スケジュール

15
全日
00:00
01:00
02:00
03:00
04:00
05:00
06:00
07:00
08:00
09:00
10:00
11:00
12:00
13:00
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
20:00
21:00
22:00
23:00
13:30 8・15を問い続ける京都集会~日本の戦争・戦後責任を考える @ ウィングス京都
8・15を問い続ける京都集会~日本の戦争・戦後責任を考える @ ウィングス京都
8月 15 @ 13:30 – 16:30
8・15を問い続ける京都集会~日本の戦争・戦後責任を考える @ ウィングス京都 | 京都市 | 京都府 | 日本
※ご注意「4・29昭和の日を問う集会」延期により会場を変更しました  「天皇制」の問題は、日本の近現代の歴史と現代の日本の民主主義の在り方と深くかかわっています。  日清戦争から50 年にわたる日本の侵略戦争と植民地支配はアジアへの蔑視と排外主義を生み出してきました。ナショナリズムの温床となった「国体」思想は人々を戦争に追い込み、塗炭の苦しみを与えてきました。戦後、日本社会はこれらの問題をどのように受け止め、考えてきたのでしょうか。  「『日本人として責任』を自覚して担おうとする人々と、『他者』を黙殺して自己愛に終始する人々の対立」(徐京植「『日本人としての責任』をめぐって」)をどう克服していくのか、一緒に考えませんか。 ■ 日時:2020年8月15日(土)PM1:30~4:30 ■ 場所:ウイングス京都  京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地  地下鉄「烏丸御池駅」「地下鉄四条駅」阪急「烏丸駅」下車  https://www.wings-kyoto.jp/about-wings/access/ ※コロナウイルス感染予防のためご協力をお願いします。  (マスク等の準備をお願いします) ■ 資料代:800円(学生無料) ■ 講演: 昭和天皇の戦争ー大元帥と陸海軍ー 昭和天皇は戦争にどのようにかかわったのか「昭和天皇実録」から探る… ■ 主催: 4・29「昭和の日」を問う京都集会実行委員会  https://www.facebook.com/4.29kyotomeeting ■ 講 師:原田敬一さん 大阪大学大学院文学研究科博士課程修了、博士(文学)、佛教大学名誉教授 著書 『日清・日露戦争』(岩波新書)、『兵士はどこへ行った?』(有志舎)、『戦争の終わらせ方』(新日本出版社)、共編著『地域のなかの軍隊』全9巻、など多数あり。    
14:00 天皇出席の全国戦没者追悼式8.15反対!大阪集会 @ エルおおさか
天皇出席の全国戦没者追悼式8.15反対!大阪集会 @ エルおおさか
8月 15 @ 14:00 – 17:00
天皇出席の全国戦没者追悼式8.15反対!大阪集会 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 日時:2020年8月15日(土)14:00~17:00 ■ 場所:エルおおさか  大阪市中央区北浜東3-14  「天満橋駅」より徒歩5分「北浜駅」より徒歩8分  http://www.l-osaka.or.jp/access/ ■ 内 容: ・特別アピール「徴用工問題と植民地支配責任」  市場淳子さん(韓国の原爆被害者を救援する市民の会) ・講演「1936年ベルリン五輪マラソン優勝者 孫基禎(ソン・ギジョン)     さんは《日本の》金メダリストか」  佐野通夫さん(日本植民地教育研究会) ■ 参加費:1000円(経済事情のある方は受付まで) ■ 主 催:参戦と天皇制に反対する連続行動  大阪市淀川区十三東3-16-12  TEL・FAX 06(6303)0449 ★お願い コロナウイルスの感染予防のため、下記こ協力をお願いします。 ・マスク等の準備をお願いします。 ・恐れ入りますが、風邪気味の方、熱や咳がある方はご遠慮願います。 孫基禎(ソン・ギジョン)  1912年8月29日~2002年11月15日。日本植民地下にあった朝鮮の新義州出身のマラソン選手。  1936年ベルリンオリンピックでアジア地域出身で初めてマラソンで金メダルを獲得したが、表彰台の国旗は「日の丸」であった。朝鮮の英雄は、その後「要注意人物」となる。そしてIOCは、いまだ彼の国籍を「Japan」と刻み続けている。    
15:00 国家による「慰霊・追悼」を許すな!8.15 反「靖国」行動 @ 在日本韓国YMCA
国家による「慰霊・追悼」を許すな!8.15 反「靖国」行動 @ 在日本韓国YMCA
8月 15 @ 15:00
国家による「慰霊・追悼」を許すな!8.15 反「靖国」行動 @ 在日本韓国YMCA | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 日時:2020年8月15日(土)15:00 集合/16:00 デモ出発 ■ 在日本韓国YMCA・9階 国際ホール  東京都千代田区神田猿楽町2丁目5−5  JR 水道橋駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分  http://www.ayc0208.org/access.php *参加される方は、マスクの着用をお願いします。  またソーシャルディスタンスの確保にもご協力をお願いします。 ■ 主催 国家による「慰霊・追悼」を許すな!8.15 反「靖国」行動 【呼びかけ団体】 アジア連帯講座/キリスト教事業所連帯合同労働組合/研究所テオリア/市民の意見 30 の会・東京/スペース 21/戦時下の現在を考える講座/立川自衛隊監視テント村/反安保実行委員会/反天皇制運動連絡会/ピープルズ・プラン研究所/日の丸・君が代」強制反対の意思表示の会/「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会/靖国・天皇制問題情報センター/連帯社/労働運動活動評議会 連絡先 090ー3438ー026 〈呼びかけ〉 ■今年は敗戦 75 年。天皇制国家による侵略戦争・植民地支配に対する反省・被害者への誠実な謝罪 と補償はいまだになされていない。それどころか、「慰安婦」「徴用工」問題に対する安倍政権の居直り・ 逆ギレは、巷に排外主義・レイシズムを溢れさせている。 ■戦死者を「英霊」と顕彰する靖国神社も「今日の繁栄の礎」ともちあげる政府主催の戦没者追悼式も、 歴史の事実に向き合わず、事実を隠蔽・糊塗することによって、次なる戦争に向けて「国民」を動員する役割を果たしているに過ぎない。 ■「災害被害者に心を寄せる」という天皇パフォーマンスも、事実(政策の欠陥や問題点)から眼をそ らさせ、天皇制国家という幻想に「国民」を統合するための演出にすぎない。 ■コロナ危機下でも発揮されるであろう天皇のこの統合機能を視野におき、8.15の国家による慰霊・ 追悼の欺瞞を撃つ。 8.15 反「靖国」行動に是非ご参加を!
ページ上部へ戻る