イタリアの連帯思想とその実践 社会的連帯経済のネットワーク形成に向けて-ジャンフランコ・マルゾッキ氏来日講演(大阪)

いつ:
2017年10月28日 @ 13:00 – 15:30
2017-10-28T13:00:00+09:00
2017-10-28T15:30:00+09:00
どこで:
学働館・関生 4階ホール
日本、〒550-0021 大阪府大阪市西区川口2丁目4
料金:
資料代:1000円(学生・非正規500円)
連絡先:
大阪労働学校・アソシエ
06‐6583‐5555

大阪シンポジウム:イタリアの連帯思想とその実践
シンポジウム:イタリアの連帯思想とその実践
 社会的連帯経済のネットワーク形成に向けて

 -ジャンフランコ・マルゾッキ氏来日講演
■日 時:2017年10月28日(土)13時~
■場 所:学働館・関生 4階ホール
 大阪市西区川口2-4-2(アクセス
■主 催:大阪労働学校・アソシエ
■協 賛:大阪兵庫生コン経営者会/関西生コン関連労働組合連合会/中小企業組合総合研究所/ソウル宣言の会・関西/「社会的連帯経済研究会」青年部 ほか
■資料代:1000円(学生・非正規労働者:500円)
■連絡先:学働館・関生
 〒550‐0021 大阪市西区川口2-4-2
 TEL:06‐6583‐5555 FAX:06‐6583‐5560
 E-mail:info@ola-associe.or.jp
————————
講師:マルゾッキさんの紹介 GIANFRANCO MARZOCCHI(ジャンフランコ マルゾッキ)
 1953年1月14日イタリア、フォルリ生まれ。
 既婚、子供4人。

 35年以上にわたり協同組合運動に取り組み、全国レベルの重要な役割を担う。
 イタリアにおける社会的協同組合の創設に貢献した一人であり、「社会的協同組合連盟」の州連盟理事長を経て、全国連盟の理事長を務めた。

「第三セクター常任全国フォーラム」の設立に参加。
 最初の3年間(1997年-2000年)スポークスマンを務め、「労働・社会的協同における欧州組織」(CECOP)の委員を務めた。
 「倫理銀行」の創立組合員および理事として同銀行の発起人の一人である。

組織化、戦略的計画、企業経営の専門家であり、社会的、経済的分野における協同組合と非営利組織の存在の振興と発展に貢献。

閣僚会議、関係閣僚会議メンバーとして、福祉、協同、社会的権利に関する州法、国法の制定に協力。
 さらに1999年に「第三セクター常任全国フォーラム」と政府の間で「イタリアのための協定の補足協定」の約定を調整した。

「協同組合運動継続教育のための双務機関」(COOPFORM)を主宰し指揮。
 協同組合と非営利組織のための大学教育の促進者の一人である。

2004年から2009年までフォルリ市の文化・大学に関する評議会議員を務め、地域の社会的・経済的発展の要因としての文化促進に貢献。

2014年より「公共事業入札参加のためのロマーニャ・フォルリ15自治体ホールディングス」の理事長。

「協同組合と非営利組織の文化促進イタリアアソシエーション」(AICCON)理事長。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. アメリカの時代は終わった

    2017-1-10

    年頭主張】対米隷従の「この国のかたち」を変える時-沖縄と結び安保破棄・安倍打倒へ

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 11・19 安倍改憲阻止!国会前行動
    安倍9条改憲を許さない、森友・加計学園疑惑徹底追及、 安倍内閣の退陣を要求する11・19国会議員会…
  2. 辺野古新基地反対運動に国際平和賞授与
     ドイツ・ベルリンに本部を置く国際平和団体「国際平和ビューロー」(IPB)は24日、スペイン・バ…
  3. 朝まで残業イメージ写真
    「働き方改革」のねらい  安保・戦争法・共謀罪、そして自衛隊の9条追加の改憲をもくろむ安倍政権は、…
  4. 関生春闘
    ミキサー車1000台 バラ車700台 かつてない規模の拡がり   大阪府管内各社へ要求 …
  5. コモンズ最新号目次
    一面 速報】関西生コン・労組連合会 12/12早朝からゼネスト突入 雇用破壊・労働時間…

特集(新着順)

  1. 朝まで残業イメージ写真

    2017-12-12

    雇用破壊・労働時間破壊を狙う安倍政権「働き方改革」/仲村実 ーナショナルセンターを超える共闘を各地でつくりだそう!

  2. 在韓米軍演習

    2017-10-26

    米国「軍産複合体(MIC)」のおそるべき戦後世界史(上)/関西M

  3. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す/大野和興 -一体化するアジア経済

  4. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  5. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る