スケジュール

1
2
3
4
市民を監視する自衛隊-自衛隊情報保全隊裁判から明らかになったこと/京都 13:30
市民を監視する自衛隊-自衛隊情報保全隊裁判から明らかになったこと/京都 @ 京都弁護士会館
2月 4 @ 13:30 – 15:30
市民を監視する自衛隊-自衛隊情報保全隊裁判から明らかになったこと/京都 @ 京都弁護士会館 | 京都市中京区 | 京都府 | 日本
■日 時:2018年2月4日(日)13:30(13:15開場) ■場 所:京都弁護士会館 地下ホール(地下1階) (京都市中京区富小路通丸太町下ル)地下鉄「丸太町駅」から徒歩7分 ■参加費:700円 ■主催:自衛隊員の命と人権を守る京都の会 https://www.facebook.com/jinkensongen/ ■講 師:小野寺義象(よしかた)さん(弁護士) 小野寺義象さんProfile:・:・:・:・ 市民の権利を守る通常の事件の忙しい合間をぬって、著名な社会的事件や憲法を守り生かす活動に取り組む行動派弁護士! ・自衛隊市民監視差し止め訴訟弁護団事務局長 ・トンネルじん肺根絶訴訟東北弁護団事務局長 など 市民の監視? 2007年6月、自衛隊情報保全隊が全国各地でイラク戦争と自衛隊のイラク派遣に反対する広範な市民を組織的に監視していることが発覚。市民運動を敵視して勝手に「反自衛隊活動」というレッテルを貼り、自衛隊組織全体で収集した情報を共有していた。 監視対象は? 市民やマスコミ、教会や自治体など。京都や滋賀の団体も含まれていた。自衛隊組織による監視は、市民の自主的な活動への威圧と抑圧そのもの。 どんな裁判? この重大な人権侵害に抗議して、東北地方の107名の市民が監視差し止めと国家賠償を求める訴訟を提起。弁護団は全国164名に達し、全国に支援の連帯の輪が広がり、一、二審判決では自衛隊の国民監視に一定の歯止めをかけ、自衛隊の国民監視を違法と断じ、国家賠償を命じる歴史的な判決を勝ち取った。 「自衛隊の国民監視差止訴訟を支援するブログ」 http://blog.canpan.info/kanshi/
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
大軍拡と基地強化にNO! 2・24対防衛省デモ&夕刻より集会 15:15
大軍拡と基地強化にNO! 2・24対防衛省デモ&夕刻より集会 @ 外濠公園・市ヶ谷駅寄り
2月 24 @ 15:15 – 20:00
大軍拡と基地強化にNO! 2・24対防衛省デモ&夕刻より集会 @ 外濠公園・市ヶ谷駅寄り | 千代田区 | 東京都 | 日本
▼防衛省デモ  日時:2018年2月24日(土)15:15 集合   集合:外濠公園・市ヶ谷駅寄り(JR市ヶ谷駅徒歩2分)     東京都千代田区九段北4丁目-2-15     16:00 デモ出発 防衛省へ ▼大軍拡と基地強化にNO!集会  日時:2018年2月24日(土)18:15 開場 18:30 開始  場所:文京シビックセンター3階区民会議室(3階の障害者会館内)     東京都文京区春日1‐16‐21     市ヶ谷から地下鉄・南北線で二つ目、後楽園駅下車、5番出口徒歩1分     地図:http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html  講演=田村順玄さん(岩国市議)「岩国から見た米軍・自衛隊(仮)」  資料代500円 ▼田村順玄(たむら じゅんげん)さん  岩国市議(リベラル岩国)。1945年生まれ。  64年岩国市役所に就職。職場では港 湾行政をあゆみ、組合では市職員組合委員長など就任、岩国市職平和研究所を設 立し平和運動をになう。30年2ヶ月の勤務を経て、95年市議に初当選。基地監視 団体「リムピース」運営委員を務める。 ▼主催・大軍拡と基地強化にNO!アクション2017 [参加団体] ・有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会/立川自衛隊監視テント村/パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委 員会/反安保実行委員会/武器輸出反対ネットワーク(NAJAT) [賛同団体]戦争・治安・改憲NO!総行動 ■「大軍拡と基地強化にNO!アクション2017」は、この間、大軍拡予算を 問題にする様々な取り組みをしてきました。12月12日には、参議院議員会館にて、イージス・アショア導入などに関して、防衛省などと交渉を持ちました。 イージス・アショアのレーダー(SPY−1)が発する強力な電磁波の住民への健康被害について住民への説明会を開くよう求めましたが、国は無責任にも明確に答えませんでした。 ■また、自衛隊が購入するオスプレイを佐賀ではなく木更津に配備する理由を聞いたところ、陸自オスプレイが輸送するのは長崎県佐世保市に駐屯する「水陸機動団だけではない」と答えました。当初から木更津が配備先の本命だったともうかがわせる回答を引き出しました。今後、米軍横田基地に配備されるオスプレイを使用する米特殊部隊と、木更津のオスプレイを使用する習志野の特殊作戦群とが共同で訓練することも予想されます。 ■さらに、来年3月までに陸上総隊が新編され、その司令部(朝霞)、日米共同部(座間)も稼動し始めます。朝鮮民主主義人民共和国への圧力強化とあいまって、三自衛隊、そして米軍との統合運用力の強化が着々と進められています。大軍拡と基地強化に反対する声を防衛省に突きつけていきましょう! ◆2018年度軍事予算の主なもの *2018年度予算の主なもの。5兆1911億円で、過去最高。 *陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」関連7億3000万円。1基1000億円で2基を5年かけ導入。 *長距離巡航ミサイルの取得費など約22億円。 *イージス艦に搭載する迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を440億円で取得。 *戦闘機F35Aを6機838億円で取得。 *オスプレイ4機(688億円)。 *高出力レーザーシステムの研究に87億円。 *沖縄県の宮古、石垣両島などに配置する部隊の施設整備に553億円。 *新型護衛艦の建造(2隻:922億円)。 *潜水艦の建造(1隻:697億円)。 *滞空型無人機(RQ−4Bグローバルホーク)の取得 (147億円)。 *「島嶼防衛用高速滑空弾」の要素技術の研究(46億円)。 *「島嶼防衛用新対艦誘導弾」の要素技術の研究(54億円)。 *「将来中距離空対空誘導弾」の日英共同研究(69億円)。
25
26
27
28
ページ上部へ戻る