チェルノブリ 32 周年の集い チェルノブイリとフクシマを結んで

いつ:
2018年4月15日 @ 13:30 – 16:30
2018-04-15T13:30:00+09:00
2018-04-15T16:30:00+09:00
どこで:
大阪市立生涯学習センター
日本、〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1−2−2
連絡先:
チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西

チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西チェルノブリ 32 周年の集い
チェルノブイリとフクシマを結んで

8 年目のフクシマと向き合い、被害者と共に健康・くらしを守ろう。
フクシマを核時代の終わりの始まりに。

*報告1:8年目の福島を訪れて(「救援関西」フクシマ訪問団)
*報告2:チェルノブイリ支援・交流の経験からフクシマの健康と医療保障を考える(「救援関西」事務局)
*質疑・討論
*アピール
<バザー:ベラルーシの民芸品、手作りケーキなど>

■日時:2018年4月15日(日)13:30~16:30

■場所:大阪市立生涯学習センター第1研修室
 大阪市北区梅田1丁目2−2−500 大阪駅前第2ビル
 http://osakademanabu.com/umeda/access

■主催:チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西
 http://wakasa-net.sakura.ne.jp/che/

 4月15日大阪での「チェルノブイリ32周年の集い」では、「福島訪問」報告を行い、関西の皆さんに被災地の様子や人々の近況をお伝えしたいと思います。

 福島では、「復興」の掛け声のもとに、「リスク・コミュニケーション推進」「風評被害払拭」が喧伝され、被ばくによる「健康被害」は、「今も、これからも出ない」ものにされつつあります。

 しかし現実には事故により無用な被ばくをさせられ、健康リスクを負わされたのです。原発を推進してきた国の責任において、全ての被害者に「健康手帳」を交付するなど、生涯にわたる健康管理と医療・生活保障を行うことは当然のことで、最低限の国の責任です。福島県県民健康調査では、事故当時18歳以下だった子どもたちのうち、すでに200名近い「甲状腺がん・疑い」の診断がなされています。

 「集い」では、ヒロシマ・ナガサキの被爆者の運動にも学び、チェルノブイリ支援・交流の経験も活かし、事故被害者の健康と医療保障を国の責任で行わせるために、事務局報告をふまえて皆さんと一緒に話し合い考えたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. フランス老人ホームでストライキ

    2018-3-6

    世界潮流】ストライキで未来切り開く労働者たち 独・仏・韓からの報告

季刊「変革のアソシエ」No.32

最近の記事

  1. 「業種別職種別ユニオン運動」研究会 連続3回講座
    「業種別職種別ユニオン運動」研究会へご参加を! 8・25 第一回「関西生コン支部の歴史と現状」  …
  2. TYK高槻生コン
    ヘイト集団追い詰める - 勇気ある一企業が突破口 協同組合の私物化 違法な出荷割り付け減らしは許さ…
  3. 武建一
    本号の関連記事一覧 ・6・23 総決起集会報告 ・人種差別主義者のユニオン潰しと闘い抜く/武建一…
  4. 「奴らを通すな!」差別・排外主義集団一掃への反撃体制を構築 全ての権力弾圧を許さず!怒り頂点 …
  5. 暑中お見舞い申し上げます
     大阪北部地震の被災者の皆様、西日本集中豪雨の被災者の皆様に、心からお見舞い申し上げます。  世界…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. TYK高槻生コン

    2018-7-18

    勇気ある一企業の声が突破口開いた-大阪広域協4人組が全面敗訴

  2. 2018-7-16

    大阪中央公会堂 6・23 総決起集会 「奴らを通すな!」響き渡る1150名のコール

  3. 史上初の米朝首脳会談

    2018-7-11

    史上初の米朝首脳会談と「共同声明」を歓迎する

  4. 連帯と公正

    2018-6-25

    連載6】競争と分断の共進化から 連帯と協同の共進化へ-組合と経営者の協働による連帯経済/斎藤日出治

  5. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表

    2018-6-21

    現場から】心身を蝕む長時間労働の実際-安倍「働き方改革」法批判

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る