スケジュール

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 東京MXテレビは訂正と謝罪を! 第30回抗議行動(1周年新春フェスタ)/半蔵門駅 11:00
デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 東京MXテレビは訂正と謝罪を! 第30回抗議行動(1周年新春フェスタ)/半蔵門駅 @ 東京MXテレビ本社前
1月 11 @ 11:00 – 13:00
デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 東京MXテレビは訂正と謝罪を!  第30回抗議行動(1周年新春フェスタ)/半蔵門駅 @ 東京MXテレビ本社前 | 千代田区 | 東京都 | 日本
◆日 時:2018年1月11日(木)午前11時~13時  ・昼間に行い、MX社員に直接、訴えかけます。  ・「MXの良心の開運を祈る!」にぎやかで愛ある行動を計画中。  ふるってご参加ください。 ◆場 所:東京MXテレビ本社前      千代田区麹町1-12      地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅 3A番出口      地図→http://s.mxtv.jp/company/map.php ◆呼びかけ:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志       https://twitter.com/nonewsjyoshi ◆連絡先:nonewsjyoshi@gmail.com 朗報です! 12月14日、BPO(放送倫理・番組向上委員会)が、「ニュース女子」(東京MXテレビ、2017年1月2日放送)には「重大な放送倫理違反があった」とMXに意見しました。  沖縄の基地建設反対運動への取材がなかったことを見過ごし、事実の裏付けの確認も怠ったなどの問題点を挙げ、「本来放送してはいけない番組だ」と厳しく批判しました。  しかし、MXは同日、「考査体制の改善に着手している」「再発防止に努める」というコメントを発表しただけで、訂正も謝罪もしていません。  「捏造、虚偽があったとは認められない」という自社の見解も撤回していません。  「再発防止」と言うからには、悪いことをしたという自覚があるはず。  大前提となる「訂正と謝罪」を示すまで、抗議を続けます。  2018年1月11日は、MXに初抗議してから丸1年。  良心の目覚めを祈ってMXに「お年賀」を渡しましょう!  歌やコント、人間の鎖などで、にぎやかにMXを囲みましょう!  飛び入り歓迎! 【行動のねらいとガイドライン】  ・MXの良心を励まし、訂正と謝罪を求めます。  ・人をおとしめるような言葉は使いません。  ・妨害されても挑発に乗らず、抗議に集中しましょう。  ・単独で動かず、相談してみんなで動きましょう。  ・動画撮影は許可制です。顔がわかる撮影は本人の了解を得てください。  抗議行動やデモのための諸経費がかかります。支援カンパをお願いします。  口座名:中央労働金庫 新宿支店 普通149400 沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民 *MX前での抗議行動は第2・第4木曜日です。  最新情報はTwitter @nonewsjyoshiでご確認下さい。 〔毎日新聞 2017年12月14日 14時33分(最終更新12月14日15時05分)〕  沖縄県の米軍基地反対運動を取り上げた東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)のバラエティー・情報番組「ニュース女子」に「誤解や偏見をあおる」などと批判が出ている問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は14日、MXが番組をチェックする際に「抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった」「放送内容の裏付けを制作会社に確認しなかった」などとして「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。  審議の対象となったのは1月2日放送の「ニュース女子」。  沖縄県の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議活動について「過激デモで危険」「テロリストみたい」などと伝え、放送後に「事実関係が誤っている」などと批判が出ていた。同委員会は2月、番組の審議入りを決めた。  「ニュース女子」は制作会社のDHCシアター(現DHCテレビジョン)などが制作。MXは同月、番組について「事実関係において捏造(ねつぞう)、虚偽があったとは認められず、放送法及び放送基準に沿った制作内容だったと判断している」とする一方、「適法に活動されている方々に関して誤解を生じさせる余地のある表現があったことは否めず、当社として遺憾」との見解を示していた。  同局は「ニュース女子」を「今後も適切な考査をした上で放送していく」としている。  1月放送の「ニュース女子」を巡っては、人材育成コンサルタントの辛淑玉(シン・スゴ)さんが番組内で中傷され人権を侵害されたとして、BPO放送人権委員会(委員長・坂井真弁護士)に申し立て。  同委員会は5月に審理入りを決め、今後、結果を公表する。 【屋代尚則】
12
13
アメリカ現地からの生の声-移民国家・アメリカにおけるトランプの暴走と反レイシズムの闘い PartⅡ/新宿 14:00
アメリカ現地からの生の声-移民国家・アメリカにおけるトランプの暴走と反レイシズムの闘い PartⅡ/新宿 @ 日本キリスト教会館
1月 13 @ 14:00 – 16:30
アメリカ現地からの生の声-移民国家・アメリカにおけるトランプの暴走と反レイシズムの闘い PartⅡ/新宿 @ 日本キリスト教会館 | 新宿区 | 東京都 | 日本
■日 時:2018年1月13日(土)13時半開場 14時開始(16時半終了予定) ■場 所:日本キリスト教会館 4階会議室     所在地:東京都新宿区西早稲田2-3-1     交通:東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩約6分     地図→http://www.jcws.or.jp/houjin/access.html ■中継(アメリカ現地):バーケット・トモキ(朋生)  コーディネーター(来日):ネオ・ソラ ■バーケット・朋生さん紹介  ノース・ダコタの座り込みに参加。福島原発災害を研究している文化人類学の大学院生。Xジェンダーの日系アメリカ人として、北アメリカの反植民地主義運動、トランスフェミニズム、Black Lives Matter、マルクス主義に衝撃を受けた。人種的資本主義、再生産労働、反植民地主義のあり方を学ぶ学生。 ■主催:差別・排外主義に反対する連絡会    APFS労働組合    直接行動(Direct Action)  2017年8月12日、アメリカ合衆国、バージニア州のシャーロッツビルで白人至上主義者たちが集会を開き、それに抗議する民衆にレイシストの車が突っ込んで、女性一人の死者を含む多数の犠牲者が出ました。  トランプはこの事件の発端となった白人至上主義者側を形式的には批判しつつも、抗議に立ち上がった民衆の側をも批判しました。  また、2016年から建設が強行されてきたダコタ・アクセス・パイプライン(DAPL)では現地のネイティブアメリカンを中心にした運動により一時は建設を阻止しましたが、トランプ政権は建設再開を指示しています。  今回、私たちはアメリカの排外主義への反対運動やDAPL建設阻止行動に参加したアメリカ現地の活動家をお招きし、また、スカイプ中継を行ってトランプ政権下の現場の声を聞きます。  是非、ご参加ください。
14
15
16
17
18
19
20
シンポ:インターネットとヘイトスピーチ 師岡康子さん、金明秀さん ほか/関西学院大 12:30
シンポ:インターネットとヘイトスピーチ 師岡康子さん、金明秀さん ほか/関西学院大 @ 関西学院大学図書館ホール
1月 20 @ 12:30 – 15:00
シンポ:インターネットとヘイトスピーチ  師岡康子さん、金明秀さん ほか/関西学院大 @ 関西学院大学図書館ホール | 西宮市 | 兵庫県 | 日本
公開研究会「インターネットとヘイトスピーチ」 詳細:https://www.kwansei.ac.jp/r_human/event/2018/event_20180120_011081.html チラシ裏表(PDF):https://www.kwansei.ac.jp/r_human/event/2018/attached/0000128987.pdf ■日時:2018年1月20日(土)12時30分(開場12時) ■会場:関西学院大学図書館ホール(西宮上ヶ原キャンパス図書館地下)     アクセス https://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_000374.html     ※キャンパスへは公共交通機関をお使いください ■参加費:無料、申込不要(どなたでも参加できます) ◆プログラム 第一部 基調講演 司会:河村克俊(関西学院大学) 「日本におけるヘイトスピーチの現状と対策」師岡康子(東京弁護士会弁護士) 「ヘイトスピーチの被害の実態」金明秀(キム・ミョンス)(関西学院大学教授) 「差別表現に対するインターネット対策-最近のドイツの立法を参考にして」 金尚均(キム・サンギュン) (龍谷大学教授) 第二部 シンポジウム「インターネットとヘイトスピーチ」 司会:中川慎二(関西学院大学)、郭辰雄(カク・チヌン)(コリアNGOセンター) 基調講演スピーカー + 指定討論者 菅原真(南山大学教授) 第三部 関連団体のアピール  司会:藤井幸之助(猪飼野セッパラム文庫主宰) ーーー ● 共同研究の趣旨:河村克俊(共同研究代表、法学部教授)  ここ数年、日本でも決して軽視できない人権侵害の問題として認知されてきた「ヘイトスピーチ」、そして犯罪である「ヘイトクライム」に関し、その内実について基礎的な事項から理解することを目的としてこの研究会は発足した。  こうした問題はもちろん日本社会でだけ起こる現象ではなく、恐らく世界のさまざまな地域で生じているに違いない。本共同研究では、ドイツでのヘイトスピーチの動向をも考察の対象とし、彼の地でどのようなことが起こり、またそれに対してドイツ社会がどのように対応しているのかについても研究調査している。  ヘイトスピーチを巡る日本とドイツの問題とそれへの対応を比較考察することを通じて、この問題の起源がどこにあり、またどのようにすることで根本的な解決への道を切り開くことができるのかについて、その方途を模索することが本共同研究の課題である。 ーーー ● 公開研究会のテーマ「インターネットとヘイトスピーチ」について  第1部の基調講演では3名のスピーカーが報告します。最初に、『ヘイトスピーチとは何か』(2013年、岩波書店)の著者である弁護士の師岡康子さんが「日本におけるヘイトスピーチの現状と対策」という題で、日本で初めての反人種差別法であるヘイトスピーチ解消法(2016年6月成立)以降の取り組みを概観し、ヘイトデモ・街宣の変化、ネット上のヘイトスピーチ、公人のヘイトスピーチ、マスコミ、出版におけるヘイトスピーチの現状を検証します。  次に、関西学院大学社会学部教授である金明秀さんが、最近の調査からヘイトスピーチの被害実態について報告します。3人目のスピーカーは龍谷大学法学部教授の金尚均さんです。金さんは「差別表現に対するインターネット対策-最近のドイツの立法を参考にして-」という題で、インターネットのグローバルな普及とその社会的な公共性を反映した法的対応についてドイツの事例をもとに報告します。ドイツ連邦議会は2017年6月30日、インターネット上のソーシャル・ネットワークで法を貫徹するための法律案を可決、成立させました(10月1日施行)。日本における近年の人種差別事件及び被部落差別事件を示しながら、ドイツのインターネット対策と日本の法事情を比較検討します。  第2部では3名の報告を受けて、指定討論者である南山大学法学部教授菅原真さんが、シンポジウムのテーマである「インターネットとヘイトスピーチ」に関して、日本の憲法学における「表現の自由」論をめぐり、インターネット上の問題についてコメントします。そこから、日本における排外主義、インターネット上の差別扇動について批判的に考察し、差別のない社会を築いていくための議論を参加者の皆さんとともに行います。 ーーー 主催:関西学院大学人権教育研究室公募共同研究「ヘイトクライムに関する基礎研究-日本とドイツの比較」 共催:特定非営利活動法人 コリアNGOセンター、公益財団法人 神戸学生青年センター 協力:一般財団法人 アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪) 問い合わせ:関西学院大学人権教育研究室 〒662-8501 兵庫県西宮市上ヶ原一番町1-155 TEL: 0798‐54‐6720
21
22
23
24
25
デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 東京MXテレビは訂正と謝罪を! 第31回抗議行動/半蔵門駅 18:30
デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 東京MXテレビは訂正と謝罪を! 第31回抗議行動/半蔵門駅 @ 東京MXテレビ本社前
1月 25 @ 18:30 – 19:30
デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 東京MXテレビは訂正と謝罪を!  第31回抗議行動/半蔵門駅 @ 東京MXテレビ本社前 | 千代田区 | 東京都 | 日本
◆日 時:2018年1月25日(木)18:30~19:30 ◆場 所:東京MXテレビ本社前      千代田区麹町1-12      地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅 3A番出口      地図→http://s.mxtv.jp/company/map.php ◆呼びかけ:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志       https://twitter.com/nonewsjyoshi ◆連絡先:nonewsjyoshi@gmail.com 朗報です! 12月14日、BPO(放送倫理・番組向上委員会)が、「ニュース女子」(東京MXテレビ、2017年1月2日放送)には「重大な放送倫理違反があった」とMXに意見しました。  沖縄の基地建設反対運動への取材がなかったことを見過ごし、事実の裏付けの確認も怠ったなどの問題点を挙げ、「本来放送してはいけない番組だ」と厳しく批判しました。  しかし、MXは同日、「考査体制の改善に着手している」「再発防止に努める」というコメントを発表しただけで、訂正も謝罪もしていません。  「捏造、虚偽があったとは認められない」という自社の見解も撤回していません。  「再発防止」と言うからには、悪いことをしたという自覚があるはず。  大前提となる「訂正と謝罪」を示すまで、抗議を続けます。 【行動のねらいとガイドライン】  ・MXの良心を励まし、訂正と謝罪を求めます。  ・人をおとしめるような言葉は使いません。  ・妨害されても挑発に乗らず、抗議に集中しましょう。  ・単独で動かず、相談してみんなで動きましょう。  ・動画撮影は許可制です。顔がわかる撮影は本人の了解を得てください。  抗議行動やデモのための諸経費がかかります。支援カンパをお願いします。  口座名:中央労働金庫 新宿支店 普通149400 沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民 *MX前での抗議行動は第2・第4木曜日です。  最新情報はTwitter @nonewsjyoshiでご確認下さい。 〔毎日新聞 2017年12月14日 14時33分(最終更新12月14日15時05分)〕  沖縄県の米軍基地反対運動を取り上げた東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)のバラエティー・情報番組「ニュース女子」に「誤解や偏見をあおる」などと批判が出ている問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は14日、MXが番組をチェックする際に「抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった」「放送内容の裏付けを制作会社に確認しなかった」などとして「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。  審議の対象となったのは1月2日放送の「ニュース女子」。  沖縄県の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議活動について「過激デモで危険」「テロリストみたい」などと伝え、放送後に「事実関係が誤っている」などと批判が出ていた。同委員会は2月、番組の審議入りを決めた。  「ニュース女子」は制作会社のDHCシアター(現DHCテレビジョン)などが制作。MXは同月、番組について「事実関係において捏造(ねつぞう)、虚偽があったとは認められず、放送法及び放送基準に沿った制作内容だったと判断している」とする一方、「適法に活動されている方々に関して誤解を生じさせる余地のある表現があったことは否めず、当社として遺憾」との見解を示していた。  同局は「ニュース女子」を「今後も適切な考査をした上で放送していく」としている。  1月放送の「ニュース女子」を巡っては、人材育成コンサルタントの辛淑玉(シン・スゴ)さんが番組内で中傷され人権を侵害されたとして、BPO放送人権委員会(委員長・坂井真弁護士)に申し立て。  同委員会は5月に審理入りを決め、今後、結果を公表する。 【屋代尚則】
26
27
BPOがついにダメ出し!放送倫理違反の東京MX「ニュース女子」沖縄報道を問うシンポジウム/文京 白石草氏、安田浩一氏、泰真実氏 18:00
BPOがついにダメ出し!放送倫理違反の東京MX「ニュース女子」沖縄報道を問うシンポジウム/文京 白石草氏、安田浩一氏、泰真実氏 @ 文京区民センター
1月 27 @ 18:00 – 20:00
BPOがついにダメ出し!放送倫理違反の東京MX「ニュース女子」沖縄報道を問うシンポジウム/文京  白石草氏、安田浩一氏、泰真実氏 @ 文京区民センター | 文京区 | 東京都 | 日本
■と き:2018年1月27日(土)17:45開場、18:00開始 ■ところ:文京区民センター 2A  東京都文京区本郷4−15−14 地下鉄「後楽園」「春日駅」  地図→http://skc-net.jp/info/map/map-kumin-center.htm  ※文京シビックセンターとのお間違えにご注意ください。 ■シンポジウム登壇者:  白石 草(しらいし・はじめ)さん(非営利ネット放送局 OurPlanet-TV 代表)  安田浩一さん(ジャーナリスト)  秦 真実(やす・まこと)さん(医療職、一市民) ■資料代:500円 ■主 催:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志     https://twitter.com/nonewsjyoshi     nonewsjyoshi@gmail.com  2017年12月14日、BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会が、「ニュース女子」(東京 MX)テレビ放送・2017年1月2日)の沖縄基地問題の特集について、審議の結果、重大な放送倫理違反があったと発表しました。  これを受けて、東京MXテレビは再発防止に努めると表明しながら、いまだに具体的な訂正も謝罪も行っていません。  私たちは、ネット上にあふれるウソやデマが公共の電波を使ったテレビでも流されるようになったことを大変懸念しています。  事実に基づかない、基地に反対する沖縄の人々を誹謗中傷する報道番組が蔓延すると、沖縄への偏見が社会に根付いてしまいます。  基地に反対する沖縄の人々は弾圧しても構わないという世論が形成されていくことにもつながるのではないでしょうか。  私たちは東京MXテレビに「ニュース女子」の沖縄基地問題特集の報道について、訂正と謝罪を求めています。  このシンポジウムでは、BPOの勧告を踏まえ、東京MXの「ニュース女子」の事例を中心にしながら、様々なフェイクニュースが報道される背景について論じ、ウソやデマの報道を許さない社会のつくり方を考えます。
28
29
30
31
ページ上部へ戻る