スケジュール

15 16 17 18 19 20 21
全日
00:00
01:00
02:00
03:00
04:00
05:00
06:00
07:00
08:00
09:00
10:00
11:00
12:00
13:00
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
20:00
21:00
22:00
23:00
13:30 チェルノブリ 32 周年の集い チェルノブイリとフクシマを結んで @ 大阪市立生涯学習センター
チェルノブリ 32 周年の集い チェルノブイリとフクシマを結んで @ 大阪市立生涯学習センター
4月 15 @ 13:30 – 16:30
チェルノブリ 32 周年の集い チェルノブイリとフクシマを結んで @ 大阪市立生涯学習センター | 大阪市 | 大阪府 | 日本
チェルノブリ 32 周年の集い チェルノブイリとフクシマを結んで 8 年目のフクシマと向き合い、被害者と共に健康・くらしを守ろう。 フクシマを核時代の終わりの始まりに。 *報告1:8年目の福島を訪れて(「救援関西」フクシマ訪問団) *報告2:チェルノブイリ支援・交流の経験からフクシマの健康と医療保障を考える(「救援関西」事務局) *質疑・討論 *アピール <バザー:ベラルーシの民芸品、手作りケーキなど> ■日時:2018年4月15日(日)13:30~16:30 ■場所:大阪市立生涯学習センター第1研修室  大阪市北区梅田1丁目2−2−500 大阪駅前第2ビル  http://osakademanabu.com/umeda/access ■主催:チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西  http://wakasa-net.sakura.ne.jp/che/  4月15日大阪での「チェルノブイリ32周年の集い」では、「福島訪問」報告を行い、関西の皆さんに被災地の様子や人々の近況をお伝えしたいと思います。  福島では、「復興」の掛け声のもとに、「リスク・コミュニケーション推進」「風評被害払拭」が喧伝され、被ばくによる「健康被害」は、「今も、これからも出ない」ものにされつつあります。  しかし現実には事故により無用な被ばくをさせられ、健康リスクを負わされたのです。原発を推進してきた国の責任において、全ての被害者に「健康手帳」を交付するなど、生涯にわたる健康管理と医療・生活保障を行うことは当然のことで、最低限の国の責任です。福島県県民健康調査では、事故当時18歳以下だった子どもたちのうち、すでに200名近い「甲状腺がん・疑い」の診断がなされています。  「集い」では、ヒロシマ・ナガサキの被爆者の運動にも学び、チェルノブイリ支援・交流の経験も活かし、事故被害者の健康と医療保障を国の責任で行わせるために、事務局報告をふまえて皆さんと一緒に話し合い考えたいと思います。
14:00 共謀罪と大逆事件そして『君が代』不起立について考える @ 高槻市民会館
共謀罪と大逆事件そして『君が代』不起立について考える @ 高槻市民会館
4月 15 @ 14:00 – 16:00
共謀罪と大逆事件そして『君が代』不起立について考える @ 高槻市民会館 | 高槻市 | 大阪府 | 日本
永嶋靖久弁護士講演会 ■ 2018年4月14日(土)14時~ ■ 高槻市民会館306号室  大阪府高槻市野見町2-33  阪急京都線「高槻市駅」から徒歩5分   ■ 主催:山田さんを支える市民の会
14:00 沖縄と憲法を考える講演会 沖縄の子どもたちのいのちを守れ!学校上空の米軍機飛行禁止を! @ ウィングス京都
沖縄と憲法を考える講演会 沖縄の子どもたちのいのちを守れ!学校上空の米軍機飛行禁止を! @ ウィングス京都
4月 15 @ 14:00 – 16:00
沖縄と憲法を考える講演会  沖縄の子どもたちのいのちを守れ!学校上空の米軍機飛行禁止を! @ ウィングス京都 | 京都市 | 京都府 | 日本
チラシデータはこちら→https://goo.gl/BpYAAT  昨年12月の宜野湾市の緑ヶ丘保育園へのCH53ヘリ部品落下事故、その後の普天間第⼆小学校運動場への窓落下事故、年明け以降も連続する普天間基地所属機の部品落下・不時着事故等。再三にわたる県・住⺠等の安全対策や飛行停止要請に対しても、米軍は県民の納得する対策も行うことなく学校の上空の飛行等を繰り返している。  米軍訓練は既に全県に拡大されており、全県全域の子どもたちの命は危険にさらされている。宮森小墜落事故のような悲劇がいつ起こっても不思議ではない状況である。  沖縄戦から73年、日本国憲法下に入って今年で46年目。  生存権・教育権・学習権等、憲法が保障する人権が蹂躙され続けている沖縄。  私たちはどう連帯し、たたかっていくのか。  沖縄の教員とともに考えたい。 【戦争をさせない京都1000人委員会】沖縄と憲法を考える4.15講演会 ■日 時:2018年4月15日(日)14時~ ■場 所:ウィングス京都  〒604-8147 京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地  地下鉄「烏丸御池駅」5番出口または地下鉄「四条駅」「阪急烏丸駅」20番出口下車徒歩約5分  アクセス→https://www.wings-kyoto.jp/about-wings/access/ ■講 演:「沖縄の子どもたちのいのちを守れ! 学校上空の米軍機飛行禁止を!」 ■講 師:山本隆司さん(沖縄県教組前委員長) ■資料代:500円 ■主 催:戦争をさせない京都1000人委員会  https://www.facebook.com/antiwarcommitteeof1000inkyoto/ ■参照:http://www.anti-war.info/information/1804031/
18:00 MX「ニュース女子」抗議行動を未来へつなげる大集会 @ 文京区民センター
MX「ニュース女子」抗議行動を未来へつなげる大集会 @ 文京区民センター
4月 15 @ 18:00 – 21:00
MX「ニュース女子」抗議行動を未来へつなげる大集会 @ 文京区民センター | 文京区 | 東京都 | 日本
 あたたかい雰囲気のなか、おかしいことは「おかしい!」と言える場になってきたMX抗議行動。デマやヘイトをゆるさない行動はまだまだ続きます。  1年を振り返り、未来のために参加者同士がつながる場を一緒につくりましょう!ぜひ集まってください。 MX「ニュース女子」抗議行動を未来へつなげる大集会 ■日時:2018年4月15日(日)18:00~ 17:45開場 ■場所:文京区民センター3A  東京都文京区本郷4−15−14  地下鉄都営三田線「春日駅」A2出口から徒歩約0分  地図→https://loco.yahoo.co.jp/place/g-PjfG6ox_w5-/map/ ■内容:  パート1 報告会 18:00~19:00  パート2 交流会 19:15~21:00  ※交流会のみ1500円頂戴します。  ☆みんなが主役。リレートークあり。  ☆カンパ、持ちこみ歓迎 ■呼びかけ:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志  https://twitter.com/nonewsjyoshi  連絡先:nonewsjyoshi@gmail.com —————————————————————- 声明 歓迎 MX「ニュース女子」打ち切り さらにMXは訂正と謝罪を!  東京メトロポリタンテレビジョン(MX)が3月1日、「ニュース女子」の放送を3月未で終了すると発表しました。  「公共の電波を使ってウソとヘイトをするな」と訴えてきた私たち市民有志はこの判断を歓迎します。  そして引き続き訂正と謝罪を求めていきます。  売上高の1割強を占めるDHCとの取引を断つことは、MXにとって勇気のいる判断だったに違いありません。  BPO放送倫理委員会が、問題になった昨年1月2日放送分について「重大な放送倫理違反があった」と意見したことを重く受け止めた結果でしょう。  私たち市民有志も1年以上、計33回、MX前で訂正と謝罪を求めてきました。  デモ3回、屋内集会2回を含め、述べ3千人を越す市民が、街宣右翼の妨害にも負けず声を上げ続けた成果とも捉えています。  これを機に、3月8日をもってMX前の定例抗議行動を終了します。  一方で、MXはいまだに「番組に虚偽があったとは認められない」という見解を撤回せず、訂正も謝罪もしていません。  また、私たち市民有志に対し、昨年10月12日以来、一切応答せず、今年に入ってからは申し入れ書の受け取りさえ拒んでいます。  虚偽があったことを認め、訂正・謝罪することを引き続き求めます。  また、公共性の高い企業であるにもかかわらず、市民の意見を無視しても問題にならない体質を改めることを切望します。  「ニュース女子」の放送打ち切りは、東京では達成できましたが、当番組は地方局など31局で放送されています。  各地方局にその見直しを求めます。  3月8日に公表されるBPO放送人権委員会の審理の結果を見据え、今後も必要に応じて行動提起をしていきます。  問題となった「ニュース女子」のデマやヘイトは沖縄に基地を押しつける「本土」の差別、無知・無関心が温床となっており、「本土」に住む自分たちも「加害者」であることを免れません。  差別・排外主義、歴史修正主義が蔓延するなか、「加害者」にも「被害者」にもならないために、歴史や現場に学び、事実を見極める力を鍛え、デマやヘイトに気づいたら改める/改めさせる努力を、報道関係者のみならず自分たちにも課し、今後も続けていくことを表明します。  2018年3月6日 沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志
18:30 ゆれる歴史認識 トロントから「南京」「慰安婦」問題を巡って @ エルおおさか
ゆれる歴史認識 トロントから「南京」「慰安婦」問題を巡って @ エルおおさか
4月 21 @ 18:30 – 20:30
ゆれる歴史認識 トロントから「南京」「慰安婦」問題を巡って @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
 皆さんは ALPHA(第二次世界大戦歴史事実を守る会)をご存知ですか?  この会は1997年から第二次世界大戦のアジアでの戦争の歴史を学生たちやカナダの市民に正しく伝えようとカナダトロントで結成されました。現在 ALPHA の団体は、カナダやアメリカなどの都市で歴史認 識活動を展開しています。  「悲惨な戦争の歴史事実を知ってこそ、平和を大切に思い築いていける」との考え方は、カナダの歴史教師や中国系、韓国系市民に共感を受け多くのメンバーが活動に参加しています。私達「南京の記憶をつなぐ」会の趣旨とも重なります。  アジアの戦争中に起きた南京大虐殺や「慰安婦問題」731、細菌戦など、これまで日本やアメリカによって隠蔽されてきた歴史事実を、市民や若者に伝えようと教育界に働きかけて副読本作成や学生シンポ、サマーキャンプ、スタディーツアーなどの 幅広いグローバルな歴史教育を企画し実践しています。  カナダやアメリカでもここ数年、「慰安婦」少女像の建設、また昨年「南京大虐殺記念日」の制定をめぐって、日本の歴史修正主義者たちが攻撃をしかけました。私達は、今回トロント ALPHA のフローラ氏、 トロントと日本で取材活動をしている田中裕介さんを大阪に招請しました。北米での歴史認識活動の意義やそれを巡る状況、圧力などホットな話題をお話ししていただきます。皆さんぜひご参加ください。 ■日時:2018年4月21日(土)  午後6時10分開場 6時半開演 ■場所:エルおおさか 7階 734 号室  京阪地下鉄天満橋西へ5分 ■講演:フローラ・チョング(トロント MPHIAL副議長)     田中裕介(トロント在住ジャーナリスト) ■協力費:800円 ■主催:「南京の記憶をつなぐ」準備会 フローラ・チョングの略歴と講演: 「なぜアジアでの戦争の歴史を明らかにするのか」 香港出身。1987年にカナダへ移住。英国で修士号(社会正義及び教育学)取得。2005年から正規採用のボランティアとして勤務。以来、アジア太平洋戦争の文脈における人間性の価値と社会正義を批判的に理解する能力を養うための教育と一般社会の啓蒙のため助力してきた。高校、大学、コミュニティを訪問し講演し、国際会議などにアルファ・エデュケーションを代表して出席し発表してきた 現在、アルファ理事会の副議長及び所長として勤務している。 田中裕介の略歴と講演: 「カナダから見える『南京』や『慰安婦』の歴史認識」  北海道出身。早稲田大学卒業。1986年にカナダへ移住。日系コミュニティ新聞の日本語編集者として20年以上勤務し、取材過程で多くの日系人会議、日系史発掘、エスニック問題、人権運動と取り組んできた。1994年以来、民話や創作を英語で語る「語りの会」を主宰し、自らカナダのみならず NY、韓国などでも活動してきた。また、日本の大学などでカナダに関する講演もしている。現在はフリーランスとして、日系メディアや「戦争責任研究」等の学術誌に執筆してきた。訳書に「ほろ苦い勝利」(現代書館)「暗闇に星が輝く時」(朔北社)等。 アルファ教育財団とは  非営利慈善団体。アジア・太平洋戦争史の中でしばしば看過されてきた史実の啓蒙と批的理解を高め、正義と平和、和解の価値を探ることを使命とし4つの方向性を伴う教育と代表発言活動を行っている。 1. 教育者、学生と共に活動する・学校でのワークショップ、会議開催・教材制作、教育者のために研修旅行、会議を開催 2. 青年層の強化・学生主体で大学でのアルファ支部・夏季集中研修、インターンシップ 3. 研究支援 ・記録・資料館のデジタル化事業・大学研究インターンシップ・学生への支援 4. コミュニティの連携 ・映像制作:「アイリス・チャン・レイプ・オブ・南京」、「アポロジー」等・出版:松岡環著「南京引き裂かれた記憶」
ページ上部へ戻る