スケジュール

17
全日
00:00
01:00
02:00
03:00
04:00
05:00
06:00
07:00
08:00
09:00
10:00
11:00
12:00
13:00
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
20:00
21:00
22:00
23:00
13:30 広瀬隆さん&守田敏也さん~ジョイント講演会 @ コープイン京都
広瀬隆さん&守田敏也さん~ジョイント講演会 @ コープイン京都
2月 17 @ 13:30 – 16:45
広瀬隆さん&守田敏也さん~ジョイント講演会 @ コープイン京都 | 日本
日本列島の全原発が危ない!次の大事故で市民の命と生活は? ■日 時:2月17日(土)13:30~(13:00開場) ■場 所:コープイン京都(地図)  京都市中京区柳馬場蛸薬師上ル井筒屋町411  ●JR「京都駅」→地下鉄烏丸線→「四条」下車、(13番出口から)徒歩約5分  ●阪急電車「烏丸」駅(13番出口から)徒歩約5分  ●京阪電車「三条」駅(三条通西へ、京都YMCAを左折)徒歩約16分 ■参加費:1,000円。  ただし,大学生,原発事故避難者,障がい者は500円。高校生以下無料。 ■講 師:広瀬隆さん,守田敏也さん。 広瀬隆さん ■1979年のスリーマイル島原発事故を機に,「原発がそんなに安全というならば,電力の大消費地である首都圏に原子力発電所を建設してはどうか」と指摘した『東京に原発を!』(1981年),がんや白血病で死んだハリウッドスターの死因と,ネバダ州で行われていた大気圏内核実験の因果関係を示唆した『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』(1982年)を出版。 ■1986年にチェルノブイリ原発事故が発生すると,『危険な話』(1987年,八月書館)で原子力発電や放射性廃棄物の危険性を主張するなど,脱原発の論客として活動。近著に『日本列島の全原発が危ない!』(2017年11月,デイズジャパン)。1943年生まれ。 守田敏也さん ■1959年生まれ。同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどをへて,フリーライター。環境問題や平和問題に関わりつつ,福島原発事故以降は各地で放射線防護の講演を行い,ヨウ素剤配布などを訴えている。日本の脱原発運動をヨーロッパやトルコなど海外へ発信する活動も積極的に進めている。2012年より兵庫県篠山市原子力災害対策検討委員会委員に就任。 ■著書に『内部被曝』(共著,岩波ブックレット),『原発からの命の守り方』(2015年,海象社)。Blog,Web,Twitter,Facebookがあります。 ■主 催:京都脱原発原告団,ウチら困ってんねん@京都 ■協 賛:(株)デイズジャパン:月刊誌『DAYS JAPAN』を発行 ■連絡先:吉田 090-5660-2416 meiseiあっとpp.iij4u.or.jp 夜には福島原発告訴団関西支部などが主催する集会が開かれます(18:00~20:00,ハートピア京都)。こちらの講師は,佐藤和良さん(福島原発刑事訴訟支援団・団長)。
14:00 少女像はなぜ増え続けるのか 岡本有佳さん講演会/大阪 @ ドーンセンター
少女像はなぜ増え続けるのか 岡本有佳さん講演会/大阪 @ ドーンセンター
2月 17 @ 14:00 – 16:00
少女像はなぜ増え続けるのか 岡本有佳さん講演会/大阪 @ ドーンセンター | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■日 時:2018年2月17日(土)13:30開場 14:00~ ■会 場:ドーンセンター セミナー室2  大阪市中央区大手前1丁目3−49 ■参加費:¥800 (学生・障がい者¥400) ■講 演:岡本有佳さん(編集者、「慰安婦」問題WEBサイトFight For Justice運営委員) ■主 催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
18:30 人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会・結成集会 @ 小田地区会館
人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会・結成集会 @ 小田地区会館
2月 17 @ 18:30 – 20:30
人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会・結成集会 @ 小田地区会館 | 尼崎市 | 兵庫県 | 日本
■日 時:2018年2月17日(土)18;00開場 18:30~ ■会 場:小田地区会館3Fホール(JR「尼崎」駅下車)      兵庫県尼崎市長洲本通1-15-38  地図:http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_053.html  ※駅北側の「小田公民館」ではありません。お間違えないようお願いします ■スピーカー: ・木村真(豊中市議会議員)「森友学園問題と人民新聞弾圧」 ・ガリコ美恵子(イスラエル在住、人民新聞執筆者)「パレスチナに対するイスラエルの暴力、エルサレム首都承認問題を報告」 ・尼崎の友人から:不正と闘う山田さんの過去映像など ・趙博(浪花の歌う巨人・パギやん)の歌 ・人民新聞社、オリオンの会から経過報告 ・「関西生コン」への弾圧もさせない―関係者報告。ほか ■主催:山田編集長を支える会  ~共同代表:木村 真(豊中市議会議員)/戸田ひさよし(門真市議会議員)/田中壽雄(みんなに見てほしい映画を自主上映する会尼崎)/田中未広(オリオンの会)/脇浜義明(人民新聞社) 連絡TEL080-8316-4285 ★「支える会」の議員、弁護士、学者などの呼びかけ人を募集します! people (at) jimmin.com へご連絡下さい ★救援の専用口座ができました。カンパをお願いします!  弁護士費用、救援活動などに使います。 ゆうちょ口座 記号:14300 番号:87859841 普通 ヤマダヨウイチサンヲシエンスルカイ 他の銀行から:店番号438 番号:8785984 普通 ヤマダヨウイチサンヲシエンスルカイ ※これまで救援カンパは人民新聞社の口座で募集していましたが、今後はこちらの「支援する会」口座へお願いします。これまで頂いたカンパは12/31時点で約101万円となりました。心から感謝します。今後も多額の保釈金や裁判支援のカンパが必要となりますので、新口座の方へよろしくお願いします。 <呼びかけ>  人民新聞編集長・山田洋一さんが不当逮捕・起訴されて2ヶ月経ちます。山田さんは極寒の神戸拘置所でも頑張り続け、人民新聞も編集部の努力で発行され続けています。  しかし山田さんの逮捕・起訴は、被害も被害者も無いものを「詐欺罪」に仕立て上げ、安倍政権を批判するメディアを狙い撃ちで長期監禁する、あってはならないものです。  稀代の悪法・実質的な共謀罪の開始です。押収された新聞社のPCや名簿もまだ返されていません。一刻も早く保釈させ、荷物を取り返し、2月以降に始まる裁判に勝利しなけれなりません。  山田編集長は地元尼崎市などで幅広く人間関係を作っていました。そこで関係者が声をかけ合い、広い枠組の「支援する会」を結成しました。早期保釈を求め、差入れや裁判闘争を支えていきます。2/17の尼崎結成集会にご参加下さい。また東京でも本件関係者が家宅捜索を受け、押収された荷物が戻っていません。弾圧に抗議し、弾圧の拡大を防ぐために、2/24に東京集会を開催します。ご参加下さい。  先立つ抗議声明には、すでに多くの地方議員、弁護士、法学者に賛同を頂いています。みなさまに、改めて会の呼びかけ人に加わることをお願いします。 神戸地裁は山田編集長を保釈せよ!地検は起訴を取り下げよ!兵庫県警は荷物を返せ! ともに声を上げて下さい。 2018年1月17日 人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会 ブログ:http://support-yamada.skr.jp/ 電話:080-8316-4285 ◆人民新聞編集長 山田さんをハガキで応援しよう◆  山田洋一さんが11月に兵庫県警生田署に不当に勾留され、年末には神戸拘置所に移送されました。  長期勾留を目的としたこのような措置に、遠くから歯がゆい思いをしている方も多いのではないでしょうか。  あなたの声を、拘置所に届けてみませんか。  現在も接見禁止がつけられ、弁護士やお母さん以外とは、面会も手紙のやりとりもできない山田さんをハガキで応援し、後押しする取り組みです。  当該の山田さんはすぐに読むことはできませんが、郵便物を受け取る拘置所職員と、解放後(あるいは接見禁止解除後)に山田さんに読まれることを前提としたアピールであり、早期解放を求める声を届けることで、職員から当該山田さんへの接し方の改善をはかるのが目的。  山田さんへの応援はもちろん、拘置所職員、あるいは司法への怒りなど、皆さんの思いを届けてみませんか。 送り先:〒651-1124 兵庫県神戸市北区ひよどり北町2丁目1 神戸拘置所 山田洋一
ページ上部へ戻る