スケジュール

1月
13
アメリカ現地からの生の声-移民国家・アメリカにおけるトランプの暴走と反レイシズムの闘い PartⅡ/新宿 @ 日本キリスト教会館
1月 13 @ 14:00 – 16:30

アメリカ現地からの生の声
■日 時:2018年1月13日(土)13時半開場 14時開始(16時半終了予定)
■場 所:日本キリスト教会館 4階会議室
    所在地:東京都新宿区西早稲田2-3-1
    交通:東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩約6分
    地図→http://www.jcws.or.jp/houjin/access.html

■中継(アメリカ現地):バーケット・トモキ(朋生)
 コーディネーター(来日):ネオ・ソラ

■バーケット・朋生さん紹介
 ノース・ダコタの座り込みに参加。福島原発災害を研究している文化人類学の大学院生。Xジェンダーの日系アメリカ人として、北アメリカの反植民地主義運動、トランスフェミニズム、Black Lives Matter、マルクス主義に衝撃を受けた。人種的資本主義、再生産労働、反植民地主義のあり方を学ぶ学生。

■主催:差別・排外主義に反対する連絡会
   APFS労働組合
   直接行動(Direct Action)

 2017年8月12日、アメリカ合衆国、バージニア州のシャーロッツビルで白人至上主義者たちが集会を開き、それに抗議する民衆にレイシストの車が突っ込んで、女性一人の死者を含む多数の犠牲者が出ました。
 トランプはこの事件の発端となった白人至上主義者側を形式的には批判しつつも、抗議に立ち上がった民衆の側をも批判しました。

 また、2016年から建設が強行されてきたダコタ・アクセス・パイプライン(DAPL)では現地のネイティブアメリカンを中心にした運動により一時は建設を阻止しましたが、トランプ政権は建設再開を指示しています。

 今回、私たちはアメリカの排外主義への反対運動やDAPL建設阻止行動に参加したアメリカ現地の活動家をお招きし、また、スカイプ中継を行ってトランプ政権下の現場の声を聞きます。
 是非、ご参加ください。

1月
14
映画『標的の島 風(かじ)かたか』上映会/京都 @ 京都教育文化センター
1月 14 @ 11:00 – 1月 15 @ 19:00

風(かじ)かたか 自主上映会
京都映画サークル協議会 特別例会
■上映日:2018年1月14日(日)、15日(月)
■上映時間:
・1月14日(日)…11:00~、13:30~
・1月15日(月)…14:00~、19:00~
■会場:京都教育文化センター
■会場住所:京都府京都市左京区聖護院川原町4−13
■会場アクセス:http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
主催:京都映画サークル協議会
【公式フェイスブック】:https://www.facebook.com/kyoeisa/
 TEL:075-231-5270
 FAX:075-231-5270
※料金や予約状況など詳細は主催者までお問合せください。


1月
15
カタロニア賛歌~ナショナリズムと自治とのあいだで【attac Bar】/神田 @ attac首都圏事務所
1月 15 @ 19:00 – 21:00

Homage to Catalonia カタロニア賛歌
【要申し込み】 attac-jp@jca.apc.org まで
 ※座席に限りがあるので、申込制になっています。
 ※詳細ページ http://attaction.seesaa.net/article/455476804.html

1月15日におこなうカタルーニャ独立問題に関するイベント企画のご案内です。
★おはなし 海老原弘子さん
★日 時 2018年1月15日(月)19:00~21:00
★場 所 attac首都圏事務所
 千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1階A スペース御茶ノ水
 地図 http://chizuz.com/map/map134432.html
★会 費 500円(会員300円)
 ※スペインワインかキューバーコーヒー1杯付

 スペイン・カタルーニャ州の独立運動に注目が集まっています。
 2017年10月1日に行われた独立を問う住民投票を巡り、中央政府の暴力的弾圧と独立運動の抵抗、そして12月21日には州議会選挙が行われました。
 カタルーニャの問題がきっかけでスペインで起こっている議論は、ひとつのヨーロッパというEUの理念と現実との乖離のなかで左派がどうナショナリズムと向き合うかという問題ともいえます。
 バルセロナの左派自治運動やオルタグローバリゼーションの観点から、この問題に注目してきた海老原弘子さんにお話を伺います。

 海老原さんは、
 「欧州の左派の凋落はナショナリズムの台頭とパラレルで、EUという具体的な形での新自由主義グローバリゼーションの進行がナショナリズムを掻き立てることに、欧州の左派が無頓着だったことが現在の欧州の右傾化を招いてしまった大きな要因の一つだとおもいます。」
 「ナショナリズム批判の立場からナショナリズムの問題を放置してきたことで、極右や右派がナショナリズムの問題を独り占めすることを許してしまった。ポデモスにはそれを反省する視点があったから、スペインでナショナリズムの対抗思想として発展したフェデラリズム(連邦主義)を復活させようとしています。」
と述べています。
 日本の社会運動にとっても無縁の課題ではありません。ぜひご参加ください。

★海老原さんのtwitterはこちら
 https://twitter.com/ramonbookprj

 海老原さんはattacスペインの『もうひとつの道はある:雇用と社会福祉のための提案』を共訳出版されています。当日も割引販売の予定です。

★『もうひとつの道はある:雇用と社会福祉のための提案』
 ビセンス・ナバロ、ホアン・トーレス・ロペス、アルベルト・ガルソン・エスピノサ著、吾郷健二、海老原弘子、廣田裕之訳、柘植書房新社、2500円
 くわしくはこちら↓
 https://ramonbook.wordpress.com/2013/10/17/hay-alternativas-a-japon/

もうひとつの道はある
  • ビセンス ナバロ, ホアン トーレス ロペス, アルベルト ガルソン エスピノサ
  • 価格   ¥ 2,700
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで見る

 カタルーニャ州議会選挙で、独立派が135議席のうち70議席の過半数の見込み、独立には中立のポデモスは8議席という報道ですが、ぎりぎり過半数、という感じでしょうか。
 2017/12/22 日経新聞記事
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24951050S7A221C1MM0000/

1月
17
映画『標的の島 風かたか』上映・三上智恵監督 講演会 @ 真宗大谷派岡崎教区会館
1月 17 @ 13:45

風(かじ)かたか 自主上映会
■上映日:2018年1月17日(水)
■上映時間:13:45~
◎上映後、三上智恵監督による講演あり。

■会 場:真宗大谷派岡崎教区会館(岡崎教務所)
 会場住所:愛知県岡崎市梅園町1丁目1−2
 会場アクセス:http://www.okazaki-kyoku.net/search/temple_detail.cgi?id=1

■主 催:真宗大谷派(東本願寺)岡崎教区 教化委員会 同朋社会推進部会
 TEL:0564-22-2136 FAX:0564-22-6472
 E-mail:okazaki★higashihonganji.or.jp
 ※メールでお問い合わせの際は、★を@に変えて送信してください。

※料金や予約状況など詳細は主催者までお問合せください。
参照:http://www.tofoo-films.jp/hyotekinoshima/?p=1812

1月
19
安倍9条改憲NO!森友・加計疑惑徹底追及!戦争煽るな!安倍内閣退陣!1・19国会議員会館前行動 @ 衆議院第2議員会館前を中心に
1月 19 @ 18:30 – 19:30

20180119国会前行動
■日 時:2018年1月19日(金)18:30~19:30

■場 所:衆議院第2議員会館前を中心に
     東京都千代田区永田町2丁目1−2
     国会議事堂前駅(5分)永田町駅(5分)溜池山王駅(8分)

■主催:安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会
    戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

1月
20
シンポ:インターネットとヘイトスピーチ 師岡康子さん、金明秀さん ほか/関西学院大 @ 関西学院大学図書館ホール
1月 20 @ 12:30 – 15:00

20180120インターネットとヘイトスピーチ/関西学院大学公開研究会「インターネットとヘイトスピーチ」
詳細:https://www.kwansei.ac.jp/r_human/event/2018/event_20180120_011081.html
チラシ裏表(PDF):https://www.kwansei.ac.jp/r_human/event/2018/attached/0000128987.pdf

■日時:2018年1月20日(土)12時30分(開場12時)
■会場:関西学院大学図書館ホール(西宮上ヶ原キャンパス図書館地下)
    アクセス https://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_000374.html
    ※キャンパスへは公共交通機関をお使いください
■参加費:無料、申込不要(どなたでも参加できます)

◆プログラム

第一部 基調講演 司会:河村克俊(関西学院大学)
「日本におけるヘイトスピーチの現状と対策」師岡康子(東京弁護士会弁護士)
「ヘイトスピーチの被害の実態」金明秀(キム・ミョンス)(関西学院大学教授)
「差別表現に対するインターネット対策-最近のドイツの立法を参考にして」
金尚均(キム・サンギュン) (龍谷大学教授)

第二部 シンポジウム「インターネットとヘイトスピーチ」
司会:中川慎二(関西学院大学)、郭辰雄(カク・チヌン)(コリアNGOセンター)
基調講演スピーカー + 指定討論者 菅原真(南山大学教授)
第三部 関連団体のアピール  司会:藤井幸之助(猪飼野セッパラム文庫主宰)

ーーー
● 共同研究の趣旨:河村克俊(共同研究代表、法学部教授)

 ここ数年、日本でも決して軽視できない人権侵害の問題として認知されてきた「ヘイトスピーチ」、そして犯罪である「ヘイトクライム」に関し、その内実について基礎的な事項から理解することを目的としてこの研究会は発足した。
 こうした問題はもちろん日本社会でだけ起こる現象ではなく、恐らく世界のさまざまな地域で生じているに違いない。本共同研究では、ドイツでのヘイトスピーチの動向をも考察の対象とし、彼の地でどのようなことが起こり、またそれに対してドイツ社会がどのように対応しているのかについても研究調査している。
 ヘイトスピーチを巡る日本とドイツの問題とそれへの対応を比較考察することを通じて、この問題の起源がどこにあり、またどのようにすることで根本的な解決への道を切り開くことができるのかについて、その方途を模索することが本共同研究の課題である。

ーーー
● 公開研究会のテーマ「インターネットとヘイトスピーチ」について

 第1部の基調講演では3名のスピーカーが報告します。最初に、『ヘイトスピーチとは何か』(2013年、岩波書店)の著者である弁護士の師岡康子さんが「日本におけるヘイトスピーチの現状と対策」という題で、日本で初めての反人種差別法であるヘイトスピーチ解消法(2016年6月成立)以降の取り組みを概観し、ヘイトデモ・街宣の変化、ネット上のヘイトスピーチ、公人のヘイトスピーチ、マスコミ、出版におけるヘイトスピーチの現状を検証します。
 次に、関西学院大学社会学部教授である金明秀さんが、最近の調査からヘイトスピーチの被害実態について報告します。3人目のスピーカーは龍谷大学法学部教授の金尚均さんです。金さんは「差別表現に対するインターネット対策-最近のドイツの立法を参考にして-」という題で、インターネットのグローバルな普及とその社会的な公共性を反映した法的対応についてドイツの事例をもとに報告します。ドイツ連邦議会は2017年6月30日、インターネット上のソーシャル・ネットワークで法を貫徹するための法律案を可決、成立させました(10月1日施行)。日本における近年の人種差別事件及び被部落差別事件を示しながら、ドイツのインターネット対策と日本の法事情を比較検討します。

 第2部では3名の報告を受けて、指定討論者である南山大学法学部教授菅原真さんが、シンポジウムのテーマである「インターネットとヘイトスピーチ」に関して、日本の憲法学における「表現の自由」論をめぐり、インターネット上の問題についてコメントします。そこから、日本における排外主義、インターネット上の差別扇動について批判的に考察し、差別のない社会を築いていくための議論を参加者の皆さんとともに行います。

ーーー
主催:関西学院大学人権教育研究室公募共同研究「ヘイトクライムに関する基礎研究-日本とドイツの比較」
共催:特定非営利活動法人 コリアNGOセンター、公益財団法人 神戸学生青年センター
協力:一般財団法人 アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)

問い合わせ:関西学院大学人権教育研究室
〒662-8501 兵庫県西宮市上ヶ原一番町1-155 TEL: 0798‐54‐6720

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書)
  • 師岡 康子
  • 価格   ¥ 842
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで見る

STOP!伊方原発 現地集会 原発を止める 私たちは止まらない/愛媛八幡浜 @ 八幡浜江戸岡公民館
1月 20 @ 13:30 – 20:30

STOP!伊方原発 現地集会・デモ
STOP!伊方原発 現地集会 原発を止める。私たちは止まらない
(1月20~21日)

2018年1月20日(土)

■道の駅きらら館前歩道にてアピール 13時~15時
  住所:愛媛県西宇和郡伊方町九町越3‐179-1(地図
  槌田 劭氏(物理学者・1973 年伊方訴訟の住民側証人)
  小幡ますみ氏(福島県大熊町議会議員)
  木原壯林氏(若狭の原発を考える会)
  中道雅史氏(なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク)
  山城博治氏(沖縄平和運動センター議長)
  パフォーマンス&リレートーク
■八幡浜江戸岡公民館にて講演会(和室 無料) 18時30分~20時30分
 住所:愛媛県八幡浜市1253−4江戸岡(地図
 講演会「福島の今 福島第一原発から5km の大熊町からの現地報告」
 講師 小幡ますみ氏

2018年1月21日(日)

■伊方原発ゲート前にて抗議 8時~11時
■伊方町にてデモ行進 13時~15時
 駐車場はレッドウイングパーク(伊方町民グラウンド きらら館東方2km)をご利用ください。きらら館駐車場は利用不可。

よびかけ

 伊方原発3号機は10月から定期点検で停止しています。
 私たちは、これを二度と動かさないための行動を行います。
 切迫した状況にある「南海トラフ巨大地震が伊方原発を破壊する前に止める」行動へのご参加とご協力をよろしくお願い致します。

危険な伊方原発
 四国電力伊方発電所(伊方原発)では、2016年8月12日に3号機が再稼働しました。
 1号機は廃炉が決まり、2号機の廃炉は未定です(2017年11月30日現在)。
 伊方原発は、中央構造線の間近にあるばかりか、30年以内に70%の確率で起きると予測されている南海トラフ巨大地震の震源域にあります。
 また、伊方原発は層状の結晶片岩からなる地盤上に立地しており、この地盤は30~40度の傾斜を持つ地質境界の上にあります。
 これを例えると原発敷地全体が屋根の上に重ねた瓦の上に在るようなもので、地震の強振動を受けた際には、原発敷地が核燃料を装荷した原子炉もろとも瀬戸内海に転げ込む恐れがあることを複数の研究者が指摘しています。
 今から41年前に裁判所から原発敷地の鑑定を依頼された生越忠博士は、「本地点が原子炉設置場所としての適合性を有しないことは明らか」と結論付けました。
 さらに、現在稼動中の3号機は、プルトニウムとウラン混合のMOX 燃料が使用されていることに加え、ウランがステップ2と言われる高濃縮ウランであることから、非常に危険な原発なのです。

全国の仲間とつながる伊方現地行動
 私たちは、伊方現地の方々と共に行動することの大切さに気づき、2011年6月11日より毎月11日に伊方原発ゲート前にて「座り込み行動」を続けています。
 「3人居ればどうにかなる」と始めた行動でしたが、全国各地からの参加や賛同を受け、仲間の輪は拡大しています。
 これまで77回の座り込み行動のなかで出会い、共に抗議の声をあげてきた多くの仲間たちとのつながりを、昨年の夏に再稼働を許してしまった伊方原発を再び止める力に結集しましょう。
 この仲間の輪は明日を生きる人々に力を与え、歩みを進める道しるべになるでしょう。

■主催:伊方から原発をなくす会
■構成団体:
・八幡浜・原発から子どもを守る女の会
・伊方原発反対八西連絡協議会
・原発さよなら四国ネットワーク
・グリーン市民ネットワーク高知
・脱原発市民ネットワーク徳島
・脱原発アクションin 香川
・STOP 伊方原発南予連絡会
・伊方原発なくそう!八幡浜市民の会
・原発いらんぜ!宇和島市民の会
・原発やめよう西予市民の会

連絡先:〒796-0088 八幡浜市304-8 まちづくりネットワーク八幡浜内
    090-4472-4862(秦) 090-8698-2114(内山)
    kyoudoukoudou@gmail.com
    https://kyoudoukoudou.wixsite.com/ikatahairo
カンパ振込先:郵便振込 01650-4-6977 まちづくりネットワーク八幡浜

1月
21
STOP!伊方原発 現地集会・デモ 原発を止める 私たちは止まらない/伊方原発ゲート前 @ 伊方原発
1月 21 @ 08:00 – 17:00

STOP!伊方原発 現地集会・デモ
STOP!伊方原発 現地集会 原発を止める。私たちは止まらない
(1月20~21日)

2018年1月20日(土)

■道の駅きらら館前歩道にてアピール 13時~15時
  住所:愛媛県西宇和郡伊方町九町越3‐179-1(地図
  槌田 劭氏(物理学者・1973 年伊方訴訟の住民側証人)
  小幡ますみ氏(福島県大熊町議会議員)
  木原壯林氏(若狭の原発を考える会)
  中道雅史氏(なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク)
  山城博治氏(沖縄平和運動センター議長)
  パフォーマンス&リレートーク
■八幡浜江戸岡公民館にて講演会(和室 無料) 18時30分~20時30分
 住所:愛媛県八幡浜市1253−4江戸岡(地図
 講演会「福島の今 福島第一原発から5km の大熊町からの現地報告」
 講師 小幡ますみ氏

2018年1月21日(日)

■伊方原発ゲート前にて抗議 8時~11時
■伊方町にてデモ行進 13時~15時
 駐車場はレッドウイングパーク(伊方町民グラウンド きらら館東方2km)をご利用ください。きらら館駐車場は利用不可。

よびかけ

 伊方原発3号機は10月から定期点検で停止しています。
 私たちは、これを二度と動かさないための行動を行います。
 切迫した状況にある「南海トラフ巨大地震が伊方原発を破壊する前に止める」行動へのご参加とご協力をよろしくお願い致します。

危険な伊方原発
 四国電力伊方発電所(伊方原発)では、2016年8月12日に3号機が再稼働しました。
 1号機は廃炉が決まり、2号機の廃炉は未定です(2017年11月30日現在)。
 伊方原発は、中央構造線の間近にあるばかりか、30年以内に70%の確率で起きると予測されている南海トラフ巨大地震の震源域にあります。
 また、伊方原発は層状の結晶片岩からなる地盤上に立地しており、この地盤は30~40度の傾斜を持つ地質境界の上にあります。
 これを例えると原発敷地全体が屋根の上に重ねた瓦の上に在るようなもので、地震の強振動を受けた際には、原発敷地が核燃料を装荷した原子炉もろとも瀬戸内海に転げ込む恐れがあることを複数の研究者が指摘しています。
 今から41年前に裁判所から原発敷地の鑑定を依頼された生越忠博士は、「本地点が原子炉設置場所としての適合性を有しないことは明らか」と結論付けました。
 さらに、現在稼動中の3号機は、プルトニウムとウラン混合のMOX 燃料が使用されていることに加え、ウランがステップ2と言われる高濃縮ウランであることから、非常に危険な原発なのです。

全国の仲間とつながる伊方現地行動
 私たちは、伊方現地の方々と共に行動することの大切さに気づき、2011年6月11日より毎月11日に伊方原発ゲート前にて「座り込み行動」を続けています。
 「3人居ればどうにかなる」と始めた行動でしたが、全国各地からの参加や賛同を受け、仲間の輪は拡大しています。
 これまで77回の座り込み行動のなかで出会い、共に抗議の声をあげてきた多くの仲間たちとのつながりを、昨年の夏に再稼働を許してしまった伊方原発を再び止める力に結集しましょう。
 この仲間の輪は明日を生きる人々に力を与え、歩みを進める道しるべになるでしょう。

■主催:伊方から原発をなくす会
■構成団体:
・八幡浜・原発から子どもを守る女の会
・伊方原発反対八西連絡協議会
・原発さよなら四国ネットワーク
・グリーン市民ネットワーク高知
・脱原発市民ネットワーク徳島
・脱原発アクションin 香川
・STOP 伊方原発南予連絡会
・伊方原発なくそう!八幡浜市民の会
・原発いらんぜ!宇和島市民の会
・原発やめよう西予市民の会

連絡先:〒796-0088 八幡浜市304-8 まちづくりネットワーク八幡浜内
    090-4472-4862(秦) 090-8698-2114(内山)
    kyoudoukoudou@gmail.com
    https://kyoudoukoudou.wixsite.com/ikatahairo
カンパ振込先:郵便振込 01650-4-6977 まちづくりネットワーク八幡浜

『警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟』学習会/渋谷 @ 渋谷勤労福祉会館
1月 21 @ 10:00 – 12:00


第5回口頭弁論にむけて、1月21日(日) 10時15分より渋谷区勤労福祉会館にて『警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟』学習会をおこないます。ぜひともお誘い合わせのうえ、ご参加ください。

■日 時:2018年1月21日(日)10時開場・10時15分開始
■場 所:渋谷区勤労福祉会館 第二会議室
     東京都渋谷区神南1-19-8 渋谷駅から徒歩8分
     地図:https://goo.gl/maps/bKibC1xYAJ42m

■講 師:八坂玄功 弁護士
■資料代:無料(カンパをお願いします)

■主催
警視庁機動隊の沖縄派遣中止を求める住民監査請求実行委員会
警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟 原告団

ごあんない
 第5回口頭弁論が1月24日に控えています。
 米軍新基地建設の警備と称して、全国から機動隊が派遣され、暴力的に市民を排除するようなことを二度とさせないためには、警視庁機動隊が沖縄に派遣された経緯を明らかにし、現地での弾圧行為をしっかり問う実態審理が本訴訟で行われることが不可欠です。

 被告側(東京都)は、依然として沖縄への派遣における責任の所在を明らかにしません。前回の口頭弁論で、次回以降は法案に沿って話を進めようということになりました。その点では一歩前進ですが、東京都側は一向にまともな回答をしていません。
 どうしたら、本題(現地で起きたことを論ずる)に入れるのでしょうか?本題に入らないまま訴訟を打ち切られてしまえば、今後も同様の機動隊派遣が起きることを意味します。

 現状と課題を理解し、誠実な審議が進行するよう、働きかけをしましょう。
 多くの支持を得てマスコミが注目し、報道されることも目標のひとつです。
 ぜひご参加ください。

■連絡先
E-mail:juminkansaseikyu[at]gmail[dot]com
(※[at]を@に、[dot]を.に変えてご利用ください)
Facebook:「警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟」

1月
22
安倍9条改憲NO! 森友・加計疑惑徹底追及! 戦争煽るな! 共謀罪廃止! 安倍内閣退陣!1・22国会開会日行動 @ 衆議院第2議員会館前を中心に
1月 22 @ 12:00 – 13:00

20180122国会前行動
 2018年、安倍政権は9条改憲へと踏み出そうとしています。戦争と戦争のできる国家への道にNO!を突きつけましょう。9条改憲NO!共謀罪廃止!秘密保護法廃止へ!国会行動にご参加ください。

■日 時:2018年1月22日(月)12:00~13:00

■場 所:衆議院第2議員会館前を中心に
     東京都千代田区永田町2丁目1−2
     国会議事堂前駅(5分)永田町駅(5分)溜池山王駅(8分)

■主 催:安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会
    戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
    共謀罪NO!実行委員会

ページ上部へ戻る