スケジュール

9 10 11 12 13 14 15
全日
00:00
01:00
02:00
03:00
04:00
05:00
06:00
07:00
08:00
09:00
10:00
11:00
12:00
13:00
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
20:00
21:00
22:00
23:00
00:00 群像劇『河』京都公演- 被爆直後の峠三吉らの苦闘を描く @ 紫明会館
群像劇『河』京都公演- 被爆直後の峠三吉らの苦闘を描く @ 紫明会館
9月 9 @ 00:00 – 17:45
群像劇『河』京都公演- 被爆直後の峠三吉らの苦闘を描く @ 紫明会館 | 京都市 | 京都府 | 日本
公式サイト:https://kawa-kyoto.wixsite.com/2018 ■ 開催日時  2018年9月8日(土)   ①17:00 – 19:45  2018年9月9日(日)   ②11:00 – 13:45 ​  ③15:00 – 17:45 ■ 場所:紫明会館 3Fホール  京都市北区小山南大野町一番地   TEL 075-411-4970 ■ チケット情報  一般    2,500円  大学生   1,500円  高校生以下 1,000円  ※当日券は+500円 【前売り券について】 前売り券をご購入希望の方は、公式サイトのフォームよりお申込みください。 本文に【ご希望の公演日時(①〜③)、希望枚数】を入力いただきますようお願いします。 お支払い方法は口座振込のみとなります。 (振込先はお申し込み後にお知らせいたします) ■ お問い合わせ先 ※お電話、FAXでも前売りチケットの申し込みを承ります。 ​□ 広島文学資料保全の会  広島市中区本川2丁目1-29-301  TEL・FAX 082-291-7615   E-mail:qqxn4he9k@cap.ocn.ne.jp ​□ 京都上演委員会・㈱三人社   TEL 075-762-0368   FAX 075-762-0369  E-mail:office@3nin.jp ■ 公演概要  『河』は、1963年に広島市内で初めて上演されました。峠三吉が亡くなって10年後に生まれたこの群像劇は、広島平和運動の原点を見事に描いたものとして、多くの人の心をうち、全国各地で上演されました。京都でも54年前に京都会館にて上演されています。  昨年、峠三吉生誕100周年、劇作者土屋清の没後30年にあたる節目に、広島では30年ぶりに『河』が上演されました。これは何の団体にもよらない広島の有志の市民の手によるものです。メディアでも話題となり、立ち見が出るほどの盛況さで、再演を希望する声があちこちであがりました。このたび、「広島以外で公演することに意義がある」という演者の強い思いにより、京都での上演を決定いたしました。  「炎の時代」と呼ばれた、敗戦後数年の広島。そこに生きた若者たちは、「平和な戦後日本」が大きな曲がり角を迎える現在、私たちに何を伝えてくれるのでしょうか。  広島から流れ出した「河」が、みなさまの思いにより広く、大きく流れる「河」となっていくことを願って、皆様のご来場をお待ちしております。 ■ 峠 三吉  1917年に大阪府で生まれ、広島で育つ。28歳で爆心地から約3キロ離れた自宅で被爆。自らの体験や再び原爆が使われる恐れがあった朝鮮半島の情勢を踏まえ、「にんげんをかえせ」で知られる「原爆詩集」を51年に自費で出版した(装丁は四國五郎)。文学サークル「われらの詩の会」を立ち上げ、画家の丸木位里(いり)・俊(とし)夫妻や詩人の栗原貞子とも交流。文学を通じて反核・平和を訴えた。53年に36歳で死去。広島平和記念公園にその詩碑が建つ。
13:00 9・9 関西新空港反対!泉州現地集会 @ 泉南市岡田浦浜
9・9 関西新空港反対!泉州現地集会 @ 泉南市岡田浦浜
9月 9 @ 13:00
9・9 関西新空港反対!泉州現地集会 @ 泉南市岡田浦浜 | 日本
■ 日 時:2018年9月9日(日) 13:00~ ■ 場 所:泉南市岡田浦 浜辺(岡田漁協となり) ■ 主 催:泉州沖に空港をつくらせない住民連絡会 https://youtu.be/86vVcWtOW-c
16:00 玉城デニーライブ&トークショー/うるま市 @ うるま市地域交流センター
玉城デニーライブ&トークショー/うるま市 @ うるま市地域交流センター
9月 9 @ 16:00
玉城デニーライブ&トークショー/うるま市 @ うるま市地域交流センター | うるま市 | 沖縄県 | 日本
 デニーさんが喋る、歌う ライブ&トークショー。  なんとフルバンドでの出演。  これは貴重!お誘い合わせの上ご来場下さい!  行くしかない! 玉城デニー ライブ&トークショー ■ 日 時:2018年9月9日(日曜日)16:00~ ■ 場 所:うるま市地域交流センター  〒904-2214 沖縄県うるま市安慶名3丁目2-1  地図→https://loco.yahoo.co.jp/place/g-SwfrRyouh5k/map/ ■ ゲスト:海勢頭豊、知花賢招、ストリートダンスグループ  ※入場無料 ■ 主 催:市民対話の集い実行委員会
18:30 辺野古埋立てNO!翁長知事の遺志を継ぐ 緊急神奈川集会 @ 横浜市開港記念会館
辺野古埋立てNO!翁長知事の遺志を継ぐ 緊急神奈川集会 @ 横浜市開港記念会館
9月 10 @ 18:30
辺野古埋立てNO!翁長知事の遺志を継ぐ 緊急神奈川集会 @ 横浜市開港記念会館 | 横浜市 | 神奈川県 | 日本
 8月8日、政府・防衛省の強硬姿勢と真っ向から対決し辺野古新基地建設に反対してきた翁長沖縄県知事が、闘病の末、死去した。  3日後の11日、台風接近に伴う風雨の中、「ジュゴン・サンゴを守れ!土砂投入を許さない!辺野古新基地断念を求める県民大会」には7万人の人々が結集した。防衛省は8月17日の土砂投入を先送りせざるを得なかった。  9月30日の沖縄県知事選挙は、20年以上にわたる辺野古の闘いの天王山であり、この国の在り方、民主主義と地方自治を問う歴史的な選挙戦となる。 いま、ヤマトに暮らす私たちに何が問われているのか、共に考えたい。  緊急集会に多くの参加を! ■ 日 時:2028年9月10日(月)18:30~ ■ 会 場:横浜市開港記念会館2階6号  神奈川県横浜市中区本町1−6  JR関内駅南口10分、みなとみらい線日本大通り駅1番出口1分  http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html ■ 資料代:¥500 ■ お話:西江昭吾(沖縄タイムス東京支社報道部長)「沖縄知事選の焦点」 ■ 主催:島ぐるみ会議と神奈川を結ぶ会  連絡TEL090-4822-4798(深沢)
18:30 9.11脱原発テントひろば記念集会 ~福島は終ってない!原発は終りだ! @ 霞が関・経産省本館正門前
9.11脱原発テントひろば記念集会 ~福島は終ってない!原発は終りだ! @ 霞が関・経産省本館正門前
9月 11 @ 18:30 – 20:30
9.11脱原発テントひろば記念集会 ~福島は終ってない!原発は終りだ! @ 霞が関・経産省本館正門前 | 千代田区 | 東京都 | 日本
9.11脱原発テントひろば記念集会 ~福島は終ってない!原発は終りだ!~ ■ 日 時:2018年9月11日(火)18時半~20時半(小雨決行) (音楽演奏:18時~18時半、20時半~21時) ■ 場 所:霞が関・経産省本館正門前  東京都千代田区霞が関1-3-1  東京メトロ霞が関駅(丸の内線・日比谷線・千代田線)  http://www.meti.go.jp/intro/index_access.html ■ 主 催:経産省前テントひろば  〒105-0003港区西新橋1-21-8新虎ビル2F  070-6473-1947  http://tentohiroba.tumblr.com/  http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/  郵便振替口座=00160―3―267170  口座名義= 経済産業省前テントひろば ■ 主 旨:  3・11から半年後の9月11日、脱原発テントを経済産業省敷地の一画に設置したテントひろばは、経産省の立退き請求に対して「主権者宿営権」、「撤去すべきは原発」と主張してきて今年で8年目。2016年8月21日に経産省は脱原発テントを強制撤去しました。しかし私たち「テントひろば」は本館玄関前に移り、歩道に連日座り込んで福島原発事故の責任を追及し脱原発を訴え続けています。  8年目を迎え、爆発した原子炉3基からはなお放射能、汚染水が漏れ続け、被災者の多くが故郷に戻れない。そう、「福島は終ってない!」のです。スリーマイル、チェルノブイリ、そして福島と繰り返された原発事故、今や世界は再生エネルギーにシフトしています。  にも拘らず、経産省は未だに原発推進政策を続けています。  経産省前テントひろばは9月11日夕方、経産省本館前で記念集会を開催します。今もイチエフ事故被害で苦しんでいる人、古くから原発に反対してきた人、3.11後に原発反対運動に加わった人、自然エネルギーを推進する人、多くの原発ゼロを目指す人々とともに、いまこそ「原発は終りだ!」と声を上げましょう。 ■ ゲスト発言: 鎌田慧さん、木内みどりさん(昨年に続き司会をお願いしました)、吉原毅さん(城南信用金庫、原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟会長) テント弁護団から、福島から、国会議員から、反原発団体から 等多数に依頼予定 経産省の大嘘 「原発は安全、原発は安い、原発が無いと電力が足りない、原発はクリーン、原発原料は準国産」を暴き、 第5次「エネルギー基本計画」の撤回を求め、 川内・伊方・高浜・大飯・玄海の再稼働を糾弾し、 柏﨑刈羽6,7号機や東海第二の運転延長・再稼働を止めよう
19:00 NDシンポ~沖縄と米軍基地―県知事選で問われるべきは何か/霞ヶ関 @ 東京弁護士会館
NDシンポ~沖縄と米軍基地―県知事選で問われるべきは何か/霞ヶ関 @ 東京弁護士会館
9月 13 @ 19:00 – 21:00
NDシンポ~沖縄と米軍基地―県知事選で問われるべきは何か/霞ヶ関 @ 東京弁護士会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
今月末、沖縄知事選挙が行われます。新基地建設反対を掲げ沖縄をまとめてきた翁長雄志知事の急逝を受けてのこの選挙は、今後、沖縄が辺野古基地建設にどのような姿勢をとるのかという点で極めて重要な選挙です。 8月末、沖縄県は辺野古埋め立て承認を撤回しました。この撤回について、知事選立候補予定の玉城デニー氏は支持を表明しましたが、佐喜眞淳氏は「注視」としています。 日本政府は、普天間基地の移設先について「辺野古が唯一の選択肢」との立場を変えていませんが、新外交イニシアティブ(ND)では、米海兵隊の役割や運用等について軍事・安全保障の視点も踏まえて検証し、辺野古以外の解決策をまとめ、日米両政府へ提言を行ってきました。 沖縄県知事選を前に、改めて辺野古の新基地が軍事・安全保障の観点からみて必要なのか、環境面での弊害はないのか等について検証し、何が選挙で問われるべきなのかを議論します。 ■ 日 時:2018年9月13日(木)19:00~21:00(18:30開場) ■ 会 場:東京弁護士会館 10F 1003号室  東京都千代田区霞が関1-1-3  霞ヶ関駅B1-b出口より直通  地図:http://www.ichiben.or.jp/access/ ■ 参加費:1000円(ND会員・学生は無料) ■ お申込み:  下記ページの申込フォームをご利用ください。  http://www.nd-initiative.org/event/5397/  当日参加も受け付けますが、できる限り事前申込みをお願いいたします。 ■ 主 催:新外交イニシアティブ(ND)  http://www.nd-initiative.org ■ 登壇者: ・柳澤協二(ND評議員/元内閣官房副長官補)  1970年東京大学法学部卒とともに防衛庁入庁、運用局長、人事教育局長、官房長、防衛研究所長を歴任。2004年から2009年まで、小泉・安倍・福田・麻生政権のもとで内閣官房副長官補として安全保障政策と危機管理を担当。現在、NPO国際地政学研究所理事長。  著書に『検証 官邸のイラク戦争』(岩波書店)、『亡国の安保政策』(岩波書店)など。 ・屋良朝博(やら・ともひろ)ND評議員/元沖縄タイムス論説委員  フィリピン大学を卒業後、沖縄タイムス社入社。92年から基地問題担当、東京支社を経て、論説委員、社会部長などを務めた。2006年の米軍再編を取材するため、07年から1年間、ハワイ大学内の東西センターで客員研究員として在籍。2012年6月に退社。現在、フリーランスライター。  著書に『誤解だらけの沖縄・米軍基地』(旬報社)『砂上の同盟』(沖縄タイムス社) ・ジョン・ミッチェル(ジャーナリスト)  2015年、日本外国特派員協会の「報道の自由推進賞」の「報道功労賞」を受賞。2016年から沖縄タイムス特約通信員。明治学院大学国際平和研究所研究員。  著書に『追跡・沖縄の枯れ葉剤:埋もれた戦争犯罪を掘り起こす』(高文研)、『追跡・日米地位協定と基地公害』(岩波書店)など。
10:30 映画「辺野古ゲート前の人びと」尼崎上映会 @ 小田公民館
映画「辺野古ゲート前の人びと」尼崎上映会 @ 小田公民館
9月 15 @ 10:30 – 15:30
映画「辺野古ゲート前の人びと」尼崎上映会 @ 小田公民館 | 尼崎市 | 兵庫県 | 日本
辺野古ゲート前は色んな人が行き交う人間交差点 何度、強制排除されようと、またゲート前に座り込む なぜ、ここに座り続けるのか?  辺野古ゲート前は、いろんな人がやってくる。沖縄戦で肉親を失った人、間近で米軍機の墜落事故を体感した人、基地労働者として働いてきた人…集会では、基地との同居を強いられる沖縄県民の痛みが、肉声で語られる。県警機動隊員にも「オジィ、オバァが生き残ったから、あなたたちがいるんだよ」と語りかける。  「基地ができたら戦争が来る」ことを知る人たちの共通する願いは、「子どもや孫に、同じ体験をさせたくない」ということ。次の排除が始まるまでの間、三線や替え歌、踊りが厳しい時間の中に、心安らぐひと時を生み出す。 公式サイト http://america-banzai.blogspot.jp/2017/11/blog-post_14.html ■ 日時:2018年9月15日(土)  (1)10:30開演 (2)14:00開演 ■ 会場:小田公民館(JR尼崎駅北側)  兵庫県尼崎市潮江1丁目11−1 ■ 資料代:500円  障がい者・35歳以下無料 ■ 主催:『辺野古ゲート前の人びと』尼崎上映実行委員会  連絡TEL090-1146-0693(ソーシャルスペース 神埼)
13:30 2018 GSEF ビルバオ大会 日本実行委員会・東京プレフォーラム @ 明治大学駿河台キャンパス
2018 GSEF ビルバオ大会 日本実行委員会・東京プレフォーラム @ 明治大学駿河台キャンパス
9月 15 @ 13:30 – 17:00
2018 GSEF ビルバオ大会 日本実行委員会・東京プレフォーラム @ 明治大学駿河台キャンパス | 千代田区 | 東京都 | 日本
 この度、2018GSEF(Global Social Economy Forum、以下「GSEF」)ビルバオ大会・日本実行委員会(事務局:ソウル宣言の会事務局)は、9月15日(土)午後、明治大学においてプレフォーラムを開催致します。  GSEFは、朴元淳ソウル市長の主唱により、社会的経済に関しグローバルな発展を期するアジア発の大会として初めて、2013年にソウル市で開催され、2014年に第2回も同市において開催されました。その際、1年おきに開催されることが決まり、2016年第3回大会はカナダ・モントリオールで開催され、本年、第4回大会がスペイン・ビルバオ市において、10月1日から3日にかけて開催されることになっております。  今回の大会のメインテーマは、「包摂的で持続可能な地域創生への価値と競争力」となっており、今回のプレフォーラムではこうした視点に立つ日本の事例も報告されます。このビルバオ大会を契機として、今後日本においても社会的連帯経済の幅広い発展につながることを切に願っております。  なお、資料の都合もあり、事務局 seoulsengen@gmail.com 宛てメールでご連絡いただければと思います。皆様のご参加をお待ちしております。 ■ 日時:2018年9月15日(土)  13時30分~17時 (開場:13時) ■ 目的:「2018GSEFビルバオ大会」への参加に向けて ■ 場所:明治大学駿河台キャンパス・研究棟4階 第一会議室  東京都千代田区神田駿河台1-1  JR御茶ノ水駅、地下鉄御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅下車 アクセスマップ http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html キャンパスマップ http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html ※当日は、明治大学駿河台校舎は夏休みのため、リバテイタワー1階から研究棟への連絡通路は閉じています。そこでリバティタワーを3階まで上がっていただき、3階にある研究等への連絡通路をご利用になり、研究棟に入り、4階第一会議室にお越し頂くようお願い致します。なお、裏手に当たる研究棟入り口は開いていますので、直接研究棟へ入り、4階第一会議室にお越しになることもできます。 ■ 資料代:500円 ■ 申し込み:資料準備の都合もあり、事務局の下記アドレス宛にメールで申し込みをしてください。 事務局(ソウル宣言の会・事務局)Eメール seoulsengen@gmail.com ■ プログラム: 1.開会挨拶:2018GSEFビルバオ大会・日本実行委員会 2.基調報告:「世界や日本の社会運動の発展方向と、『社会的連帯経済や協同組合』の関わり」   明治大学名誉教授 中川雄一郎氏 休憩 3.各地の報告 ①「一緒に暮らし/働くことによって社会的な弱者との共生を目指す」   社会福祉法人 共生シンフォニー 常務理事 中崎ひとみ氏  ②「地域の縁側・居場所作りからの地域再生と街づくり」   非営利活動法人ワーカー図コレクティブういず 理事長 北田惠子氏 ③「”共生・共創のまちづくり”への挑戦」   認定NPO法人 やまぼうし 理事長 伊藤勲氏 ④「仕事と雇用確保を実現する連帯労組の戦略~大企業支配に対抗し「社会的連帯経済」の発展による社会変革を求めて~」   報告者 関西派遣団より ■ 主催:2018GSEFビルバオ大会・日本実行委員会  事務局: ソウル宣言の会・事務局  〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1 ニューグリーンビル301号「協同センター・東京」気付  電話: 03-6382-7605  FAQX: 09-6382-6538  Eメール:seoulsengen@gmail.com  URL: http://seoulsengen.jp/
13:30 関東大震災 中国人虐殺から95年 今につながる「差別」「排外」の流れを問う/大阪 @ 国労大阪会館
関東大震災 中国人虐殺から95年 今につながる「差別」「排外」の流れを問う/大阪 @ 国労大阪会館
9月 15 @ 13:30
関東大震災 中国人虐殺から95年 今につながる「差別」「排外」の流れを問う/大阪 @ 国労大阪会館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 日 時:2018年9月15日(土)13:00開場 13:30~ ■ 会 場:国労大阪会館 1Fホール  大阪市北区錦町2−2  https://map.goo.ne.jp/place/27000493922/map/ ■ 参加費¥800 ■ 主催:東京大虐殺60カ年・大阪中国人強制連行大阪・花岡 国賠訴訟を支える会  連絡TEL080-5634-3553
ページ上部へ戻る