大弾圧下の関生支部へカンパのお願い

2018-12-13

読者の皆様へ、2018冬季カンパのお願い
 
募金箱と子供のイラスト(無料イラスト・たがやん)
 今年も…いや例年になく厳しい年末が来ました。
 本紙既報の通り後世必ずや<平成の大獄>とも称せられるであろう関西生コン支部に対する弾圧が続く日です。不当の極みでしかないこの自公権力の横暴性は、ついに今般の入管法や水道事業法に強行採決に見られるおぞましい姿となって、誰の目にも明らかな様相となりました。 

 だから今こそ、勁草にも似た反骨の精神で私ども在野のマスコミは闘いの旗を高く掲げねばならないのです。私たちコモンズは醜い姿を露わにする資本主義社会の根本的変革を目指し共生社会の実現に向けて活動しています。私たちの力はまだまだ微小です。経済的に厳しい折柄、日ごろお支え頂く皆様にお願いするのは大変心苦しくはありますが冬季カンパを頂きたく、合わせ連帯関西生コン支部への心からなる連帯のご支援も紙面より呼びかけるものです。定期購読の皆様は同封の振替用紙にて、ネットでご覧の皆様は郵便局備え付けの用紙にて、下記の要領で、通信欄に「関生カンパ」とお書きください。
(コモンズ編集機関紙局)

クリックで拡大

郵便局に備え付けの「払込取扱票」用紙の左側に、

・口座番号:
 00100-5-391171
・金  額:カンパいただける金額
・加入者名:コモンズ政策研究機構


をご記入いただき、郵便局の窓口へお持ちくださるか、ATMの「送金」ボタンを押して案内に従ってください。

右側に「払い込む人(あなた)の住所、氏名、電話番号」の記載欄があり、ここが領収書になります。通信欄もありますので、コモンズに伝えたいことがございましたら、自由にお書き添えください。

または下記住所まで現金書留などで郵送ください。ご不明の点はお問い合わせください。

■コモンズ編集機関紙局
 〒165-0026 東京都中野区新井2-7-12-25号コモンズ政策研究機構内
■電話:03-3389-0411 ■Fax:03-3389-8573
■E-mail:rev@com21.jp ■URL:http://com21.jp

■定期購読のお申し込みもお待ち申し上げます。
購読申し込みの専用送信フォーム、またはメールにてご希望の購読期間をお知らせいただければ、最初の号に必要事項記入済の振込用紙を同封いたします。
郵送購読料/1部500円、半年2500円(一年5000円)

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. サンフランシスコ「慰安婦」像
    編集後記  先月ここで紹介された映画 『主戦場』 であるが、新しい事態が起きた事でまたまた注目を浴…
  2. てるてる坊主のイラスト
    盗聴法すでにあなたも丸ハダカ 天安門大道遥か道遠し 南北と日本の平和重ねあい 解…
  3. 映画「記者たち」ポスター
    『記者たち-衝撃と畏怖の真実』 「もし他のメディアが全て政府の広報になるならやらせとけ。我々は…
  4. 映画「バイス」
    米国映画2018年Gグローブ賞受賞『バイス』 監督・アダム・マッケイ 最も愚劣な戦争が、こんな男に…
  5. 大阪労働学校アソシエ
     連帯労組関西生コン支部は労働者の賃上げだけでなく、広く社会的な支援活動を広げてきた。その一環として…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  2. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  3. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  4. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

  5. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る