月25日(土)、2月の沖縄県民投票以来最初の全国的集会が全国で開催され、全国32都道府県38…
  2. コモンズ最新号目次
    記事はWeb上でも順次に公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい。 …
  3. 2019大阪・中ノ島メーデー
    天皇即位反対大阪集会も同日開催 リレートークで盛り上がり  5月1日大阪13時小雨の中、大阪市…
  4. 2019日比谷メーデー
     安倍政権による差別的政策はあまりにもあからさまで目を覆うばかりである。没落の道をたどる日本資本主義…
  5. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
    「天皇代替わり」攻撃に抗し全国各地で第90回メーデー挙行! 社会の主権者は労働者民衆自身である。[…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る