「業種別職種別ユニオン運動」研究会 のご案内

2017-6-9

 昨年2月東京で開催された『今こそ当たり前の労働運動へ「関西地区生コン支部労働運動50年―その闘いの軌跡」発刊記念シンポジューム』を受けて、「業種別職種別ユニオン運動」研究会の話が持ち上がりました。
 関生モデルをもっと大きな枠組みで普及する研究会、目的として「業種別職種別ユニオン」を、この日本で普及し根付かせようということです。

 これまで、関生運動は“特殊”として、戦闘性階級性は一目置くけれども、他業種では無理とする考え方がはびこっていました。企業主義・本工主義批判は主張しますが、対抗する具体的な労働組合組織方針を明確にしない考え方です。

 昨年5月以降、木下武男氏を中心とし研究者と弁護士の呼びかけが準備されました。関西生コン支部、生コン関連の圧送労組などの取り組みと、「ブラック企業VS次世代労働組合」といわれる業種別の若者ユニオンの結合と、その全国化の開始であります。
 準備過程で、東京でのエステ業界の最大手「たかの友梨」の争議で業種別の視点で闘った若者のユニオンの活動家、ナショナルセンターに縛られない活動家も集まってきています。

 当面の研究会の対象は、1.関西生コン支部や圧送の労働組合、バラセメントの労働組合などの建設運輸関係、2.若者の業種別ユニオンとして、小売・飲食・サービス業関係、3.公務職場の非常勤職員の職種別結集として、官製ワーキングプアを対象としたもの、4.個人指導塾ユニオン、介護・保育ユニオン職種などが考えられます。
 個別紛争の解決で終わらせない、業種別の視点で闘うこと経験は全国に点在しています。研究会は点在を結び、研究会の報告と実践を全国に普及し、組織の全国化の展望することにあります。
 今後紙面でも積極的に紹介していく予定ですので、この「業者別職種別ユニオン運動」研究会に、研究者、弁護士、活動家、多くの労働者の皆さんの参加を呼びかけます。

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-11-27

    なぜ安倍政権は南スーダンに「駆けつけ警護」を行うのか/村山和弘

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. フランス政府の公式ロゴ、自由・平等・博愛
    グローバリズムへの対抗軸として 2014年にフランスで制定 スペイン・エクアドル・メキシコ・ポルト…
  2. ブランコ・ミラノビッチ
    前号(こちら)からのつづき 4、帝国主義の世界支配からのパワー・シフト [caption id=…
  3. 木畑壽信さんを偲ぶ会 献杯の様子
     7月1日に急逝した木畑壽信さん(享年66歳)を偲ぶ会が、9月8日、東京中野の中野産業振興センター1…
  4. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  5. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る