スケジュール

1
2
3
ネットを悪用した「ヘイト攻撃」を考える10・3シンポジウム/永田町 12:00
ネットを悪用した「ヘイト攻撃」を考える10・3シンポジウム/永田町 @ 参議院議員会館
10月 3 @ 12:00 – 14:00
ネットを悪用した「ヘイト攻撃」を考える10・3シンポジウム/永田町 @ 参議院議員会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
ネットを悪用した「ヘイト攻撃」を考える10・3シンポジウム ■ 日時:2018年10月3日(水)  12:00~14:00(開場11:30)   ■ 会場:参議院議員会館 B-104会議室  〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目1−1  http://bb-building.net/tokyo/deta/457.html  全日建建設運輸連帯労組関西地区生コン支部に対する不当弾圧が苛烈を極めている。この弾圧において特筆すべきことは、人種差別・ネオナチ的主張を繰り返す差別排外主義者が警察に同伴し、さらに正当な組合活動に対する確信犯的な誹謗中傷・攻撃をネット上で繰り返していることである。  こうした事態は、連関性を持ちながら広範に広がっている。全国ユニオンの青林堂闘争においては、労働三権をあからさまに否定する言説をネットや出版物で展開し、代理人弁護士に対して1000件を超す大量の懲戒請求をネット上で扇動し、組織的に攻撃を加えている。  労働運動以外でも、辺野古基地の運動に参加する人々へのネット上での嫌がらせ、少数民族や生活保護者や障がい者や性被害者に対するSNS上での誹謗中傷などである。これらは、単独の跳ね上がりではなく、こうした言説を実質的に奨励しているといえる安倍政権の威力を背景にしたネット右翼や差別排外主義者によるリベラル・左派運動体や社会的少数者や当事者に対するネットを悪用した「ヘイト攻撃」といえる。事態は、もはや看過できない段階に至っている。  しかし労働運動サイドは、ネットに関する取り組みを重視していない現状がある。こうした相手側の組織的背景や連携体制を軽視している面もある。  こうした現状を踏まえ、ネット上での問題や被害実態を共有し、これに対抗するSNSを活用した運動構築などをめざす連続シンポジウムを開催する。    ■ テーマスピーカー:  佐々木亮弁護士(旬報法律事務所)、和田悠さん(立教大学・予定)  香山リカさん(精神科医)、安田浩一さん(ジャーナリスト)  労働組合当事者 ■ 呼びかけ人:菊池進(全日建)/松本耕三(全港湾)/鈴木剛(全国ユニオン)/嶋﨑量(神奈川総合法律事務所) ■ 連絡先:  全日本建設運輸連帯労働組合(全日建)03-5820-0868  全日本港湾労働組合(全港湾)03-3733-8821  全国コミュニティユニオン連合会(全国ユニオン)03-5371-5202
4
5
6
反戦反安保討論会 ジャーナリスト高野孟さんとともに/文京 13:30
反戦反安保討論会 ジャーナリスト高野孟さんとともに/文京 @ 文京シビックホール
10月 6 @ 13:30 – 17:00
反戦反安保討論会 ジャーナリスト高野孟さんとともに/文京 @ 文京シビックホール | 文京区 | 東京都 | 日本
ジャーナリスト高野孟さんとともに 反戦反安保討論会 東アジアの大変動と日米安保体制 ■ 日 時:2018年10月6日(土)13時半~17時 ■ 場 所:文京シビックホール会議室(文京シビックセンター北側3階)  東京都文京区春日1丁目16番21号  http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html ■ 講 演:高野孟さん「東アジアの大変動と日米安保体制」 ■ 資料代:500円 ■ 主 催:戦争法廃止・安倍たおせ!反戦実行委員会  連絡先:電話 03-6206-1101(9条改憲阻止の会)      携帯 090-6481-6713(松平) 高野孟(たかの・はじめ)さん 東京都出身。ジャーナリスト、『インサイダー』編集長。 2002年より早稲田大学客員教授、サイバー大学客員教授。 東アジア共同体研究所理事。千葉県鴨川市在住。  東アジアは今、歴史的な大変動の中にあります。  朝鮮・韓国が、反朴民衆総決起と民族自主の高揚を背景に、4・27南北首脳会談を成功させて板門店宣言を発し、アメリカによる第二次朝鮮戦争の発動を押し止めました。その上で朝鮮が、中国との関係修復を果たしつつ、6・12朝米首脳会談を実現し、アメリカを和平の道に引き込みました。  こうして世界の一大発火点であり続けた朝鮮半島は、終戦宣言・平和協定締結による新秩序の形成へと向かいつつあります。この平和の流れは、韓国だけでなく、沖縄、日本(ヤマト)についても、米軍駐留の根拠を揺るがします。そして、辺野古新基地建設に反対し自己決定権を求める沖縄の闘いが、東アジア大変動の原動力の構成環へと浮上してきました。それは、沖縄の尊厳をかけた翁長知事の「撤回」と急逝とによって、日米政府に対する政治決戦の局面へと突入しています。私たちは、韓国・朝鮮、沖縄の起ち上がりを熱烈に支持します。  とはいえ、アメリカは、東アジアにおける覇権を自ら進んで放棄しはしないでしょう。アメリカは、日本列島・琉球諸島・台湾・フィリピンを結ぶ戦略ラインを固守・強化しようとしています。日本政府もそれを前提に、戦争する国への野望をひきつづき追求する構えです。  これに対して私たちは日米安保体制の問題を、政治的攻防環に浮上させていかねばなりません。アメリカの社会・経済問題の対日シワ寄せや9条改憲問題、天皇制問題などをリンクさせつつ、安倍政権を倒さねばなりません。沖縄・韓国民衆と連帯し、東アジア大変動の前線に進出していきましょう。  私たち反戦実は、以上の認識を共有し、さらに深めるために、討論会を開きます。積極的に活動されているジャーナリストの高野孟さんに「東アジアの大変動と日米安保体制」と題した講演をしていただいたあと、同じテーマで討論を行います。高野孟さんと共に語り合いましょう。
7
8
9
10
11
インドネシア・ユニクロ製造工場で働く労働者からの告発 あなたの服がどう作られているか知っていますか? 18:00
インドネシア・ユニクロ製造工場で働く労働者からの告発 あなたの服がどう作られているか知っていますか? @ 北沢タウンホール
10月 11 @ 18:00 – 20:00
インドネシア・ユニクロ製造工場で働く労働者からの告発 あなたの服がどう作られているか知っていますか? @ 北沢タウンホール | 世田谷区 | 東京都 | 日本
 あなたは服をどこで買いますか?その服がどこの国で、どのように作られているか考えたことはありますか?わたしたちが普段「安くてオシャレ」だと思って着ているファストファッション。その安さの裏側には、第三世界における過酷な生産の実態があるのです。  例えば、中国にあるユニクロ製品工場の労働者は、朝7:30から深夜12時まで1週間に1日の休みもなく働かせられました。日本の「過労死ライン」を遥かに超える150時間の残業を強いられたにもかかわらず、月収は現地の最低賃金ギリギリのわずか2万円ほどでした。  さらにインドネシアにある別の工場では、残業しても賃金が支払われないといった過酷労働を強いられ、さらに工場自体が倒産してしまったため多くの労働者が路頭に迷う事態になってしまっています。  こういった事態は、先進国でファストファッションを消費する私たちと無関係ではありません。  今回のイベントでは、このインドネシアの工場でユニクロを始めとするファストファッションブランドを作っていた現地の労働者と労働組合、この闘いを支援している国際NGOのクリーン・クローゼス・キャンペーン(Clean Clothes Campaign)のメンバーがインドネシアと香港から来日し、現地の状況とグローバルサプライチェーンの問題について解説します。 ■ 日時:10月11日(木)18:00 開会(17:45開場、20:00終了予定) ■ 会場:北沢タウンホール 3階ミーティングルーム  〒155-8666 東京都世田谷区北沢2-8-18  小田急・京王線 下北沢駅北口 徒歩5分  https://www.setagaya.co.jp/kuminkaikan/ kitazawatownhall/access.html ■ 参加費無料、事前申し込み不要 ■ プログラム(日本語通訳あり) ・インドネシアのユニクロ製造工場で働いていた労働者から、工場での労働環境の報告 ・工場の労働組合委員長から、労働組合に対する権利侵害の報告 ・インドネシアで労働者を支援するNGOから、途上国に集中するファストファッション製造工場の過酷な労働環境の報告 ・クリーンクローゼスキャンペーン東アジア支部代表から、サプライチェーン(途上国での製造から先進国での販売に至るまでの過程)を改善するための取り組みについての報告 ・クリーンクローゼスキャンペーンの日本での今後の取り組みの紹介 ・質疑応答 ■ 主催:クリーン・クローゼス・キャンペーン 東アジア支部  (Clean Clothes Campaign East Asia) オランダに本部を置くNGO、クリーンクローゼスキャンペーン(Clean Clothes Campaign)はその名の通り、衣服がクリーンに作られるように活動している国際NGOです。1989年に発足し、今や世界中で250の労働組合・労働NGO・市民団体などが加盟している、アパレルのサプライチェーンに取り組む世界最大規模の民間団体です。 ここでの「クリーン」とは、商品そのものというよりも、途上国で商品を作る労働者自身も安全で適切な賃金が支払われるようなクリーンな環境で働けることを指しています。東アジア支部は、日本・韓国・香港・台湾のNGOが集まり、グローバルなレベルでの児童労働・強制労働をなくすために取り組んでいます。 ホームページ:https://cleanclothes.org/(英語) ■ 連絡先:クリーン・クローゼス・キャンペーン 東アジア支部 (Clean Clothes Campaign East Asia)  cccea-japan(at)cleanclothes.org(日本の窓口です。日本語または英語)
12
強行された「イスラエル軍事見本市」そのとき川崎で何が起きていたのか? 18:30
強行された「イスラエル軍事見本市」そのとき川崎で何が起きていたのか? @ 川崎市教育文化会館
10月 12 @ 18:30 – 21:00
強行された「イスラエル軍事見本市」そのとき川崎で何が起きていたのか? @ 川崎市教育文化会館 | 川崎市 | 神奈川県 | 日本
◆◇◆◇◆◇◆◇ <報告集会> ◇◆◇◆◇◆◇◆   強行された「イスラエル軍事見本市」  ~そのとき川崎で何が起きていたのか?~ https://kosugihara.exblog.jp/238767290/ ■ 日 時:10月12日(金) 18時30分~21時 ■ 会場:川崎市教育文化会館 4階第1・2・3学習室  川崎市川崎区富士見2-1-3  川崎駅・京急川崎駅から徒歩15分、または川崎駅東口バスのりば (20番水江町行き・24番市営埠頭行き)より「教育文化会館前」バス停下車 地図 http://www.city.kawasaki.jp/kawasaki/category/ 94-11-1-1-0-0-0-0-0-0.html [SNS拡散用] https://www.facebook.com/ AntiArmsNAJAT/posts/1955636294483962 https://twitter.com/2018_anti_isdef/ status/1042738326002790400 ★チラシはこちらから http://chechennews.org/sharedoc/ 20181012_isdef_bira.pdf  8月29・30日に川崎市とどろきアリーナで開かれた「ISDEF Japan」(イスラエル軍事見本市)。  2020年の東京五輪を商機とにらむイスラエルの軍需関連企業が、「テロ対策」の名目で、パレスチナ人を抑圧、監視、虐殺して開発した技術を売り込みました。  「核兵器廃絶平和都市」を宣言し、「多文化共生」を掲げ、国内の自治体として唯一「国連グローバルコンパクト」という枠組みに参加し「人権侵害に加担しない」と約束している川崎市は、「武器の展示がなければ問題ない」として、公共施設の利用許可を与えたのです。  私たちは、許可の取り消しを求めて、公開質問状、要求書、署名の提出や記者会見、シンポジウムなどを行い、見本市当日には延べ300人の市民が「ダイ・イン」などの抗議行動を繰り広げました。開催日には、銃や弾薬を掲載したカタログが置かれたことも発覚し、改めて危険な本質が明らかになりました。  一方で、ISDEFへの出展のみならず、ゴールドスポンサーとなり、幹部がプレゼンを予定していた「ソフトバンク」は、開催直前に方針転換し、直接の関与を取りやめました。  今回の取り組みを振り返り、成果と課題を共有するために、報告集会を行います。ぜひ、ご参加ください。 ■ 内 容: 【反対運動の報告】  杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]代表) 【取り組み参加者からの発言】 【ゲスト講演】  役重善洋さん(大阪経済法科大学・客員研究員/パレスチナの平和を考える会) 「イスラエルの広報外交と軍事・セキュリティ産業 ―日本における対イスラエルBDS(ボイコット・資本引き揚げ・制裁)運動の課題」 〈プロフィール〉 パレスチナの平和を考える会事務局長。BDS japan準備会事務局メンバー。大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員。近著に『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム―内村鑑三・矢内原忠雄・中田重治におけるナショナリズムと世界認識』(インパクト出版会、2018年)。 ■ 資料代(報告集込み) 800円 ■ 主催:川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会 メール: anti_isdef@freeml.com ツイッター: https://twitter.com/2018_anti_isdef 電話:090-6185-4407(杉原) 〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民活動サポートセンター9階 レターケース9番  共同行動のためのかながわアクション気付 武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)  〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3.11市民プラザ気付 —————————– 【賛同・カンパをお願いします!】 今までの取り組みに加えて、報告集会の開催や報告集の作成などに経費が かかります。現在、会計がやや厳しい状況です。ぜひ、応援してください。 <ご賛同>  個人 1口 500円  団体 1口 1,000円 ※複数口を歓迎します。  〈郵便振替口座〉 口座番号 00140-4-486789 口座名 武器輸出反対ネットワーク ※通信欄に「軍事エキスポに反対する会」と明記してください。
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ページ上部へ戻る