スケジュール

1
希望と勇気!レイバー映画祭2018 10:00
希望と勇気!レイバー映画祭2018 @ 東京・田町交通ビル6階ホール
9月 1 @ 10:00 – 17:00
希望と勇気!レイバー映画祭2018 @ 東京・田町交通ビル6階ホール | 港区 | 東京都 | 日本
 ことしのレイバー映画祭は豪華ラインナップ。労働映画の幻の名作『地の塩』をはじめ、本邦初公開の米国ドキュメンタリー映画『ユニオンタイム』まで見応え十分です。また「沖縄・非正規・派遣・運輸・外国人」など日本の現実を切りとった新作映像は、マスコミが伝えない「もう一つのニッポン」をあぶりだします。さあ、ことしも元気をもらいにレイバー映画祭に集まろう! ■ 日時:2018年9月1日(土)10.00〜16.50(開場9.30) ■ 会場:東京・田町交通ビル6階ホール  東京都港区芝浦3-2-22(地図)  JR田町駅「芝浦口」徒歩3分 ■ プログラム 9.30 開場 10.00「地の塩」(米国・92分)*解説 木下昌明 11.40「辺野古500人大行動」(25分) 12.10 休憩40分 12.50「非正規に尊厳を!一メトロレディーブルース総集編」(55分) 13.50「わたしは黙らない一派遣労働者 渡辺照子のたたかい」(25分) 14.20「関西の生コン業界でいまなにがおきているか」(10分) 14.35「技能実習生はもうコリゴリ~ベトナム人の声」(24分) 15.05 休憩10分 15.15「ユニオンタイム一米国精肉工場のたたかい」(86分) 16.50 終了 ・終了後、ビル裏の公園にて二次会 ・各作品上映後に制作者・関係者のミニトークあり ・プログラムは変更することがあります。HPでご確認ください。 ・全作品をご覧になれます。出入り自由。 ■ 参加費:  一般当日 1700円、前売・予約 1500円  失業者・障害者(一律)1000円  学生・20歳以下 無料 ↓予約受付を開始しました。 http://labornetjp.jimdo.com ■ 主催・問合せ・予約 レイバーネット日本  TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578  ネット予約 http://labornetjp.jimdo.com  レイバーネットHP http://www.labornetjp.org *映画祭を応援してください。基金カンパを歓迎します。またチラシ配布の協力者も求めています。→labornetjp@nifty.com <作品紹介> ●『地の塩』<米国・1954年・ハーバート・ビーバマン監督・92分>  わたしは常々この映画を労働者のバイブルだと言ってきました。1954年米国の赤狩り時代の幻の名作ですが、なぜバイブルか? それはマッカーシズム(共産主義者攻撃)に抵抗し映画界から放り出されたハリウッドの映画人が、ハリウッドに対抗する本物の映画をつくろうとしたことです。それに当時のニューメキシコの亜鉛鉱山会社とたたかった労働者が協力して、自分たちの映画をつくろうと、さまざまな妨害をはねのけて完成にこぎつけたことです。これは、わたしたちレイバーネットの映画運動がめざしていることとも重なります。特にこの映画の主人公、希望のない日々を呪っていた鉱山労働者の妻エスペランサがストライキのなかで目覚めていく姿が素晴らしく、まさに<女性が立ち上がるとき>を鮮明に浮かび上がらせています。夫が彼女をひっぱたこうとして「そんな古い手を使わないで」と言うときのキリリとした彼女の表情が忘れられません。(木下昌明)  *1954年カルロビ・バリ映画祭グランプリ。日本初公開は1977年。 ●『辺野古500人大行動』 制作 : 見雪恵美 2018年/25分  沖縄の人々の民意を踏みにじって強行されている辺野古の新基地建設。もう我慢できない!市民の力で工事を止めようと2018年4月23日〜28日の6日間、ゲート前座り込み大行動が取り組まれた。沖縄から全国から海外から人々はやってきた。カメラは機動隊との攻防だけではなく、沖縄の人々の心の叫びを生の声で伝えている。★初公開★ ●『非正規に尊厳を!-メトロレディーブルース総集編』 制作 : ビデオプレス 2018年/55分  東京メトロ売店で働く非正規の女性たちが、正社員との格差是正を求めて組合を作ったのは2009年。この映画は、初めてのストライキから、会社との交渉、裁判提訴、地裁判決とつづく2013年から2017年にわたる5年間を記録している。「不当判決」にも負けず、新たなたたかいに挑むメトロレディーたちの怒りと感動のドキュメンタリー。★新作★ ●『わたしは黙らない〜派遣労働者 渡辺照子のたたかい』 制作 : 依 草太 2018年/25分  派遣労働者として3か月更新を繰り返しながら約17年働いてきた渡辺照子さんは、2017年10月に突然、雇い止めを言い渡される。そんな渡辺さんの姿を追った。派遣労働という間接雇用の在り方はどうなのか。壊れたコピー機を取り換えるのとは訳が違う。声を上げられない人々の思いも背負って闘う渡辺照子さんの姿から今の日本社会が見えてくる。★初公開★ ●『関西の生コン業界でいまなにがおきているか』 制作 : 全日建連帯労組 2018年/13分  「企業ゴロ」「タカリのプロ集団」「反日の団体」などの罵詈雑言。今年1月からレイシスト(差別者)集団による、全日建連帯労組関西生コン支部へのデマ攻撃が続く。レイシストを「傭兵」として利用するのは、生コンの業者団体・大阪広域生コンクリート協同組合だ。なぜ、このような事態になっているかを解明する。 ●『技能実習生はもうコリゴリ〜ベトナム人の声』 制作 : 山村淳平 2018年/24分  日本政府は「技能実習生制度は国際貢献」とうたっています。ところが、その名がしめすとおりの技能実習ではありません。途上国への技術移転でも、ありません。技能実習生は労働者として扱われ、低賃金・暴力・セクハラなどの過酷な労働環境におかれています。しかも、労災事故が多発し、突然死や自殺などがおきています。多くの被害者をうみだす技能実習生制度は、本国で商品化され、安価な労働力として日本に輸出する形態をとっています。技能実習生のうち、もっとも多いのはベトナム人です。送りだし機関の実態をさぐり、元技能実習生の声をきき、そして日本で亡くなった技能実習生の遺族にあうため、今年(2018年)3月にベトナムの現地へと向かいました。★初公開★ ●『ユニオンタイム〜米国精肉工場のたたかい』 制作 : 米国「声なき声プロジェクト」マーサー・バー監督 2016年/86分  米国ノースカロライナ州にあるスミスフィールド精肉工場。1993年に開業して以来、肉を加工する労働者は低賃金のうえ、過密なライン作業を強いられ指を破損する事故が多発した。その多くはラテン系やアフリカ系労働者たちだ。「職場環境を改善するにはユニオンをつくるしかない」と組合づくりを開始。会社の妨害が続いたが、16年をかけて5千人の組合組織化に成功した。このドキュメンタリーはその壮絶で感動的なたたかいの記録である。★日本初公開★
関東大震災95周年 朝鮮人犠牲者追悼式典 11:00
関東大震災95周年 朝鮮人犠牲者追悼式典 @ 横網町公園内 関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑前
9月 1 @ 11:00
関東大震災95周年 朝鮮人犠牲者追悼式典 @ 横網町公園内 関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑前 | 墨田区 | 東京都 | 日本
■ 日 時: 2018/09/01 – 11:00 ■ 場 所: 横網町公園内 関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑前  東京都墨田区横網2-3-25  http://tokyoireikyoukai.or.jp/access/ 関東大震災95周年 朝鮮人犠牲者追悼式典 40年以上平穏に追悼してこられたが小池都知事のせいで右翼が嫌がらせの 「式典」を行って騒ぐようになってしまいました。一人の日本人として悲しいですが、周囲も挑発にのらず遺族や主催者が静かに追悼できるように見守りたいですね。https://t.co/gAo5KGWqDx— 草加耕助 (@kousuke431) 2018年8月31日
入国管理局:日本の強制収容所を知っていますか?/渋谷LOFT 11:30
入国管理局:日本の強制収容所を知っていますか?/渋谷LOFT @ 渋谷LOFT HEAVEN
9月 1 @ 11:30 – 15:00
入国管理局:日本の強制収容所を知っていますか?/渋谷LOFT @ 渋谷LOFT HEAVEN | 渋谷区 | 東京都 | 日本
#FREEUSHIKU VOL.1 ~入国管理局:日本の強制収容所を知っていますか?~ ★ 場 所:渋谷LOFT HEAVEN  東京都渋谷区渋谷2丁目12−13 八千代ビル  http://www.loft-prj.co.jp/heaven/access.php ★ 日 時:2018年9月1日(土)11:30〜14:50 ★ 入場料 ¥1,000 + 1 drink ★ 予約:http://www.loft-prj.co.jp/schedule/heaven/96530 (link is external) ★ 出 演:  大橋毅(弁護士)  木村元彦(ノンフィクション作家)  安田浩一(ジャーナリスト)  織田朝日(被収容者の支援者)  DJ: LarkChillout ★ 第一部 11:30 ~ 12:30  被収容経験者と家族に聞く:ライフストーリー ★ 第二部 12:40 ~ 13:30  弁護士に聞く:入国管理制度の現状 ★ 第三部 13:45 ~ 14:35  トーク:木村元彦×安田浩一 ★ 終わり ふつうの市民になにが出来るか
東海第二原発再稼働STOP!!茨城県大集会 13:30
東海第二原発再稼働STOP!!茨城県大集会 @ 駿優教育会館
9月 1 @ 13:30 – 15:30
東海第二原発再稼働STOP!!茨城県大集会 @ 駿優教育会館 | 水戸市 | 茨城県 | 日本
 首都圏に一番近く、人口密度の高い地域に立地する茨城県東海村にある東海第二原発が再稼働するか、廃止となるか岐路に来ています。  ひとたび原発事故が起これば、首都は壊滅します。再稼働を止めるため、9月1日に水戸市で集会が開かれます。  どなたも参加出来ます。 ■ 日 時:2018年9月1日(土)開場12:30~ 開始13:30~ ■ 場 所:駿優教育会館 8階音楽ホール  水戸市三の丸1-1-42 (TEL029-227-5552)  https://sunyu-kaikan.jp/about.html#acsses ■ 内 容: ◆13:30~15:10 ・福島、原発事故避難者からの訴え(桜井勝延さん/前南相馬市長、他) ・茨城からの訴え(集会賛同人、他) ・連帯あいさつ(河合弘志弁護士/脱原発全国弁護団) ◆15:30~16:10 ・アピール行動(デモ) ※雨天決行  15:30 宮下銀座入口→南町自由広場 ■ 参加費: 無 料 ■ 主 催: 「東海第二原発再稼働STOP!!茨城県大集会」実行委員会 (事務局)原発いらない茨城アクション実行委員会 TEL 029-221-6811(相楽)、029-282-3619(相沢)
戦争する国反対・3000万署名運動 安倍9条改憲NO! 9・1街頭宣伝(御茶ノ水) 16:00
戦争する国反対・3000万署名運動 安倍9条改憲NO! 9・1街頭宣伝(御茶ノ水) @ 御茶ノ水駅
9月 1 @ 16:00 – 17:00
戦争する国反対・3000万署名運動 安倍9条改憲NO! 9・1街頭宣伝(御茶ノ水) @ 御茶ノ水駅 | 千代田区 | 東京都 | 日本
戦争する国反対・3000万署名運動  安倍9条改憲NO! 9・1街頭宣伝 ■ 日時:2018年9月1日(土曜日)16:00~17:00 ■ 場所:御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 ■ 呼びかけ:憲法9条を壊すな!実行委員会  http://kyujokowasuna.com/?p=3015 集会やデモだけではなく日常生活や地域、駅頭で市民が立ち上がり、声を上げ始める。安倍政権や戦争を推し進めようとしている人たちにとってこんな恐ろしいことはありません。 みなさん、街頭に立って声を上げ始めませんか? チラシを配ったり、プラカードを持ったり、、、それぞれのやり方で、見守るだけでもOKです! スピーチ、署名集め、横断幕持ち、紙芝居持ち、などなど大歓迎!  チラシは、下記のものを配る予定です。  ・『平和憲法、変えたらどうなるの?』  署名は、下記のものを行います。  ・安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名 https://youtu.be/PiqKuyySYmQ
2
安倍さんやめて!デモ/吉祥寺 16:00
安倍さんやめて!デモ/吉祥寺 @ 井の頭公園三角広場
9月 2 @ 16:00
安倍さんやめて!デモ/吉祥寺 @ 井の頭公園三角広場 | 三鷹市 | 東京都 | 日本
■ 日 時:2018年9月2日(日)15時半集合 16時スタート(雨天決行) ■ 集 合:井の頭公園三角広場  東京都三鷹市井の頭3丁目1  京王井の頭線「井の頭公園駅」徒歩1分  https://map.goo.ne.jp/place/13004805094/map/ ☆終了後、17時~吉祥寺駅北口にてスタンディング・シール投票 ■ 主催:安倍さんやめて!デモ実行委員会 お問い合わせ:0422-47-9101(荒木・渡辺) https://twitter.com/asunokaori/status/1032573920287719424 参照:https://shiminmedia.com/event/41345
3
遺伝子組み換えナタネ自生調査院内学習会 2018 14:00
遺伝子組み換えナタネ自生調査院内学習会 2018 @ 衆議院第2議員会館
9月 3 @ 14:00 – 16:00
遺伝子組み換えナタネ自生調査院内学習会 2018 @ 衆議院第2議員会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
2018年遺伝子組み換えナタネ自生調査院内学習会 ~生物多様性を守るための新たな段階に~  2005年に市民が始めた遺伝子組み換え(GM)ナタネの汚染調査も、今年で14年目を迎えました。今年も全国38都道府県で調査を行い、9の都府県でGMナタネの自生を確認しました。調査を継続する中で分かってきたこと、今年の特徴などを報告します。そして、農水省と環境省が行っている調査の結果と合わせて最近の傾向を考えます。  それとともに、最近急速に開発が進むゲノム編集などの新たな遺伝子操作技術を用いた作物について、生物多様性を守るために有効な規制が行われるかについても取り上げます。政府はすでに検討会を設置し審議を始めており、その点について両省と意見交換を行います。 ■ 日 時:2018年9月3日(月)14:00~16:00  13時30分からロビーで入館証を配布します ■ 会 場:衆議院第2議員会館 第1会議室  地下鉄「永田町駅」または「国会議事堂前駅」下車  http://bb-building.net/tokyo/deta/458.html ■ 資料代:500円  事前予約は必要ありません。 ■ プログラム(予定) 14:00  開会 14:10  2018年GMナタネ自生調査結果報告 -遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン -あいコープみやぎ -生活クラブ生協 -なのはな生協 -グリーンコープ共同体 -遺伝子組換え食品を考える中部の会 -農民連食品分析センター 15:00  農水省・環境省・厚労省・消費者庁との質疑応答・意見交換 -農水省・環境省のGM作物自生調査報告 -ゲノム編集など新しい遺伝子操作技術を用いた作物の規制について 16:00  閉会 ■ 主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク (食農市民ネット)http://fa-net-japan.org/ <お問合わせ先> 食農市民ネット事務局 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207 Tel:03(5155)4756 Eメール:office[アット]fa-net-japan.org  ※[アット]を@に変えてお送りください
沖縄の心でつながる千葉県民のつどい 18:30
沖縄の心でつながる千葉県民のつどい @ 千葉市文化センター・アートホール
9月 3 @ 18:30 – 20:30
沖縄の心でつながる千葉県民のつどい @ 千葉市文化センター・アートホール | 千葉市 | 千葉県 | 日本
辺野古新基地建設反対に命をかけた翁長知事と沖縄県民の心に連帯しよう! 沖縄の心でつながる千葉県民のつどい ■ 日 時:2018年9月3日(月)午後6時開場 6時30分開会 ■ 場 所:千葉市文化センター・アートホール  〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央2-5-1  JR総武線「千葉駅」、京成千葉線「千葉中央駅」より徒歩10分  千葉都市モノレール「葭川公園駅」下車徒歩3分  http://www.f-cp.jp/bunka/access-location/access.html ■ 講 演:小林武さん(沖縄大学客員教授・憲法学者・元南山大学教授) ■ 現地報告:吉田務さん(年金者組合沖縄県本部委員長・前やんばる統一連代表) ■ 諸団体や政党のパフォーマンス ほか ■ 参加費:無料 ■ 主 催:沖縄の心でつながる千葉県民のつどい実行委員会  連絡先:090-2444-1388(柴田)      090-4020-0919(浦)      090-1701-1615(紙谷) <小林武さんの著書>
辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省前抗議行動 18:30
辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省前抗議行動 @ 防衛省前
9月 3 @ 18:30 – 19:30
辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省前抗議行動 @ 防衛省前 | 新宿区 | 東京都 | 日本
抗議文持参OKです。 辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申し入れ行動 日 時:2018年9月3日(月)18:30~19:30 場 所:防衛省前     JR・地下2鉄「市ヶ谷」「四ツ谷」駅7分     http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html 主 催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会     http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html 連絡先:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)     http://www.jca.apc.org/HHK/
4
5
緊急報告集会-国連人種差別撤廃委員会日本審査 14:00
緊急報告集会-国連人種差別撤廃委員会日本審査 @ 参議院議員会館
9月 5 @ 14:00 – 15:30
緊急報告集会-国連人種差別撤廃委員会日本審査 @ 参議院議員会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
緊急報告集会–人種差別撤廃委員会日本審査 求む!実効性のある人種差別撤廃政策-国連日本審査の勧告をうけて ★ 日 時:2018年9月5日(水)午後2時~3時30分 ★ 会 場:参議院議員会館 1F 101会議室  東京都千代田区永田町2丁目1−1  http://bb-building.net/tokyo/deta/457.html  8月16・17日、ジュネーブにて人種差別撤廃委員会による第10・11回日本政府報告書の審査が行われました。  今回で4度目になる日本審査では、最近の動きである「ヘイトスピーチ解消法」「部落差別解消推進法」の施行、法務省外国人住民調査などを踏まえ、多岐にわたる日本の人種差別に係る課題について委員会と政府の間でやりとりが行われました。  とりわけ、包括的な差別禁止法や国内人権機関が不在の日本において、人種差別にどう立ち向かっていくのかについて委員会よりさまざまな質問が出ました。8月30日には審査の結果である総括所見(最終見解)が人種差別撤廃委員会にて採択され発表されます。  この審査にNGOとしてレポートを提出し、審査を傍聴した人種差別撤廃NGOネットワークより、総括所見と勧告を踏まえた緊急報告集会を開催します。 ★ プログラム 2:00 pm ~ 3:30 pm ◆全体報告 審査および総括所見の概要 ◆課題別報告 差別禁止法の制定  ヘイトスピーチ  永住外国人の市民的、社会的権利  朝鮮学校の子どもたちの教育の権利  部落差別  琉球・沖縄  移住者の権利  「慰安婦」問題、他 (順不同、変更有) ◆質疑 ◆記者会見 3:30 pm ~ 4:00 pm       ★ 主催:人種差別撤廃NGOネットワーク(ERDネット)  問い合わせ:反差別国際運動(IMADR)東京都中央区入船1-7-1   電話:03-6280-3101 erd@imadr.org
3000万人署名キックオフから1年 さようなら安倍政権 めざそう3000万人の署名 9・5集会(文京) 18:30
3000万人署名キックオフから1年 さようなら安倍政権 めざそう3000万人の署名 9・5集会(文京) @ 文京区民センター
9月 5 @ 18:30 – 20:30
3000万人署名キックオフから1年 さようなら安倍政権 めざそう3000万人の署名 9・5集会(文京) @ 文京区民センター | 文京区 | 東京都 | 日本
●日 時:2018年9月5日(水)18:30開会(18:00開場) ●場 所:文京区民センター3A会議室  都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口徒歩2分  東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」4b出口徒歩5分  東京メトロ南北線「後楽園駅」6番出口徒歩5分  https://loco.yahoo.co.jp/place/g-PjfG6ox_w5-/map/ ●参加費:無料 ●講演「安倍9条改憲と臨時国会の課題」  中野晃一さん(市民連合・上智大学教授) ●報告-各地でこんな取り組みが  a 信州のあちこちで目標を超えても続く戸別訪問[長野県]  b 大学の門前で学生によびかける[世田谷区]  c 街宣隊が駅頭で躍動[東京都]  d 手紙で広がる平和の思い[埼玉県〕  e 街なかで歌うシスターたち――SISTERsACT[東京都] ●まとめ「対話と工夫で広がる3000万人署名」      小森陽一さん(九条の会・東京大学教授) 主 催:安倍9粂改憲NO!全国市民アクション実行委員会  http://kaikenno.com/ 連絡先:  戦争をさせない1000人委員会 TEL 03-3526-2920  憲法9条を壊すな!実行委員会 TEL03-3221-4668  戦争する箇づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター TEL 03-5842-5611  九条の会 TEL 03-3221-5075
6
辺野古の海を土砂で埋めるな!翁長さんの遺志を継ぐ9.6集会/文京 18:45
辺野古の海を土砂で埋めるな!翁長さんの遺志を継ぐ9.6集会/文京 @ 文京区民センター
9月 6 @ 18:45
辺野古の海を土砂で埋めるな!翁長さんの遺志を継ぐ9.6集会/文京 @ 文京区民センター | 文京区 | 東京都 | 日本
辺野古の海を土砂で埋めるな! 翁長さんの遺志を継ぐ9.6集会 ■ 日 時◇2018年9月6日(木)午後6時45分開始 ■ 会 場◇文京区民センター 2A  東京都文京区本郷4-15-14  都営地下鉄「春日」駅A2出口2分  東京メトロ「後楽園」駅4b出口徒歩5分  JR総武線・中央線「水道橋」駅東口15分  https://loco.yahoo.co.jp/place/g-PjfG6ox_w5-/map/ ■ 資料代◇500円 ■ メインスピーカー◇島袋純さん(琉球大学教授、地方自治論・行政学) ■ 共 催◇辺野古への基地建設を許さない実行委員会      沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック ■ 連絡先◇TEL 090-3910-4140    (沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)  8月8日、沖縄県民の先頭に立って辺野古新基地建設に反対し、政府と真っ向から対決してきた翁長沖縄県知事が、亡くなりました。  8月11日に沖縄では、「ジュゴン・サンゴを守れ!土砂投入を許さない!辺野古新基地建設断念を求める県民大会」に、大雨の中、7万人もの人々が結集しました。同時刻に、全国25ヵ所で、同じ趣旨の集会やデモが開催されました。  政府・防衛省は、この圧倒的な民意に押されて、8月17日に行うと通告していた辺野古の海への土砂投入を延期しました。しかし、その狙いは、沖縄県知事選挙の争点ぼかしであることは、明白です。  9月30日の沖縄県知事選挙は、辺野古新基地建設をめぐる闘いの天王山です。翁長知事は、闘い半ばでたおれました。知事をここまで追い詰めたのは、日本政府・安倍政権の強硬姿勢です。  今回の選挙は、翁長知事の遺志を継ぐ選挙です。 そして、辺野古の闘いの20年をかけた闘いであり、日本の民主主義と地方自治、ひいては国のあり方を左右する歴史的な選挙戦となります。  今現在の沖縄と、それを取り巻く状況について認識を深め、沖縄とともに辺野古新基地建設を止める決意を確認し合いましょう。  多くのみなさんの参加をお願いします。
7
9.7沖縄戦終結の日「琉球弧に自衛隊=日本軍はいらない」アクション/国会正門前 19:00
9.7沖縄戦終結の日「琉球弧に自衛隊=日本軍はいらない」アクション/国会正門前 @ 国会正門前
9月 7 @ 19:00 – 20:00
9.7沖縄戦終結の日「琉球弧に自衛隊=日本軍はいらない」アクション/国会正門前 @ 国会正門前
9.7沖縄戦終結の日 琉球弧に自衛隊=日本軍はいらないアクション ■ 日 時:2018年9月7日(金)19時~ ■ 場 所:国会正門前・北側(国会正門に向かって右岸) ■ 呼びかけ・琉球弧自衛隊配備反対アクション  https://twitter.com/nobase_ryukyuko/  連絡先:TEL 090-1219-4519(栗原) ★ 侵略戦争繰り返すな! ★ 日本軍の琉球住民虐殺を忘れない! ★ 東アジアの平和を!  今年2018年は「明治元年」(1868年) から満150年の年に当たります。  政府は「明治150年」と称して様々なイベントを開催しています。  アイヌ民族への差別支配と琉球併合を始まりとする日本のアジア侵略はアジア各地を火の海にし、最終的に沖縄戦そして「本土」空襲と広島・長崎への原爆投下という破局的破壊と住民の多大な犠牲(日本軍による虐殺を含む)をもたらしました。  沖縄-琉球列島において日本軍と米軍が正式に戦闘終結の調印をした9月7日、二度と侵略戦争を繰り返させない、琉球の島々を侵略戦争の前線基地にも犠牲にもさせない、だから自衛隊配備に反対する、の意志を国会前で示しましょう。 ~自衛隊配備計画の現状~  「予てより防衛省から要請のありました石垣島への陸上自衛隊駐屯地配備計画について、南西諸島圏域の防衛体制・防災体制の構築のために石垣島への部隊配備の必要性を理解した上で、それを了解し、今後は石垣市として同計画案への協力体制を構築」――2018年7月18日、事前に報道機関に連絡もなく、急遽行われた中山石垣市長の会見。その場で、中山石垣市長は自衛隊配備について事実上の受け入れを表明しました。  石垣島では、自衛隊配備の予定地となる周辺地区は、すべて「反対」の決議をあげていますが、しかし市長は住民とも話をしようとせず、アリバイづくりの住民説明会を開催し、準備は整ったとして受け入れを表明しました。  9月には石垣市の議員選挙を控えている状況で、このタイミングでの「受け入れ」表明。断じて許すことは出来ません。あわせて、陸自配備予定地の入札も始まり、ついに石垣島でも予断を許さない状況になりつつあります。  そしてついに8月3日には、宮古島第二の自衛隊配備となる、城辺保良地区への陸上自衛隊の訓練場建設のためとする入札が沖縄防衛局にて広告されました。保良地区は、自衛隊配備について「反対」決議をあげています。しかし、そのなかにあってもなお配備に向けた動きが進められています。  また、宮古島の千代田や奄美大島で進められている自衛隊基地建設も、2019年3月の完成を目指して急ピッチで工事が進められています。完成まであと半年ということもあり、空からは着実に出来上がりつつある「基地」としての姿が見え始めています。地元の人々の不安に応えることもなく一切無視され、その中で進められる自衛隊配備。「本土」の私たちは、この事実にどう向き合っていくべきでしょうか?  この南西諸島=琉球弧の島々が「戦争の前線基地」化され、「戦争法」が成立した今、将来的にはここから戦場へ人やモノが送られるかもしれません。すでに「ソマリアでの海賊対策」と称した軍事行動のために、那覇から海自哨戒機がアフリカに向けて飛び立っています。それをわたしたちは見過ごしていてよいのでしょうか?  「本土」から、「戦争のための基地はいらない」という声を上げていきませんか。東アジアの平和の実現のために! 参照:http://nminato.hateblo.jp/entry/2018/08/28/205346
8
9
10
辺野古埋立てNO!翁長知事の遺志を継ぐ 緊急神奈川集会 18:30
辺野古埋立てNO!翁長知事の遺志を継ぐ 緊急神奈川集会 @ 横浜市開港記念会館
9月 10 @ 18:30
辺野古埋立てNO!翁長知事の遺志を継ぐ 緊急神奈川集会 @ 横浜市開港記念会館 | 横浜市 | 神奈川県 | 日本
 8月8日、政府・防衛省の強硬姿勢と真っ向から対決し辺野古新基地建設に反対してきた翁長沖縄県知事が、闘病の末、死去した。  3日後の11日、台風接近に伴う風雨の中、「ジュゴン・サンゴを守れ!土砂投入を許さない!辺野古新基地断念を求める県民大会」には7万人の人々が結集した。防衛省は8月17日の土砂投入を先送りせざるを得なかった。  9月30日の沖縄県知事選挙は、20年以上にわたる辺野古の闘いの天王山であり、この国の在り方、民主主義と地方自治を問う歴史的な選挙戦となる。 いま、ヤマトに暮らす私たちに何が問われているのか、共に考えたい。  緊急集会に多くの参加を! ■ 日 時:2028年9月10日(月)18:30~ ■ 会 場:横浜市開港記念会館2階6号  神奈川県横浜市中区本町1−6  JR関内駅南口10分、みなとみらい線日本大通り駅1番出口1分  http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html ■ 資料代:¥500 ■ お話:西江昭吾(沖縄タイムス東京支社報道部長)「沖縄知事選の焦点」 ■ 主催:島ぐるみ会議と神奈川を結ぶ会  連絡TEL090-4822-4798(深沢)
11
9.11脱原発テントひろば記念集会 ~福島は終ってない!原発は終りだ! 18:30
9.11脱原発テントひろば記念集会 ~福島は終ってない!原発は終りだ! @ 霞が関・経産省本館正門前
9月 11 @ 18:30 – 20:30
9.11脱原発テントひろば記念集会 ~福島は終ってない!原発は終りだ! @ 霞が関・経産省本館正門前 | 千代田区 | 東京都 | 日本
9.11脱原発テントひろば記念集会 ~福島は終ってない!原発は終りだ!~ ■ 日 時:2018年9月11日(火)18時半~20時半(小雨決行) (音楽演奏:18時~18時半、20時半~21時) ■ 場 所:霞が関・経産省本館正門前  東京都千代田区霞が関1-3-1  東京メトロ霞が関駅(丸の内線・日比谷線・千代田線)  http://www.meti.go.jp/intro/index_access.html ■ 主 催:経産省前テントひろば  〒105-0003港区西新橋1-21-8新虎ビル2F  070-6473-1947  http://tentohiroba.tumblr.com/  http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/  郵便振替口座=00160―3―267170  口座名義= 経済産業省前テントひろば ■ 主 旨:  3・11から半年後の9月11日、脱原発テントを経済産業省敷地の一画に設置したテントひろばは、経産省の立退き請求に対して「主権者宿営権」、「撤去すべきは原発」と主張してきて今年で8年目。2016年8月21日に経産省は脱原発テントを強制撤去しました。しかし私たち「テントひろば」は本館玄関前に移り、歩道に連日座り込んで福島原発事故の責任を追及し脱原発を訴え続けています。  8年目を迎え、爆発した原子炉3基からはなお放射能、汚染水が漏れ続け、被災者の多くが故郷に戻れない。そう、「福島は終ってない!」のです。スリーマイル、チェルノブイリ、そして福島と繰り返された原発事故、今や世界は再生エネルギーにシフトしています。  にも拘らず、経産省は未だに原発推進政策を続けています。  経産省前テントひろばは9月11日夕方、経産省本館前で記念集会を開催します。今もイチエフ事故被害で苦しんでいる人、古くから原発に反対してきた人、3.11後に原発反対運動に加わった人、自然エネルギーを推進する人、多くの原発ゼロを目指す人々とともに、いまこそ「原発は終りだ!」と声を上げましょう。 ■ ゲスト発言: 鎌田慧さん、木内みどりさん(昨年に続き司会をお願いしました)、吉原毅さん(城南信用金庫、原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟会長) テント弁護団から、福島から、国会議員から、反原発団体から 等多数に依頼予定 経産省の大嘘 「原発は安全、原発は安い、原発が無いと電力が足りない、原発はクリーン、原発原料は準国産」を暴き、 第5次「エネルギー基本計画」の撤回を求め、 川内・伊方・高浜・大飯・玄海の再稼働を糾弾し、 柏﨑刈羽6,7号機や東海第二の運転延長・再稼働を止めよう
12
13
NDシンポ~沖縄と米軍基地―県知事選で問われるべきは何か/霞ヶ関 19:00
NDシンポ~沖縄と米軍基地―県知事選で問われるべきは何か/霞ヶ関 @ 東京弁護士会館
9月 13 @ 19:00 – 21:00
NDシンポ~沖縄と米軍基地―県知事選で問われるべきは何か/霞ヶ関 @ 東京弁護士会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
今月末、沖縄知事選挙が行われます。新基地建設反対を掲げ沖縄をまとめてきた翁長雄志知事の急逝を受けてのこの選挙は、今後、沖縄が辺野古基地建設にどのような姿勢をとるのかという点で極めて重要な選挙です。 8月末、沖縄県は辺野古埋め立て承認を撤回しました。この撤回について、知事選立候補予定の玉城デニー氏は支持を表明しましたが、佐喜眞淳氏は「注視」としています。 日本政府は、普天間基地の移設先について「辺野古が唯一の選択肢」との立場を変えていませんが、新外交イニシアティブ(ND)では、米海兵隊の役割や運用等について軍事・安全保障の視点も踏まえて検証し、辺野古以外の解決策をまとめ、日米両政府へ提言を行ってきました。 沖縄県知事選を前に、改めて辺野古の新基地が軍事・安全保障の観点からみて必要なのか、環境面での弊害はないのか等について検証し、何が選挙で問われるべきなのかを議論します。 ■ 日 時:2018年9月13日(木)19:00~21:00(18:30開場) ■ 会 場:東京弁護士会館 10F 1003号室  東京都千代田区霞が関1-1-3  霞ヶ関駅B1-b出口より直通  地図:http://www.ichiben.or.jp/access/ ■ 参加費:1000円(ND会員・学生は無料) ■ お申込み:  下記ページの申込フォームをご利用ください。  http://www.nd-initiative.org/event/5397/  当日参加も受け付けますが、できる限り事前申込みをお願いいたします。 ■ 主 催:新外交イニシアティブ(ND)  http://www.nd-initiative.org ■ 登壇者: ・柳澤協二(ND評議員/元内閣官房副長官補)  1970年東京大学法学部卒とともに防衛庁入庁、運用局長、人事教育局長、官房長、防衛研究所長を歴任。2004年から2009年まで、小泉・安倍・福田・麻生政権のもとで内閣官房副長官補として安全保障政策と危機管理を担当。現在、NPO国際地政学研究所理事長。  著書に『検証 官邸のイラク戦争』(岩波書店)、『亡国の安保政策』(岩波書店)など。 ・屋良朝博(やら・ともひろ)ND評議員/元沖縄タイムス論説委員  フィリピン大学を卒業後、沖縄タイムス社入社。92年から基地問題担当、東京支社を経て、論説委員、社会部長などを務めた。2006年の米軍再編を取材するため、07年から1年間、ハワイ大学内の東西センターで客員研究員として在籍。2012年6月に退社。現在、フリーランスライター。  著書に『誤解だらけの沖縄・米軍基地』(旬報社)『砂上の同盟』(沖縄タイムス社) ・ジョン・ミッチェル(ジャーナリスト)  2015年、日本外国特派員協会の「報道の自由推進賞」の「報道功労賞」を受賞。2016年から沖縄タイムス特約通信員。明治学院大学国際平和研究所研究員。  著書に『追跡・沖縄の枯れ葉剤:埋もれた戦争犯罪を掘り起こす』(高文研)、『追跡・日米地位協定と基地公害』(岩波書店)など。
14
15
2018 GSEF ビルバオ大会 日本実行委員会・東京プレフォーラム 13:30
2018 GSEF ビルバオ大会 日本実行委員会・東京プレフォーラム @ 明治大学駿河台キャンパス
9月 15 @ 13:30 – 17:00
2018 GSEF ビルバオ大会 日本実行委員会・東京プレフォーラム @ 明治大学駿河台キャンパス | 千代田区 | 東京都 | 日本
 この度、2018GSEF(Global Social Economy Forum、以下「GSEF」)ビルバオ大会・日本実行委員会(事務局:ソウル宣言の会事務局)は、9月15日(土)午後、明治大学においてプレフォーラムを開催致します。  GSEFは、朴元淳ソウル市長の主唱により、社会的経済に関しグローバルな発展を期するアジア発の大会として初めて、2013年にソウル市で開催され、2014年に第2回も同市において開催されました。その際、1年おきに開催されることが決まり、2016年第3回大会はカナダ・モントリオールで開催され、本年、第4回大会がスペイン・ビルバオ市において、10月1日から3日にかけて開催されることになっております。  今回の大会のメインテーマは、「包摂的で持続可能な地域創生への価値と競争力」となっており、今回のプレフォーラムではこうした視点に立つ日本の事例も報告されます。このビルバオ大会を契機として、今後日本においても社会的連帯経済の幅広い発展につながることを切に願っております。  なお、資料の都合もあり、事務局 seoulsengen@gmail.com 宛てメールでご連絡いただければと思います。皆様のご参加をお待ちしております。 ■ 日時:2018年9月15日(土)  13時30分~17時 (開場:13時) ■ 目的:「2018GSEFビルバオ大会」への参加に向けて ■ 場所:明治大学駿河台キャンパス・研究棟4階 第一会議室  東京都千代田区神田駿河台1-1  JR御茶ノ水駅、地下鉄御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅下車 アクセスマップ http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html キャンパスマップ http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html ※当日は、明治大学駿河台校舎は夏休みのため、リバテイタワー1階から研究棟への連絡通路は閉じています。そこでリバティタワーを3階まで上がっていただき、3階にある研究等への連絡通路をご利用になり、研究棟に入り、4階第一会議室にお越し頂くようお願い致します。なお、裏手に当たる研究棟入り口は開いていますので、直接研究棟へ入り、4階第一会議室にお越しになることもできます。 ■ 資料代:500円 ■ 申し込み:資料準備の都合もあり、事務局の下記アドレス宛にメールで申し込みをしてください。 事務局(ソウル宣言の会・事務局)Eメール seoulsengen@gmail.com ■ プログラム: 1.開会挨拶:2018GSEFビルバオ大会・日本実行委員会 2.基調報告:「世界や日本の社会運動の発展方向と、『社会的連帯経済や協同組合』の関わり」   明治大学名誉教授 中川雄一郎氏 休憩 3.各地の報告 ①「一緒に暮らし/働くことによって社会的な弱者との共生を目指す」   社会福祉法人 共生シンフォニー 常務理事 中崎ひとみ氏  ②「地域の縁側・居場所作りからの地域再生と街づくり」   非営利活動法人ワーカー図コレクティブういず 理事長 北田惠子氏 ③「”共生・共創のまちづくり”への挑戦」   認定NPO法人 やまぼうし 理事長 伊藤勲氏 ④「仕事と雇用確保を実現する連帯労組の戦略~大企業支配に対抗し「社会的連帯経済」の発展による社会変革を求めて~」   報告者 関西派遣団より ■ 主催:2018GSEFビルバオ大会・日本実行委員会  事務局: ソウル宣言の会・事務局  〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1 ニューグリーンビル301号「協同センター・東京」気付  電話: 03-6382-7605  FAQX: 09-6382-6538  Eメール:seoulsengen@gmail.com  URL: http://seoulsengen.jp/
16
17
さようなら原発全国集会~いのちをつなぎ くらしを守れ フクシマと共に/代々木 12:30
さようなら原発全国集会~いのちをつなぎ くらしを守れ フクシマと共に/代々木 @ 代々木公園B地区
9月 17 @ 12:30 – 16:00
さようなら原発全国集会~いのちをつなぎ くらしを守れ フクシマと共に/代々木 @ 代々木公園B地区 | 渋谷区 | 東京都 | 日本
◆ 日 時:2018年9月17日(月)敬老の日 ◆ 場 所:代々木公園B地区  JR 山手線「原宿駅」、地下鉄千代田線「明治神宮前駅」  千代田線「代々木公園駅」、小田急線「代々木八幡駅」 ◆ タイムスケジュール ・11:30 出店ブース開店 ・12:30 開会 野外ステージ ・コンサート ・13:30~ 発言   主催者あいさつ   フクシマから   東海第二原発再稼働について   自主避難者から   戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会   ほか ・15:10 デモ出発  渋谷コース:会場→渋谷駅前→明治通り→神宮通公園解散  原宿コース:会場→原宿駅→表参道→外苑前 ◆ 主 催:「さようなら原発」一千万署名 市民の会  内橋克人 大江健三郎 落合恵子 鎌田慧 坂本龍一 澤地久枝 瀬戸内寂聴 ◆ 協力:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ◆ 連絡先:さようなら原発1000万人アクション事務局  東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館1F 原水禁気付TEL.03-5289-8224  Email : sayonara2nukes@gmail.com  http://sayonara-nukes.org/(「さようなら原発」で検索)
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
ページ上部へ戻る