スケジュール

1
2
3
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 19:00
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 @ 元町映画館
12月 3 @ 19:00 – 21:00
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 @ 元町映画館 | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会 「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」 ■ 日 時:2018年12月3日(月)19:00~21:00(開場18:30) ■ 会 場:元町映画館2Fイベントルーム  〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12  https://www.motoei.com/access.html ■ 講 師 井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員) ■ 参加費:1000円   ※お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。  メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。 ■ 主 催:市民社会フォーラム  http://shiminshakai.net/post/4784 ■ ご案内  安倍首相は9月3日、防衛省の自衛隊高級幹部会同での訓示で、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示しました。  10月から12月まで開会予定の通常国会でも、安倍首相は憲法改正の自民党案を提出し、早期の発議を目指す方針を明らかにしています。  はたして、自衛隊を憲法9条に明記すれば、日本の平和を保障することになるのか? 9条を現実に合わせて現状追認するだけのことなのでしょうか?  そして、有事があれば命がけで日本を守る自衛官たちも、憲法に自衛隊を明記することを望んでいるのでしょうか?  元自衛官の井筒高雄さんに、改憲発議がされようとする今、自衛隊を憲法に明記することの問題点についてお話しいただきます。 井筒高雄(いづつたかお)さん 1969年、東京都生まれ。 88年、陸上自衛隊第31普通科連隊に入隊。91年にレンジャー隊員に。 92年にPKO協力法が成立すると、武器を持っての海外派遣は容認できないとして翌93年に依願退職。 大阪経済法科大学卒業後、2002年から兵庫県加古川市議を2期務める。 元自衛官の立場から戦争のリアル、コスト、PTSD などリスクを 伝える講演活動を行う。 現在、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFP) 共同代表。 共著に『安保法制の落とし穴』(ビジネス社)、単著に『自衛隊はみんなを愛している』(青志社)など
4
辺野古の今~現場からの最新報告 奥間政則さん勉強会 18:30
辺野古の今~現場からの最新報告 奥間政則さん勉強会 @ PARC自由学校
12月 4 @ 18:30 – 21:30
辺野古の今~現場からの最新報告 奥間政則さん勉強会 @ PARC自由学校 | 千代田区 | 東京都 | 日本
PARCでは、土木技術者の専門的見地から 高江や辺野古のずさんな米軍基地建設工事内容や計画を指摘し、 抗議の声を上げる奥間政則さんをお呼びし 新知事誕生後の辺野古の埋め立て工事について、 最新情報をお話ししていただきます。 奥間さんは高江のヘリパッドの建設について、 技術的な視点から防衛局のずさんな工事を指摘してきました。 2016年から辺野古に関わるようになり、海洋土木工事の経験を活かして、護岸構造の問題に着目し、専門的見地から 辺野古基地建設中止に向けて活動されています。 辺野古で何が起こっているか、土木工事の専門家の最新 報告を聞き、 辺野古の新基地建設をいかに止められるか、 私たちにできることを考えていきましょう。 ★カヴァー写真:4月23日~28日に行なわれた 「辺野古ゲート前500人行動」 写真撮影:平井茂 ************************************************************ ■日 時:2018年12月4日(火)18:30~21:30 ※開場18:00 ■会 場:PARC自由学校 http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html ■参加費:500円 ■※定員35名 先着順 満員の場合はご入場いただけない場合がございます。ご了承ください。 ■奥間政則(おくま まさのり)さんプロフィール 沖縄県大宜味村在住。 1級土木施工管理技士。 1965年 鹿児島県名瀬市(奄美大島)生まれ 戦争体験を記した父の手記や2015年の 県民大会の参加、基地反対運動をしている知人の紹介などから基地建設反対運動にかかわるようになる。 御両親が元ハンセン病患者で、国が行った隔離政策で差別を受けてきたことも、国が沖縄に米軍基地を押しつけていることも形は違うが国策ということで弱者にしわ寄せがくる構図は同じだということを訴え、「ハンセン病差別」と「辺野古基地建設」に抗議している。 工業高校で土木を学び、30年近く現場の責任者として土木工事に携わり、 今はその経験を活かして辺野古や高江の現場で、 技術的な視点で防衛局の工事の 問題点を指摘しながら反対運動にかかわっている。 ******************************************** ◆主催・問合せ先◆ NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC) 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F TEL.03-5209-3455 E-mail :office@parc-jp.org ********************************************
5
どーなってるの?沖縄の軍事拡大~沖縄の島々大集結!!住民トーク 19:00
どーなってるの?沖縄の軍事拡大~沖縄の島々大集結!!住民トーク @ 東京理科大学 神楽坂キャンパス
12月 5 @ 19:00 – 21:00
どーなってるの?沖縄の軍事拡大~沖縄の島々大集結!!住民トーク @ 東京理科大学 神楽坂キャンパス | 新宿区 | 東京都 | 日本
 沖縄の辺野古・高江では日本政府により米軍基地の建設工事が進められつつあります。このことは報道により知る人も増えてきましたが、その他の島々でもさらに軍事拡大が進んでいることはあまり知られていません。  伊江島では米軍基地の拡張工事が行われ、石垣島、宮古島、与那国島では、自衛隊の使用する駐屯地やミサイル基地建設が着々と進められています。これらは一見して別々のこととして見なされがちですが、本当にそうでしょうか?  今回、これらの地域や島々の住民が集まって、「軍事拡大に反対する政府交渉」を行います。  それに伴って、まずは現状を知り、考えるための集まりを催します。  現地の方々のお話を聞けるこの貴重な機会に、ぜひみなさまご参加ください。 ■ 日 時:2018年12月5日(水)  18:30開場 19:00開始 (21:00終了)  ※入場無料 ■ 会 場:東京理科大学 神楽坂キャンパス 2号館 3階 231教室  東京都新宿区神楽坂1-3  東京メトロ「九段下」「飯田橋」駅下車  https://www.tus.ac.jp/info/campus/kagurazaka.html ★登壇者  高江「ヘリパッドいらない」住民の会/伊佐育子さん、安次嶺雪音さん  辺野古・ヘリ基地反対協議会/浦島悦子さん  宮古島・ミサイル基地要らない宮古島住民連絡会/清水早子さん、上里清美さん  石垣島・石垣島に軍事基地を造らせない市民連絡会/上原秀政さん  与那国島・与那国島の明るい未来を願うイソバの会/高橋千恵さん ■ 主催:ゆんたく高江 & ONE LOVE高江  Twitter:@yuntakutakae @onelovetakae  共催:吉田裕研究室  ※会場についてのお問い合わせは以下にお願いします。  東京理科大学 工学部 教養 吉田裕 ytkysdrs.tus.ac.jp
6
沖縄の民意を踏みにじるな!辺野古新基地建設強行を許さない首都圏集会 18:30
沖縄の民意を踏みにじるな!辺野古新基地建設強行を許さない首都圏集会 @ 日本教育会館 3F 大ホール
12月 6 @ 18:30 – 20:30
沖縄の民意を踏みにじるな!辺野古新基地建設強行を許さない首都圏集会 @ 日本教育会館 3F 大ホール | 千代田区 | 東京都 | 日本
 辺野古新基地建設問題で、公有水面埋立承認の撤回を行った沖縄県に対して、10月30日に国交大臣が執行停止の採決を行い、辺野古の工事が再開され、土砂の投入がなされようとしています。  民主主義も地方自治も無視する安倍政権を許さず、辺野古新基地建設強行を許さない集会が、12月6日に開催されます。  多くのご参加を。 ■ 日 時:2018年12月6日(木)  18:30開会(18:00開場)20:30閉会 ■ 場 所:日本教育会館 3F 大ホール  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目6-2  地下鉄「神保町」「九段下」「竹橋」、JR「水道橋」下車  地図→http://www.jec.or.jp/koutuu/ ■ タイムテーブル: 18:15 オープニング  豊岡マッシー  ※三線と二胡を奏でる宮古島出身の歌者 18:30 開会  国会から:国会議員からの挨拶  沖縄から:山城博治さん(基地の県内移設に反対する県民会議 共同代表)  法学者から:白藤博行さん(専修大学教授・行政法)  市民から:毛利孝雄さん(辺野古土砂搬出反対全国協議会首都圏グループ)  行動提起 20:30 閉会 ■ 主催: ・基地の県内移設に反対する県民会議  TEL 098-833-3218 ・戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ・戦争をさせない1000人委員会 TEL 03-3526-2920 ・憲法9条を壊すな!実行委員会 TEL 03-3221-4668 ・戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター ・「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会 ・沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック TEL 090-3910-4140 ・沖縄意見広告運動 TEL 03-6382-6537 ・ピースボート TEL 03-3363-7561
7
8
労働組合つぶしの大弾圧を許さない!12・8集会 18:30
労働組合つぶしの大弾圧を許さない!12・8集会 @ 大阪市立中央区民センター ホール
12月 8 @ 18:30 – 20:30
労働組合つぶしの大弾圧を許さない!12・8集会 @ 大阪市立中央区民センター ホール | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 日 時:2018年12月8日(土)18:30~20:30 開場18:00 ■ 場 所:大阪市立中央区民センター ホール  〒541-8518 大阪市中央区久太郎町1-2-27  地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町駅」3番出口東へ徒歩2分  http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016605.html ◆プログラム◆ ・連帯ユニオン関生支部への弾圧と反撃についての経過報告 ・弁護団報告 ・連帯アピール ・市民弾圧の報告(労働組合、市民運動団体など) ・川口真由美さん ミニコンサート  ※シンガーソングライター。戦争反対・護憲・反原発・沖縄基地建設反対などの運動に参加しながら「歌」や「踊り」で連帯を続けている。今、もっとも闘いの現場で求められている歌い手の1人。 ■ 主 催:労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会  https://www.facebook.com/groups/1078892485618879/  連絡先:全港湾関西地方大阪支部  電 話:06-6575-3131/FAX:06-6575-3134 当日ご都合でご参加いただけない方も、下部の送信フォームより賛同人になってください。 「労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会」に賛同を! (「コモンズ」号外のトップにもどる)
9
10
11
12
13
14
15
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会 18:30
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会 @ 日本教育会館
12月 15 @ 18:30 – 20:30
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生/かんなま)は、産業別労働組合として、生コン労働者の権利と生活を守る闘いを続けるとともに、辺野古新基地建設阻止、原発再稼働反対、戦争法・共謀罪・憲法改悪阻止などの闘争を積極的に行っています。加えて近畿生コン関係の中小企業と連帯し、生コン業界の民主化、健全化にも取り組み実績を上げています。  これに対して、差別排外主義者集団が暴力的ヘイト攻撃を加え、大阪府警・京都府警・滋賀県警は、関生の委員長、書記長、執行委員等を次々に逮捕・勾留し、家宅捜索をくり返し、大勢の組合員の事情聴取を行い圧力をかけ、組合つぶしの大弾圧を行っています。これらは、正当で合法的な労働運動に対する違法捜査・不当逮捕に他なりません。この弾圧は、政権および警察・検察が初の共謀罪適用を狙っているためと考えられています。  現在の関生への激しい弾圧をみると、次は別の労働組合へ、さらには平和運動や沖縄の基地反対、反原発などの市民・住民団体への弾圧につながるおそれが強いと思われます。これに対して、私たちは、関生支部のメンバーや弁護士を迎え、関係者の皆さんとともに、抗議と反撃のための緊急集会を開催します。大阪から発信されている「労働組合つぶしの大弾圧を許さない!実行委員会への賛同の呼びかけ」を東京で広め、盛り立てる機運になることを願っています。  ぜひ、多くの皆さまがご参加され、状況をご理解いただき、行動を共にしていただけるよう、お願い致します。  ご参加が無理な方は、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会」への賛同のご検討をお願いします。 ■ 日 時:2018年12月15日(土) 午後6時30分~8時30分(6時開場) ■ 会 場:日本教育会館・中会議室(7階)  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目6−2  地下鉄「神保町駅」(A1出口)下車徒歩3分  地下鉄「竹橋駅」(6番出口)下車徒歩7分  地下鉄「九段下駅」(6番出口)下車徒歩7分  JR総武線「水道橋駅」(西口出口)下車徒歩15分  地図:http://www.jec.or.jp/koutuu/ ■ 参加費:500円 ーーー ■ 主な内容: ・講演「大弾圧といかに闘うか」  大口昭彦弁護士(救援連絡センター運営委員) ・連帯労組関西生コン支部からの報告 ・労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会(大阪)の報告 ・連帯発言(国会議員、市民団体、労働組合ほか) ーーー ■ 主催・問い合わせ先:  12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会実行委員会  仮事務局:東京都中野区中野2-23-1-3F 協同センター・東京  Tel.03-5342-1395 Fax.03-6382-6538
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ページ上部へ戻る